カテゴリー一覧

ダイエット中の空腹感をちょっぴり楽に!「アーモンドミルク」

ろっこ ろっこ | 2017年03月24日

ダイエット中の壁といえば、食事と食事の間!ただ口恋しいだけならまだしも、胃袋そのものが「ちょっと食べたい」となっている時、どうしていますか?今回は小腹満たしができ、美肌にも良い働きがあるという「アーモンドミルク」をチェック!カロリーが低いのに栄養バランスとしては高評価なので海外セレブやモデルも愛飲!ダイエット中の気持ちを楽にしてくれるので間食としておすすめですよ。

 

アーモンドミルクとは

「アーモンドミルク」とは、アメリカで火がつき日本に上陸した飲料のこと。アーモンドをミキサーで粉砕した後、加水しながらガーゼでこすという製法のようです。“ミルク”と名がつくものの牛乳とは違って植物性のミルク。

 

 

動物性脂肪である牛乳は、カロリーほか中性脂肪、コレステロールを増やす悩みがあり、乳糖不耐症によるお腹の調子の乱れも懸念されますが、アーモンドミルクはミルクといえど乳製品不使用!豆乳も植物性ですが、牛乳と同じで飽和脂肪酸が含まれ、アーモンドミルクの方が低カロリーです。

 

■分量100mlに対して

  • 牛乳52キロカロリーに対して、砂糖不使用のアーモンドミルクは15キロカロリー
  • コレステロールも牛乳2gに対して、アーモンドミルクは1.2gと低め
  • 豆乳でも57カロリー・コレステロール3.6gなので、アーモンドミルクは優秀

 

 

 

捕食として

低カロリーでノンコレステロール、乳製品フリーという好条件にもかかわらず美容成分がたっぷりというのも爆発的人気の秘密♪アメリカでは乳製品の代替え飲料ともいえる普及率だといいます。モデルさんたちがおやつとして楽しむほどのビューティドリンクなので、「捕食」としてもぴったりですよね!

 

 

  • ビタミンE…抗酸化作用、アンチエイジング、代謝UP、血液サラサラ。
  • 食物繊維…不溶性食物繊維により腸内環境整える。
  • オレイン酸…コレステロール減少、美肌。
  • ミネラル類…カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛。

 

 

 

間食として活躍

アーモンドミルクはチョコレート味や加糖などいろいろな商品があります。ダイエット中に活用するなら、断然砂糖不使用のもの!!でも、味や風味、飲みやすさは商品により様々でまた個人的な好みも分かれると思います。

 

■アーモンド効果(カロリーライト)

「アーモンド効果」は、中でも“カロリーライト”をチョイス。個人的には飲みやすい評価で、ストレートで充分美味しいのでおすすめ。

 

 

芳ばしいアーモンドの香りがふんわりと漂い、飲みながら鼻から香りが優しく抜けていくのがお気に入りです。

 

 

カロリーは1本あたり40カロリー。ほんのりと甘みがあるので、“おやつ”としてそのまま飲むと満足度が高いです!!

 

 

 

■アーモンドブリ―ズ

「アーモンド効果」を先に味わってしまうと、「アーモンドブリ―ズ」は“おやつ感”は薄れるかもしれません。コクはありますが味が淡白で甘さもほぼないせいからかも。でも「アーモンドブリ―ズ」の方がカロリーも糖質も低いのでダイエット向きであるとは思います。

 

  • アーモンドブリ―ズ砂糖不使用:28カロリー、糖質1.0g、脂質2.0g
  • アーモンド効果(ライト):40カロリー、糖質2.1g、脂質3.0g

 

 

 

ただ食物繊維は「アーモンド効果(ライト)」の5.5gに対して「アーモンドブリ―ズ(砂糖不使用)」は0.6gと低数値。でも「アーモンドブリ―ズ(砂糖不使用)」にはカルシウム149mg、マグネシウム12mgがあり「アーモンド効果」は無記入。

より“捕食”を意識するなら「アーモンドブリ―ズ(砂糖不使用)」がもしかしたら優勢という考え方もありますね。

 

 

もし「アーモンド効果(ライト)」が飲みやすくないと感じてしまったら、1本200mlを数回にわけて飲むか、コーヒーや紅茶にまぜるという楽しみ方もあります。間食ではなく、スープやグラタンといった料理に使ってもGOOD!

 

 

今回は“おやつ”としての活用方法なので、200ml1本をゆっくり飲み干して至福の満足感にひたりたいなら「アーモンド効果(砂糖不使用)」の方がおすすめ!

いずれもアーモンドミルクは胃袋的に不思議な“食べた感”が得られるので、小腹が空いた時の救世主になるとは思いますよ!コツはゆっくり噛みながら風味を楽しむことです♪

 

 

 

アーモンドミルク絶賛!芸能人

アーモンドミルクはアメリカ先発とあって、海外セレブでも愛飲者がいっぱい!ファッションモデルのミランダ・カ―も愛飲、またアレンジで愛用。ほかハリウッド女優のアン・ハサウェイも飲んでいるそうですね。

 

 

モデルのローラさんは、大好きなチアシードとアーモンドミルクを活用したアレンジスイーツなどをインスタグラムで公開していましたね。

 

 

若い女の子に大人気の西野カナさんも、アーモンドミルクにたいして好感!肌トラブル防止につながっているかもしれないとの声も見かけました。

 

 

「アーモンドブリ―ズ」のCMに起用されていた優香さんも、出演を機に愛飲者の仲間入り。この記事内では“おやつがわりに”と紹介していますが、本来は目覚めたての吸収状態の良い身体に与えるのが良いとされ、優香さんは朝飲むのがお気に入りだったとか。

 

 

 

 

最後に

同じアーモンドミルクでも、商品や加糖、フレーバーによって飲みやすさや美味しさの印象は全く異なるはず。そして同じ砂糖不使用でも、一番最初に出会った商品が「アーモンド効果」だった人の多くは「ダイエット中の美味しいおやつドリンク見つけた!」と喜べるかもしれません。

 

テイストの好みは人それぞれ。自分が楽しめるアーモンドミルクを飲み比べてみてくださいね!また個人的には、「アーモンドブリ―ズ(砂糖不使用)」の方は、ヘルシーなおやつ作りに使いたいと感じました。

 

いかがでしたか?いつも間食としてつまんでいた甘いお菓子やドリンクを、アーモンドミルクに替えるだけでもカロリーダウン+健康成分摂取することができるはず。“美人になれる間食”としてお試ししてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事