カテゴリー一覧

ダイエット中!「ソイカラ」の食べ方を考え、賢く楽しむ♪

ろっこ ろっこ | 2017年03月19日

大豆を主原料としたノンフライ製法の「ソイカラ」。ダイエット中でも食べらるスナックなんて、嬉しいですよね?でも、素人ながらに感じたのは「カロリーや糖質、そんなに低くないかも?」との疑問。痩せる効果のあるお菓子と思いこむのはNGで、食べすぎれば太る心配もあります。今回は「ソイカラ」の食べ方やダイエット中の賢い活用方法の口コミです!罪悪感を感じてしまう人の救世主かしれませんよ!?

 

「ソイカラ」とは

大塚製薬から出されている「ソイカラ」は、その1袋に大豆50粒分が使われているというお菓子。ノンフライ製法のヘルシーコンセプトで作られたスナックです。

 

 

2012年の誕生から種類も増え、現在は「チーズ味」「のり納豆味」「オリーブオイルガーリック味」「チリペッパー味」と4種類。健康志向の菓子でありながら美味しいと高評価多数。美容と健康が気にる女性たちにとっては、罪悪感なく“息抜き”できる存在のようです。

 

 

カロリーや糖質の数値

「 ソイカラ」は1袋(27g)で123カロリー。ダイエット中の間食は100カロリー以下に抑えたいので、カロリーだけ見て躊躇してしまった人いるかもしれませんよね?糖質も思ったよりも高く、糖質11.6gで食物繊維2.0g

 

 

主原料が大豆なので、成分表に「炭水化物」の文字がないことに一瞬「凄い!」と喜んでしまいそうですが……、「炭水化物」とは……「糖質+食物繊維=炭水化物」。成分表にダイレクトに見つけられなくても、一般人の知識では、「ソイカラは炭水化物が13.6gと考えるのかな?それとも炭水化物(糖質)11.6g?」と、断定できません。もしかしたら私のような素人目には「本当にダイエット中でも食べていいの?」と不安な気持ちになっている人もいるかもしれません。

 

 

 

でも、「GI値」が低い!

カロリーと糖質だけで見ると、ダイエット中に食べるのが怖くいかもしれませんが、忘れてはならないのが「ソイカラ」の低GI値!「GI値(グリセミック指数)」とは、血液中に糖が入り込む速度を指標としたもので、55以下のものが低GI値。これを把握するのも太らないコツとされています。

 

 

■「GI値」とダイエットの関係をざっくりと

  • 1.糖が血液中に入りこむスピードが速い(GI値が高い)と……
  • 2.血糖値を下げるために膵臓からインシュリンが分泌される
  • 3.インシュリンは脂肪生成や分解抑制の働きがあるので、大量分泌は中性脂肪の蓄積を招く
  • 4.結果、血糖値をゆるやかにあげる(GI値が低い)方が太りにくい

 

食品類の中でも大豆は低GI食品。しかもGI値とは食物繊維と一緒に食べることで、全体の値を下げることができるほか調理方法によっても引き下げることができるそうです。

 

 

 

食べる量は気を付けて!

「ソイカラ」は低GI値食品。おせんべいやビスケットと比べ糖質の吸収は穏やかとされます。さらに主原料大豆には、アミノ酸バランスや“大豆イソフラボン”があるので、一般的なお菓子よりも健康への配慮は高評価。でも、好きなように食べていては太ります。

 

 

参考までに「ソイカラ(チーズ味)」と一般的なスナック菓子(チーズ味)の成分を比較してみました。わかりやすいようソイカラ1袋(27g)に合わせての算出です。

 

■カロリー

ソイカラ123<じゃがりこ135<カール144<湖池屋スコーン149<ピックアップ161

■タンパク質

ピックアップ0.75g<湖池屋スコーン1.1g<カール1.8g<じゃがりこ2.6g<ソイカラ6.3g

■脂質

ソイカラ5.1g<じゃがりこ6.7g<カール7.8g<湖池屋スコーン8.9g<ピックアップ11.28g

■炭水化物(ソイカラは糖質より)

ソイカラ11.6g<じゃがりこ11.8g<ピックアップ14.1g<湖池屋スコーン15.8g<カール16.5g

 

「ソイカラ」1袋のカロリーは他スナック1袋よりも低め。下記リスト参照にすると「ソイカラはローカロリー♪」と思いがちですが、内容量の少なさを忘れてはいけません。低GI値食品という安心感はありながらも、カロリーだけで見るなら「じゃがりこ」と10カロリーちょっとしか変わりないんですよね。

 

  • 「ソイカラ」 1袋27g / 123カロリー
  • 「じゃがりこ」 1カップ58g / 292カロリー
  • 「ピックアップ」 1箱50g/ 299カロリー
  • 「カール」 1袋72g/ 385カロリー
  • 「湖池屋スコーン1袋は 80g/ 443カロリー

 

 

 

ダイエット中におすすめの楽しみ方

いくら低GI値食品といえど、好きなだけ「ソイカラ」を食べてしまっては痩せません。「ソイカラ」はとっても美味しいので、ダイエットイエットに賢く活用するなら“最終兵器”といった扱いがおすすめ!

中には「ソイカラ」を薄味という口コミもあります。確かに普通のお菓子と比べたら味気ないと感じることもあるかもしれません。でもダイエットをはじめるとスナック菓子を食べなくなるので、「ソイカラ」のパリンッとした食感は久々!もしかしたら感動するかも!!自分の舌がスナック離れをしているので、ダイエットに対して真面目な人こそ、美味しく感じる可能性が!(※個人差があります)

 

 

味の好みはそれぞれですが、もし「ソイカラ」を美味しいと感じるなら、いろいろな活用パターンが。

 

■ダイエット中の我慢(ストレス対策)

間食は控えることがダイエットの基本。でもどうしても食べたい時が必ず訪れるものです。我慢し過ぎるのはストレスやリバウンドの元。心の負担を緩和するお菓子として「ソイカラ」を食べるのは◎

 

■ダイエット中のご褒美として

徹底的に間食を抜いているタイプのダイエッタ―。でも過剰な制限は身体ではなく心が痩せてしまうもの。週に1度くらい「ソイカラ」を許す日があるとダイエット継続の一助となるかも!

 

■罪悪感の予防

真面目な人こそ、ちょっとお菓子を食べてしまった罪悪感で落ち込んでしまうものです。それが引き金となり「もう、いいや!」と暴飲暴食に走ったことがある人、いませんか?「ソイカラ」はスナック菓子でありながらも低GI値で1袋だけなら123カロリー。後悔の気持ちの余波に襲われることもないはず。

 

■間食で楽しく痩せる!

毎日、高カロリーなスナック菓子やチョコレート類を食べているタイプには、優秀なダイエットおやつとなるかも。ハイカロリーな間食生活を毎日送ってきた人が、おやつを「ソイカラ」1袋にするのはそれだけでもステップアップ。陰ながらも有効的になるかと思ってしまいます。

 

 

 

最後に

ダイエット中に上手に活用できそうな「ソイカラ」ですが、低GI値というだけでは安心できない人もいるかもしれません。1袋100カロリー以上ある時点でスル―してきた人は、1度に食べる量を半分にしてみるのも手です。

1袋27g入りですが、個数としては33個を数えました。半分の約15個前後で食べれば、単純計算で1間食約62カロリー。お茶をお供にしながらのんびり食べれば、それなりにおやつ感は満たされます。包装袋にジッパー機能がないので、フリージングパックなどで自己管理してまた数時間後の小腹満たしか翌日にでも。

 

 

ダイエットの成功の秘訣は“より苦しまない日々”だと思います。我慢するだけではなく、楽しい間食方法を見つけるのも健康的に痩せるコツですよね?

「スナック菓子なのに健康的♡」と「ソイカラ」をバクバク食べるのは、せっかくの魅力も台実感できません。「いくら食べても太らない」お菓子ではないことをきちんと理解した上で活用すれば、ダイエットがちょっぴり楽になる気がしませんか?

 

 

 

関連記事