カテゴリー一覧

刺青じゃない!「へナタトゥー」は主婦ママにも優しく神秘的―。

ろっこ ろっこ | 2017年05月17日

「刺青(いれずみ)=タトゥー」に対してまだまだ偏見が抜けない日本文化。オシャレ感覚とはいえ主婦ママには敷居が高いものです。でも刺青とは全く異なる「へナタトゥー」という技法はその逆!幸福をもたらすという素敵な意味をもち、傷みも全くなく自然に消えます。芸能人でも宮沢りえさんがおしれイズムで、菜々緒さんもインスタで披露していましたね。今回はへナタトゥーアーティストの協力を得てその魅力を解剖してみました。

 

「へナタトゥー」とは

「へナタトゥー」とは、名称に“タトゥー”と着きますが、刺青ではありません。発祥はインドで、その国語であるヒンディ語で「メヘンディ」と呼ばれるものです。言葉の持つ意味は、「へナで肌を染める」や「へナで肌に模様を描く」など。「へナタトゥー」はへナという植物を使ったボディーアートのような技術のことです。「へナアート」とも呼ばれることがあります。

 

 

材料となる「へナ」とは、乾燥した地に生息する植物。その葉に含まれる「ローソン」という成分がタンパク質に絡みつく特徴から、人間の頭髪や皮膚への染料に最適なのだといいます。

 

 

また染色以外にも多機能であるへナは、古くから殺菌や紫外線予防、火傷の治療など様々なシーンで実用されてきたそうです。いにしえの人達にとっては薬草のような存在だったのでしょうね。絶世の美女と伝えられるクレオパトラも、へナを用いて爪を染めたり、入浴剤に活用していたと聞きます。

 

Check

 クレオパトラお墨付きの、

 古から伝わる「へナの力」が気になる!

 

 

 

神聖な意味を持つ「ヘナタトゥー」

刺青のイメージが先行してしまう日本文化にこそ、馴染みが薄かった「へナタトゥー」ですが、インドやパキスタン、中東、北アフリカに西アジアでは神聖な意味を持つ技術として受け継がれているそうです。

 

 

  • 邪悪なものから身を守る
  • 幸運を呼ぶ力をもつ
  • 結婚式での幸福への願い
  • 健康で過ごせることへのジンクス
  • 家内安全
  • 良縁
  • 商売繁盛
  • 祭事や祝い事における女性のたしなみ

 

 

特別な日に施すだけでなく、日本でいう「お守り」とか「ジンクス」とか「パワーストーン」といった役割も担っているように思います。

 

Check

 想像していなかった神聖な背景は、

 実に、素敵なものだった―。

 

 

 

へナタトゥーアーティストに聞く!

「へナタトゥー」について、まだ詳しくない人も多いはずなので、実際に「へナタトゥーアーティスト」として活躍中の「ピロコさん」に協力を依頼。質問に対して解答をいただきました。

 

■Q1:材料は何を使っていますか?どうして安全なのですか?

ヘナタトゥーはヘナという植物をすりつぶし粉状にしたものをペーストにして使っています。
化学染料などを用いない天然植物染料ですので、肌に優しく、安全です。

↑画像の小ビンは色の定着を良くする為ヘナ用のオイル。 下がヘナが入ったコーン(ピロコ様より)

 

■Q2:本当に痛くないですか?施術はどのように?時間はどのくらいですか?
はい。肌に描くだけですので痛くないです。
施術は、肌にペーストで絵を描き、しばらく放置して頂き、乾いたら剥がします。
すると肌に色が着き、1週間~10日程持ちます。
施術の時間は小さいものであれば5分~10分程。大きい物でも30分程で描く事が出来ます。

 

■Q3:2週間前後で消えるらしいですが、急に消せばならぬ場合はどうしたら?
一番良い方法は汗をかく事です。
描いた部分をラップなどでぐるぐる巻きにし、お風呂に入ったり、運動したり・・・
そうした事で毛穴から出る汗と一緒に染料を出します。
強いこすり洗いなどは肌を傷めてしまうので、洗い流す時も優しく洗って下さい。

 

 

■Q4:逆に染まり過ぎて、落とした後シミになったりしないでしょうか?角質を染めるだけですので、シミにはなりません。
でも日焼けには注意です。

 

■Q5:子どももできますか?親子でやりたいのですが…

もちろんお子様も大丈夫です。描いている間だけじっとして頂く必要がありますので、大丈夫ならOKです。
親子でお揃いのデザインを描いていかれるお客様も多いです。

 

■Q6:おすすめの活用シーンやデザインは? 

女性に人気なのは月や蓮、男性に人気なのは太陽とマンダラです。今ではヘナタトゥー独特の細かい大きなデザインも大変人気があります。ご旅行やイベントに合わせて見える所に描かれるととても目立ちますし、おすすめです。

 

■Q7:相性の悪い体質とか、NGとなる条件はありますか?

植物アレルギーをお持ちの方や、植物由来の化粧品でもかぶれてしまう人はご遠慮頂いています。
そして、足や手などの末端が染まり易く、肩や首・背中などは染まりにくいので、描く部位選びも大切です。

 

 

■Q8:こんな質問してごめんなさい(><)!自分でも、挑戦できるものですか?

資格などいりませんので、材料さえそろえば誰でも描く事ができます。
ヘナタトゥーはインドの伝統文化ですので、ヘナの歴史や色んなデザインにも興味を持って頂けたら嬉しいです。

 

【 取材協力:ピロコ さん (へナタトゥーアーティスト) 】

栃木県那須高原のアジアンオールドバザールにてデザイン制作を担当。

その傍ら週2のペースでヘナタトゥーを開催。

ヘナタトゥー歴は6年。描くデザインはジバニャンやアイドルロゴ、和彫り風のデザインまで様々。お客様のリクエストに応え、年間2,000人以上の人の肌にヘナを描いている。インドをはじめ、アジアのおもしろさや素晴らしさを広げる仕事をしている。

 

Check

 プロに話を聞けて、いろいろ安心!

 そしたら、やりたくなってしまう♡

 

 

 

マタニティに。幸福の祈りを込めて―

健康、美容、祈りや願いといった、あらゆる幸福を五感を通じて満たすような「ヘナタトゥー」。これまでなんとなくしか知らなかった人にぜひご紹介したいのが、マタニティのペイントです。

 

 

何の予備知識もなしに写真だけ見ると、凄くインパクト大!(笑)でも、これは“メヘンディ(へナタトゥー)”の根付く国では伝統的。妊娠8カ月を過ぎた妊婦さんのお腹に、安産の願いを込めたペイントがなさているといいます。

 

 

その美しく繊細な絵柄の数々は、まるで神の恩恵を約束されるかのようです。母体の健康、出産の無事、胎児の魔よけから健康な赤ちゃんの誕生まで。ひとつの命が産まれる幸福へのの祈りを、自分と、自分の中の小さな命に贈ってあげるのって素敵。一生の想い出になりますよね―。

 

 

Check

 マタニティの優雅さと、

 醸し出される神秘的な美しさ―。

 

 

 

「へナタトゥー」希望者に、お知らせ!

「ヘナタトゥー」が気になる人にとって、肝心なのが受けられる場所。参考までに今回、取材協力いただきました「ピロコ様(へナタトゥーアーティスト)」のお仕事情報をご案内させていただきます。

 

 

■「アジアンオールドバザール那須」!

「ピロコさん」は、基本的に栃木県にある「アジアンオールドバザール那須」内にて、「ヘナタトゥー」のアーティスト活動をしていらっしゃいます。場所は同敷地内5つの店舗の中でも一番大きなウブドショップが目印。

 

 

  • 「へナタトゥー」営業時間は 11:00~15:00
  • 基本の営業日は水・日(ただしイベントなどにより変動制)
  • 時間や営業日は随時FBやインスタグラムでチェックすることがおすすめ
  • インスタグラム:「#AOBヘナタトゥー
  • HP:アジアンオールドバザール那須
  • 注意)「マタニティへナタトゥー」は完全予約制。時間や予算が異なるので要問い合わせ

 

■「アジアンオールドバザール那須」の基本情報

〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本ツムジガ平506-20

営業時間10:00-18:00  ※駐車場100台完備!!無料!!(ペット連れ入店OK)

 

【告知】 那須のお店では、2017年5月27(土)~28(日)の2日間、とっても魅惑の「ナイトバザール」を開催!そのイベントの一環として、なんと「100円へナタトゥー」が登場!場所は中央芝生広場だそうです(ピロコさんの有無は不明です・笑)。行列が予想されますが、これはチャンス!!

 

もし、ご自宅のある場所から「那須」が遠くても、

もしかしたら「伊豆」で会えるチャンスも!!

 

■基本情報【アジアンオールドバザール伊豆】

〒414-0045 静岡県伊東市玖須美元和田715-86

ショップ:10:00~18:00(季節により変動あり)

レストラン11:00~17:00(ラストオーダー17:00)

 

【告知】 今回の記事で同じく資料提供していただいた「アジアンオールドバザール伊豆」。ここでは、年に1回だけ「出張ヘナタトゥー」が開催されています!2017年は6月24・26・27の3日間(25日は別会場イベントに出店)。500円から体験ができ、デザインの大きさなどにより価格帯のコースが変動。

※ただしマタニティへナタトゥーについては出張できないと思います。

 

 

 

最後に

「へナタトゥー」への印象は変わりましたでしょうか?「前々から興味はあったので勇気が持てた!」という方や、「無関心だったのに、マタニティアートを絶対やりたい!」など、感想はいろいろと思われます。もし挑戦する機会があればぜひ体験してみてくださいね!足元へのさりげないワンポイントも、とても可愛らしいですよ♪

 

 

 

関連記事