エネループで8万円以上も節約中!「Wiiリモコン」コスト対策

ろっこ ろっこ | 2016年06月11日

小学生になると、多くの子どもが「Wii U」を欲しがりはじめますよね。今回は、はじめて「Wii U」を買うママや購入したばかりの家庭にお届けしたいランニングコスト情報。「Wii U」は本体が高価なので見落としがちですが、「Wiiリモコン」の電池代は想定しておきたいものです。けっこう消費が激しいので気づけば家計を圧迫!?電化製品にうといママの、電池コスト対策に役立てれば幸いです♪

Wiiリモコンの電池、どのくらい使ってる?

 

1つのwiiリモコンに必要なのは、単3アルカリ電池が2本。遊ぶゲームにもよりますが、これで約30時間(~60時間)は遊べると聞きます。消費サイクルはゲームの利用頻度により大きく左右されますが、子どものいる家庭で考えると週に1回~月に1回ほどのペースで電池交換している計算となります。

 

ゲームをする子ども6

 

■ゲーム使用頻度 参考モデル

モデルA:「平日ゲーム無・土日に各1時間ずつ」

★使用頻度低…1か月に1回も電池交換はしていないかも

モデルB:「平日1日1時間・土日は午前1時間午後1時間の2時間ずつ」 

★わりと一般的…電池交換は月に一度程度

モデルC:「平日1日2時間・土日は午前2時間午後2時間の4時間ずつ」

★ゲームやや多め…2週間に1回は電池交換

モデルD:「平日1日3時間・土日は午前2時間午後2時間+夜2時間以上」

★ゲームかなり多め…電池交換は毎週

いかがです?家庭の方針や子どもの嗜好により異なるはずですが、電池サイクルが近いモデルはありましたか?

 

乾電池でコスト計算

 

 

実際どのくらいの電池費用がWiiリモコンで遊ぶためにかかっているかを計算してみます。

(※あくまでもサンプル的な数値で絶対的なものではありません)

 

例)長時間使たい人に人気のあるパナソニックの「EVOLTA」

 

 

単1本あたり 74円前後が目安となるので・・・

  • wiiリモコン1台につき1回148円
  • 2台使用している家なら×2台分

 

■参考モデル別 乾電池コスト(使用リモコン2台として)

モデルA:★使用頻度低…1か月296円以下・年間3552円以下

モデルB:★使用頻度わりと一般的…1か月296円程度・年間3552円程度 

モデルC:★ゲームやや多め…1か月592円程度・年間7104円程度

モデルD:★ゲームかなり多め…1ヵ月1184円以上・年間14208円以上

DSC04196

 

使用頻度の少ない人でも年間にすると電池代はけっこうかかるものです。

そしてWiiは1年遊んで終了というわけではなく、子どもの生活や嗜好が大きく変化しない限り、2年後、3年後・・・と、

しばらくは使用が続きますよね。

 

あまりゲームで遊ばない家庭でも、10年使えば35.520円

ゲーム大好きっ子だとしたら、10年間で142.080円分もの

電池が“使い捨てされていく”というわけです。

 

主婦ママ目線では当然…

もったいない!!

 

「エネループ」が大活躍!

 

現在、Wiiリモコンに使い捨ての乾電池を使っている、またこれから「Wiiデビュー」する人にもおすすめなのが、繰り返し使えるタイプの充電池。よく充電池については、使用する商品やメーカーの注意事項を確認するよう言われてますが、ニンテンドーで以下記載も確認できます。

 

Wiiリモコンは単3型アルカリ乾電池を2本使用します。種類の違う電池や新旧の電池を混ぜて使用しないでください。
充電式電池については、「Wiiリモコン急速充電セット」および、単3形充電式ニッケル水素電池に限りご使用いただけます。
各充電池の取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。

出典:nintendo

「充電池」といってもたくさんの商品がありますが、

Wiiユーザーからの人気もあるのが、パナソニックの充電池「エネループ」。

 

 

 

 

DSC04194

 

実際に「エネループ」をWiiリモコンに使用すること5~6年。

おそらく昔の型でしょうが、トラブルなく使えています!

 

■使用環境

  • 友人が集まる自宅
  • Wiiリモコンの使用台数は4台
  • 使用頻度も高い
  • 年間電池代を14000円と仮定。

年月を経て、「エネループ」は

既に84.000円以上分活躍!節約額はさらに更新中!

DSC04198

 

 

充電時の電気代や当時の初期費用を考えても、おそらく

80.000円分は節約できているはず!!

今後も使えば使うほど、お得♪

 

 

「エネループ」以外の節約アイテム

 

今現在は「Wii U」を所有しておらず、これから購入予定の人は、充電池以外の選択肢もあります。

 

電池を使わずに、バッテリーパックを使用した充電タイプの商品。

 

任天堂さんが推奨している急速充電セット

 

 

ゲームパッドも一緒にスタンド充電できればより便利。

 

 

また、仮に電池を使うにしても、「Wiiリモコンプラス」であれば省電力化が!

初代のWiiリモコンより、アルカリ電池で+8時間長持ち設計だそうです♪

 

カラ―バリエがあるので、家族で色分けして使うのも良いですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Wiiリモコンプラス」には、キャラクターモチーフも♪

 

 

 

 

 

 

 

好きなキャラクターデザインのリモコンでご機嫌Wiiライフ♪

 

 

 

 

 

 

最後に。充電池でこんな“ママテク”も!

 

ゲームの世界は子どもをびっくりするほど魅了するので、遊んでいると時間があっという間。子どもにとってのゲーム1時間は、勉強10分間くらいに相当するほど“時間の速度”が違うようです(笑)だから、子どもとゲーム時間の約束をしているママは多いのですが……

 

  • 「止めなさい!と言っても止めない」
  • 1時間の約束なのに、結局ダラダラ2時間やっている
  • ゲーム時間のことで親子ケンカが絶えない…

 

ミニチュア兵士58

ゲーム時間のことで悩むことも増えてきますよね?

そんな時に「エネループ」などの充電池を使う“ママテクニック”はいかがですか?

 

約束:「リモコンの充電」は月頭の1日に、1ヵ月に1度だけ!

 

■1ヵ月に1度しか充電できないということは…

 

1.リモコンの充電が切れたら、ゲームで遊べない

※目安「平日1日1時間・土日は午前1時間午後1時間の各日2時間ずつ」

 

2.ゲーム時間をセーブしなければならない

※ガミガミ言わなくても自己責任なので、ママのストレス半減(?)

 

3.子どもが遊びすぎ(充電切れ)れば、月末まではゲームができない自己責任

※充電関係はママだけがガッチリ管理

 

舌を出す女性

 

「リモコン電池が切れたらそれでおしまーい!」(笑)

関連記事