罪悪感は感じなくていい。一時保育に我が子を預けるメリットとは

ひがりな ひがりな | 2016年06月07日

幼稚園や保育園などの施設で行われている、”一時保育”。
子どもを預けるということに罪悪感を感じる親御さんも多いかもしれませんが、一時保育は親だけでなく、子どもにとってもたくさんのメリットがあります。
一時保育は、良好な親子関係や夫婦関係を維持するカギでもあるのです。
たまには子どもをプロに預けて、夫婦2人きりの時間を過ごしてみてはいかがですか?

”一時保育”とは

852490048e193304534ef452b17b1e5b_s

”一時保育”とは、その名の通り一時的に子どもを預かってもらう制度のこと。

主に保育園や専門の託児所などで行われています。

週に○回通う、などと決まっている幼稚園や保育園と違って、「この日1日だけ」「この日の10~15時まで」など、短い期間で預かってもらえるのが特徴です。

 

一時保育を利用する理由は、大きく3つに分かれます。

  1. 非定型…パートなどの仕事が決まり、一時的ではなく継続的に利用したい場合。
  2. 緊急型…病気・怪我などで急に入院しなければならなくなったり、冠婚葬祭で遠出しなければならない場合。
  3. 私的理由型…育児疲れやリフレッシュなど、個人的な理由で子どもを預ける場合。

今回は3の私的理由型、リフレッシュ目的での一時保育についてご紹介します。

 

 

リフレッシュ目的で子どもを預ける

e058da0f7573e785dae656d125a79a4b_s

通常の保育園でも、「仕事のためとはいえ子どもを預けるのは罪悪感を感じる」という方が多いようです。

 

「自分のリフレッシュ目的で子どもを預けるなんてかわいそう。」

「親が楽したいだけのわがままだ。」

 

そんな声も聞こえてきそうですね。

しかしこれはナンセンス!一時保育は、決して悪いものではありません。

一時保育に子どもを預けるメリットをご紹介します。

 

 

親のメリット

♥お母さんのリフレッシュ

a2fd974aab93de0f3a7fd94a78583aaa_s

365日24時間、お母さんは子どもの世話をしています。

産まれてから数年は、気の休まる暇もないでしょう。

 

夫や家族の手厚いサポートがあったとしても、やはり母の負担は相当なものです。

ホルモンバランス乱れや不規則な生活、そして思い通りにいかない育児で、「育児ノイローゼ」になってしまう方もいますし、最悪の場合は自ら命を絶ってしまうこともありえます。

それを防ぐために必要なのが、適度な息抜きです。

 

「育児に疲れた、休みたい」

 

そう思った時が休み時。

プロに子どもを預け、一度子どもとの距離を置いてみるのをおすすめします。

お母さんの心に余裕がないと育児が楽しめず、子どもにとっても良くない方向に。

お母さんのリフレッシュは、子どもにとっても良いことだと割り切って、たまには1人の時間を楽しみましょう。

 

♥夫婦の時間

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s

子どもが生まれると、夫婦2人の時間はほとんど取れないですよね。

子どもが寝ている間…とはいっても、外出はできませんし、いつ起きるか・いつ泣き出すかと、心の中は子どものことでいっぱいになりがち。大きい声も出せないので、トークもなかなか弾みません。

 

そんな時に一時保育を利用すれば、夫婦2人の時間を思い切り満喫することができます。

月1、記念日だけ等と決めて利用するようにすれば、日々の生活にもメリハリが出ますよ。

 

もともと愛し合って結婚した2人。たまにデートをしたって許されます。

夫婦仲がいいと、夫が子育てに協力的になりますし、子どもも楽しい雰囲気を察するので、心の教育にも◎

子どもにとっても良いことなのです♡

 

 

子どものメリット

fabdd3a1b0df00e2eed8009f79414980_s

♥幼稚園や小学校の予行練習になる

3歳や4歳になって急に団体行動をしろ、というのもなかなか難しいもの。

それまでにほとんど親と離れたことがないと、最初にかなり苦労をすることになります。

親と離れて他の子どもたちと過ごすことを学べるのは、一時保育の特権ですね。

 

♥コミュニケーション能力を育てる

普段は両親としかコミュニケーションをしていない子どもにとって、他の子どもや知らない大人と触れ合うことは、本人にとってかなり冒険。

「パパやママは言わないでもわかってくれるのに!」

は他人では通用しません。

早いうちから人とのコミュニケーションを学べば、小学校や中学校での友達作りに役立ちますよ。

 

♥発想力を育てる

いつも親子で遊んでいると、遊びもマンネリ化していきます。

他の子どもの遊び方を見ていると、「こんな遊び方が!」という発見がたくさんあるもの。子ども同士でも同じです。自分にない発想を見て刺激を受ければ、また違った発想を生みます。

 

遊び方以外にも、過ごし方や話し方などが自分と人とは異なるので、他の子どもとの交流は、我が子にとって刺激的なものになるのは間違いないでしょう。

 

c3df787933722c61f08510adc31a4df4_s

 

 

最後に

いかがでしたか?

一時保育は「親が楽をしている」と思われがちですが、全くそんなことはないのです。

親にとっても子どもにとってもメリットがあるのが一時保育。

 

  • ストレスがMAXなとき
  • 子育てに行き詰ったとき
  • 夫との記念日

 

必要に応じて上手に利用するのが、子育てをより良いものにするコツです。

無理をせず、余裕をもって子育てを楽しんでくださいね♡

 

関連記事