梅雨の部屋干し0円テク!ハンガーひとつで乾燥時短♪

ろっこ ろっこ | 2016年06月08日

お洗濯が思うように干せず、イライラする梅雨。だからといって毎日ランドリー通いでは家計がもちません!ほとんどの主婦が部屋干しでやり過ごしているのではないでしょうか?今回は、梅雨の部屋干しが、たったひと手間で乾きやすくできる0円テクニックをご紹介!「使うのはハンガーだけ!?」。お金をかけず、スムーズ乾燥に導かれるので、試す価値ありですよ!

必要なのはハンガーだけ!

 

使うのは、どこにでもあるような、ワイヤータイプのハンガー。よく、クリーニング屋からの返却衣類にも付いてくるので、わざわざ買わなくても、たいていの家には置いてありますよね?

 

DSC04184

 

手順もシンプル!特別な道具も不要!

 

1.ワイヤーハンガーの下部分を手でのばす

そこまで力を入れなくても、

簡単に伸びるので女性でも手軽♪

 

DSC04187

 

2.伸ばした部分を少し手前に出す

適当で大丈夫ですが、10㎝程度。

肩部分が曲がりすぎると衣類が

かかりにくくなるので、それだけ注意。

 

DSC04188

 

あとは干すだけ!

ワイヤーハンガーのアレンジができたら、衣類を干せばOK!乾燥時間が2倍ほど速くなりますよ!

 

DSC04189

 

通常だと、衣類の前面と背面がくっついて

吊るされている状態なのですが…

(画像 左側参照)

 

角度のつけられたハンガーによって

中央に空間ができ、風も抜けます。

(画像 右側参照)

 

+αの0円対策!

いかがでしたか?お金をかけることなく通常の2倍は部屋干し乾燥が早くなるとされるこのプチテクニック。ささやかなものではありますが、体感してみてはいかがでしょう?なお、このハンガーアレンジに加え、あるものをプラスで使うと速乾率がUPするといいます。それは新聞紙!

 

DSC04192

 

洗濯物と洗濯物を干す間隔を開けるのは

常識ですが、

その間に新聞紙を吊るしたり、

床部分にも新聞紙を敷いたりすると、

より乾燥力が高まるそうです!

 

もちろん部屋干し家電も並行して

ハンガーアレンジに新聞紙と、ここまでは0円でできる部屋干し対策。でも、洗濯後5時間くらいすると発生してくるといいます。少しでも早く乾かすためには、適度な風が必要なので、扇風機や除湿器の存在は力強いものです。電気代は気になるものの、今回のハンガーアレンジで乾燥時間を短縮すれば、電気代も節約できちゃいますよ!

 

 

 

商品として買えるアイテムもあり

 

いくら無料でできるからといっても、中には「ピンッ」とこない主婦&ママもいることと思います。

 

怒る女性1

 

  • ワイヤーハンガーがたくさん無い
  • ハンガーアレンジがめんどう…
  • 実際にやったけど上手にできない
  • 見た目がみすぼらしい…

 

0円でできるというのが魅力なのですが、お金を出せばこのハンガーアレンジのテクニックが商品化されているアイテムを購入することも可能です。

 

 

 8の字部分が90度ずつ回転する

 ✓衣類の中に空間ができ風が通しやすくなる

 ✓回転できるので収納が便利

 ✓衣類だけでなくスリッパなども干せる

 

単価もそこまで高くなく、まとめ買いならよりお得になるので、まず自家製のワイヤーハンガーで乾燥比較して気に行った人は、梅雨支度にいかがですか?

 

関連記事