カテゴリー一覧

「ぐらんぱる公園」でお安く遊びたい!無料アトラクションは?

ろっこ ろっこ | 2017年07月05日

静岡方面に子連れで旅行に訪れるなら、一番人気のレジャースポットは「ぐらんぱる公園」です。立体型迷路にジップラインに乗り物など、できることなら全制覇して遊び尽くしたいのが本音!でもフリーパス制度がなく、あるのはちょっとだけお得になる回数券だけ……。お安くあげるなら「無料」の遊びを上手に活用し、割引回数券以内に予算決めするのが鍵!要チェックですよ!

 

アスレチック

木製のアスレチックコーナーがあり、無料で遊ぶことができます。丸太にのってターザンロープのように進んだり、1本丸太をバランス感覚を研ぎ澄ませて渡ったり、よじ登ったり下ったり。14種類のポイントが楽しめますよ。

 

 

 

 

見晴らしスライダー

110メートルのスライダーも無料。繁盛期はけっこう人気があり並びますが、1度は滑りたいものです!

 

子供たちのスライダー姿が見える位置にベンチや自動販売機、喫煙所などがあるので、子供が小学生ならここで親は休憩できるかもしれませんよ。

 

 

 

 

ボルタリング

壁のぼり「ボルタリング」の一角もあります。特にスタッフが常駐しているわけでもなく、ふらりと立ち寄って気軽に登ることができるお気楽システムです。

 

 

 

工事現場風キッズアスレチック

「スパイラルダクト」という名の、工事現場風キッズアスレチックも無料です。これはキッズパークエリアにオープンしたばかり(2017年3月)。重機モチーフの遊具があったり、“ごっこ遊び”も便乗して遊びの火がつきそうですね!

 

ループタイプのすべり台の壁が透明なんて斬新ですよね!対象は小学生以下で、幼児は保護者同伴で利用とのこと。人気の遊具なので、基本は15分以内の利用としてお願いが出されています。

 

 

 

トランポリン

トランポリンも無料で、このシンプルな遊びがかなりの時間遊んでいられるかもしれません。2ゾーンにあって、一つは「水と冒険の広場」に4面×3施設。もうひとつはキッズパークエリアの「工事現場風キッズアスレチック」奥に、4面×1施設。

 

 

 

お安く遊ぶために……

「ぐらんぱる公園」には、魅力的な有料のアトラクションがたくさんありますが、乗り放題といったフリーパスシステムがないので本能のままに挑戦してはお財布がもちません(笑)

 

 

無料の遊び場を完全制覇しつつ、気になるアトラクションをチェックするのが賢い方法。ちなみにお財布が安心な方法は「ちょっとお得な乗り物回数券」を買い、それ以内と決め乗りする方法です。

 

■ちょっとお得な乗り物回数券

  • 10枚綴り 1.800円(1枚200円が10枚)…200円お得
  • 15枚綴り 2.600円(1枚200円が15枚)…400円お得

 

アトラクションの単価から逆算しても、有料施設を楽しみたい家族なら、「2.600円×3式」でも足りないくらいかも。でも入園料も払ってのアトラクション代になるので、お財布を考えるなら「2.600円×2式」に抑えたいのが本音です。

 

参考までに、入園しなくても利用できるレストラン「きむかつ舎 しゃり銀」は、出口から入店することができます(再入園の際はチケットを見せればOK)。ここで食事をすると、駐車場代が無料になるとか!?

 

 

 

最後に

「ぐらんぱる公園」の入園料は、昼の部が大人1.200円の小学生600円の4歳以上の幼児が400円です。標準的な家族4人(大人2人小学生2人)で入園しても、入園料だけで3.600円かかります。これに乗用車の駐車場代がかかると4.100円。

無料のアトラクション費をフル活用して子どもを遊ばせないと、レジャー費がかかることが推測されますよね?

 

 

それでも「ぐらんぱる公園」はやっぱり楽しいし、子連れには欠かせないレジャースポット!今回の無料の遊びをバランスよく盛り込んで、上手にお安く楽しい時間を過ごしてくださいね♪この前情報で家族旅が少しでも楽になれたら幸いです。

 

 


 

■所在地・基本情報

東京ドーム5個分の広さに、遊具やアトラクションがいっぱい!公園の昼の部も楽しいですが、夜の部は「グランイルミ」でまた別の顔に!(昼夜入替制)

 

 

■〒414-0231 静岡県伊東市富戸1090

 ・営業時間は時期と曜日により異なる
 ・年中無休
 ・アトラクションごとに営業日や時間帯が異なる
 

関連記事