カテゴリー一覧

子どもがモリモリ食べる!「さくらごはん」をご存知ですか?

りょこ りょこ | 2017年07月15日

お子さんが白米を食べてくれなくてお悩みのママにおすすめしたいのが「さくらごはん」です。普通に白米を炊く過程にどこの家庭にもある材料を2つ入れれば、あっという間に美味しいご飯のできあがり☆炊き込みご飯とは比べ物にならないくらい手がかからない、超簡単にできる一品ですので、ぜひ一度試してみてください!さくらごはんの魅力と作り方をご紹介します♪

静岡県民のふるさとの味

秘密のケンミンショーでも取り上げられたことがある「さくらごはん」。

名前だけ聞くと桜の花を一緒に炊き込んだご飯のようなイメージがありませんか?

 

 

実は全く桜は関係なく、家にある材料だけで超簡単に作れる炊き込みご飯のことなんです。

 

 

どうやら関東で「茶飯」と呼ばれているものと同じようです。

静岡県では学校の給食に度々登場し、余りが出れば争奪戦になるほどの人気ぶり。

給食の思い出の一つがさくらごはんになってしまう程の、ふるさとの味として認知されています。

 

作り方はとっても簡単

家庭で作る時は、ケンミンショーでインタビューされていた方もおっしゃっていましたが「おかずが1品足りないなと思ったらご飯をさくらごはんにする」んです。

炊き込みご飯とは比べ物にならないほどシンプルなご飯なのですが、そのまま食べてもよし、漬物をお供にしてもよしの万能ご飯です☆

 

気になる材料は

米、水、醤油、料理酒

のみ!

 

具を入れてもおいしいのですが、一番なのはやっぱり具を入れずにそのまま、です(^^)

炊き込みご飯を作らなくても、普段白米をあまり食べてくれないお子さんが喜んで食べてくれますよ。

 

クックパッドで見つけたレシピはこちら

 

 

ネットでいろいろとさくらごはんのレシピを見てみると、米1合につき醤油と酒はそれぞれ大さじ1杯ずつが基本のようです。

まずはそれで作ってみて、各ご家庭のお好みの分量に調節していってくださいね。

 

実際に作ってみました

元静岡県民の私ですが、実は家庭でさくらごはんを食べたことがなく、数年前まで作り方を知りませんでした。

最初はネットで調べたのですが、今はもう目分量で醤油と酒を入れています。

サッと一回しずつ入れてから炊飯器の目盛まで普通にご飯を炊くのと同じ要領で水を入れているので、醤油と酒の量が毎回違うのですが、それでも毎回美味しくできてしまうから不思議ですよね。

 

実物はこちら!

 

 

光が当たっていて色が薄く見えるのですが、実際はもう少し濃い茶色です。

 

具がない炊き込みご飯とバカにしてはいけません。

醤油の匂いがふわっと香り、味も醤油が主張しないので優しい味に。

私の経験から言うと、薄口醤油の方が優しくなります。

 

炊き込みご飯と同様おこげができるのですが、それがまた美味しいです♪

今回久しぶりに作ったら、普段白米を残しがちな4歳の息子に「明日もさくらごはんがいい」と言われ、更には「お弁当にもさくらごはん入れて」と言われました。

相当気に入ったみたいです(^^)

 

お近くのレストランにもあるかもしれません

静岡県内にしかないと思いきや、Facebookで繋がっている方が「神戸の某バイキングで見た」とコメントしているのを見かけたので、案外全国に広がっているのかもしれません。

元静岡県民としては、全国にファンが増えてすごく嬉しいです♪

 

特別な材料を買わなくても作れてしまいますので、ぜひ一度試してみてくださいね☆

 

関連記事