カテゴリー一覧

お洒落そうめん発見!「×納豆」の簡単カフェ飯風アレンジレシピ

くるみん | 2017年08月18日

暑い夏のお昼ご飯で、主婦の味方といえば「そうめん」。口あたりもツルリと美味しく、手軽だからつい定番メニューで出してしまいますが、さすがに毎日だと飽きますよね……。 でも、ちょっとしたひと手間で「カフェ飯風」にもなるからそうめんは優秀!今回は納豆を使って簡単に作れるのに味の変化が楽しく旨い、みなさんのアレンジレシピをチェック!アイディアひとつでいくらでもオシャレフードになるんですね♪

 

「×納豆」で栄養抜群!

日本人になじみのある「納豆」。

美味しいだけではなく、さまざまな健康効果があるとされていますね。

 

 

でも、「納豆」と「そうめん」はシンプルな食事で、ありきたりな日常のイメージ。

今回チェックしていくのは、そんな「いつもの食卓同士」を上手にコラボさせてある、カフェ飯のようなお洒落プレートたちです♪

 

※以下instagramからの画像は、所有主様から掲載許可をいただいた大切なお写真です。

 

 

お洒落なワンディッシュ

安値で簡単、超時短でできるのに見栄えがよくて、栄養が摂れる!「そうめん×納豆」は、主婦には真似したいレシピ!!

 

■ピリ辛納豆そうめん

こちらの存在感バッチリな画像は「pochiko592」様より拝借したレシピ。運ばれてきたら「おぉ~!!」と興奮しそうですが、これ時短OKなレシピ! そうめんに、3倍濃縮タイプの麺つゆと酢、納豆、きゅうり、キムチ を和えるだけなのだそうです!!

作り込まれた感じがするのは、仕上げにトッピングされた食べるラー油と白ごまによるものなのでしょうか。実はザックリとした料理なのに、旨さドーンッと際立つ1皿。どうやらワカメをプラスしても美味しそうとのことなので、真似してみる時の参考までに。

 

 

 

■体と心に優しく、ランチセット風に

そうめんに納豆と卵をのせて、お野菜でかこんだ一品は「yaayuko(あゆこ)」様からお借りした画像。白いお皿に黄身の黄色、レタスの緑、トマトの赤がバランス良く映えて食欲をほどよくそそってくれます。一緒に添えてあるのは白卵スープだそうで、まるでランチセットのよう。約420カロリーとのことなので、ダイエット中の参考にもなりそうですね!

 

 

■明太おろし納豆そうめん
明太子に温泉卵、大根おろしにかいわれと納豆をぶっかけテイストでまとめた一皿。「bluesheepmico(mico)」様からお借りした画像です。そうめんの淡泊な色合いも、明太子と貝割れの差し色、黒いお皿にかかれば一気に上品テイストに。大人な雰囲気の盛り付けは「和・イタリアン」といったところでしょうか。いつものそうめんランチをおもてなし料理にするヒントになりそうな演出です。

 

 

 

ちょこっと番外編

今回は「そうめん×納豆」のお洒落ディッシュをピックアップしてきましたが、自宅で簡単にできる「洋風アレンジ」をついでにご紹介します。

 

■あえるだけ!洋風そうめん

こちらは「S&B 生風味スパゲッティソース たらこ」を、そうめんにあえるだけの簡単レシピ!簡単なのにとても美味しいのでおすすめです。

 

 

このソースを使って作る場合は、最後に添付の刻み海苔と、お好みで刻みネギを散らしてくださいね☆

 

 

■好みが別れる?「サバ缶×そうめん」

「旨い!とNO!」の明暗がくっきりわかれるけれど、試してみる価値あるのが「サバ缶×そうめん」。市販のめんつゆを「つけつゆ」用に薄め、薬味とサバ缶をつけつゆに入れるだけ。つけつゆに麺をつけていただくこの方法は、山形県発祥の食べ方で、以前「ケンミンSHOW」で紹介されていました。

※サバ缶は「水煮」がおすすめ

 

 

 

 

最後に

そうめんは味も見た目もシンプルな分、プラスする食材次第で色々な雰囲気の盛り付けが楽しめ、味のバリエーションも膨らむ食材です。今回ピックアップさせてもらった「×納豆」を参考に、見栄えも楽しめるそうめんアレンジ、考えてみてはいかがでしょう。

 

 

またプラスの食材でアレンジするのも楽しいですが、そうめんそのものを風味や色付商品を選ぶだけでもOK!毎日簡単に作れるそうめんだからこそ、楽しく美味しくアレンジそうめんをいただきたいものですね。

 

 

 

【追記】今回「salvia」からの資料提供の依頼に、快諾いただいた皆様です。ご協力、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事