セフルの縮毛矯正ってどう!?梅雨にご自宅パーマ検討中のママに

ろっこ ろっこ | 2017年06月26日

子育て中のママは美容院に行きづらいもの。子どもを預けるのも気を遣うし、有料の託児施設となると「美容院代」+「保育代」と、お金がかかりすぎます。育児費も増えて節約しなければならない時期というのに……。今回は、上手く使えば格安でできるセフルの縮毛矯正をチェック!市販のキットでご自宅パーマできるので、子どもを預ける心配もなしですが……。梅雨の季節、クチコミ参考に代表的な商品をまとめてみました。

 

プロカリテ

「クセ毛女性の悩みを解決したい」との願いから誕生したセフル「縮毛矯正」キット「プロカリテ」。縮毛矯正はアフターケアも大切なので、シャンプー&コンディショナーやスタイリング剤などラインで使えるのも手軽。若い女性にも人気のある商品です。

 

 

【好印象】

  • 緩いクセ毛には高評価
  • まとまらず膨らみやすい髪が、直毛のように変身
  • まっすぐになった!多少痛んでも、美容院で高額を出すより格安セフル派
  • 仕上がりと価格の対比から、子持ちには救世主のような存在
  • 美容院の縮毛矯正の”維持”として使うなら賢いかも
  • 思ったよりストレートがもつ
  • 板やアイロンを使えば綺麗なストレートに
  • 不自然なまっすぐができるということは、ストレートの実力はあるという証
  • 細くてやわらかい髪、猫っ毛には、おさまりがよい仕上がり

 

 

【低評価】

  • 強いクセ毛さんからの評はいまいち。値段相応。
  • 縮毛矯正というより、膨張を押さえたい人向き
  • ストレート感は得られたものの、持続力にかける
  • 手間がかかるのに、期待以下の完成度
  • 説明書通りにやっても上手くできない。工夫が必要かも……
  • ダメージが大きく、ずいぶん痛みました
  • ちりちりになり、手触りもギシギシに。再起不能
  • 天然パーマに影響力見られず……

 

 

 

「ベネゼル」

「ベネゼル」と聞けばストレートパーマの老舗。1985年から展開してきたので、品質も安心の評価が集まるメーカーです。くせ毛をさらさらストレートを維持する処方タイプやストレートキープのためのエッセンスにミストなど、ラインで使える安心感も。

 

 

【好印象】

  • 説明書に従わず、アイロンを使ったら理想のストレートに
  • 他のメーカーで惨敗だったのに、これは仕上がりに満足できた
  • 他の人が嘆いているようなダメージ感もなくサラサラになった
  • 直毛にはならなけものの、爆発していた髪が落ち着いたので満足
  • セルフなのに1ヶ月はもっているのが高評価
  • デジパの名残を自宅セフルでストレートに。成功ににんまり
  • 市販のわりにはかかりもよく、ダメージも少なかった感じ

 

 

【低評価】

  • 色が抜けてしまい、ダメージ髪になってしまったので修復に困惑
  • アイロン使用しないでと記載あるが、使わないとストレートにならない
  • ハードなくせ毛には効果なしだった
  • 説明書通りにすると効果がなし。テクニックが必要なのかも?
  • 苦労したのに髪を痛ませて終わっただけ。使用前後でうねりは変わらず
  • くせ毛はそのままで痛むだけ痛んだ。余計に膨張して悲しくなった

 

 

 

 

成功のポイントは??

くせ毛の悩みをもつ人がよく購入しているセフル縮毛矯正のキット「プロカリテ」と「ベネゼル」。いずれも髪質や使用方法により、ずいぶんと評価が左右されていることがわかりました。成功のコツは「説明書」に”忠実にやりすぎない”こと(笑)

 

 

【コツの一例】

  • 第1剤の軟化作業はきちんと乾いた状態ではじめるとダメージ軽減
  • 施術前のシャンプーはリンスやトリートメントを避ける
  • 軟化の見極め方は、髪を引っ張った感じがゴムっぽければ成功のサイン
  • 薬液はダメージが響きやすい毛先は軽め。
  • 毛の根元に薬液をつける時は、根元の毛が折れないように注意する
  • 説明書にある放置時間は髪ダメージへの配慮。守りすぎるとかかりにくい
  • アイロン温度も個人差。160℃はくせ毛の軽い人、強めのくせ毛の人は180℃以上
  • アイロンを何度も通すと痛みがひどくなる。髪質だけを考えるなら一瞬通すくらいが理想
  • 薬剤の放置時間は個人差の振り幅が広い。自分の時間を見つけるのが成功の鍵
  • 軟化後の中間の洗髪はシャンプー不要の流し洗い。ドライヤーは冷風で乾かす
  • 前髪やパーツで一度自分の髪質にあった放置時間やアイロン時間を探すと安心
  • 縮毛矯正後1~2日間は、シャンプーを控えトリートメントのみが保持のコツ
  • 繰り返しのカラーやブリーチ済の状態では使用を控え、機会を待つ

 

「説明書」通りに行ってもクセ毛の弱い人には効果があるようですが、強めのクセ毛や剛毛に悩む人には……。「説明書」は髪へのダメージを避ける使用方法が綴られているので、ストレートという結果を求めるためには「非公式」のやり方が必要のようですね。

 

 

 

最後に

「プロカリテ」や「ベネゼル」をはじめ、セルフパーマの「縮毛矯正」キットには、ストレートに導くスキルそのものはあるようです。ただしクチコミを見ていると、その効果は「自分の出方次第」。

すごく砕けた解釈をすると“ストレートにはできるよ、でも髪が痛むのが怖ければほどほどにね。結果を優先して説明書に従わずダメージヘアになっても自己責任ですよ~”といった感じかもしれません。

 

 

梅雨の膨張ヘアがどうしても気に入らず、また梅雨時期にこそイメチェンしたい!というママ。美容院代や美容院時間はママ目線で楽なので、メリットデメリットを比較のうえ「自己責任」でトライしてみてはいかが?

 

 

関連記事