カテゴリー一覧

関東で楽しむ秋の花火2017!家族連れにぴったり遊び場との融合!

ろっこ ろっこ | 2017年09月06日

花火大会といえば夏のイメージですが、人出も多く夕涼みとはいえやっぱり暑いものです。逆に冬の花火は空気が澄み美しいけれど、防寒が大変。そこで小さい子どもにおすすめなのが秋の花火!昼間は過ごしやすく、夜は寒すぎず適度に涼しいので、小さい子どもには夏より冬より秋花火!?今回は家族で楽しめる施設の花火大会3選!遊びレジャーとからめて大満喫できるプラン、立ててみてくださいね。

 

森のイバライド花火大会

茨城県にある「こもれび森のイバライド」は、「さわろう。つくろう。あそぼう。ワクワクを耕す体験ビレッジ」というキャッチフレーズの家族連れ向け施設です。動物に触れたり、濃厚アイスクリーム作りといった体験に、焼きたてパンや自家製フードの美味しいレストランやバーベキュー、そして体をめいいっぱい使うアスレチックや乗り物。

「楽しい時間はあっという間――」

1日中夢中で遊び続けられる盛りだくさんの内容なので、子どもは「もっともっと遊んでいたかったな……」と思うはず。でも、花火開催日だけはちょっぴり特別!!ヨーロッパの庭園花火をモチーフにした3000発が舞う夜空を1日のフィナーレに捧げてくれますよ!

※花火開催日のみ、夕方16:00から入園無料

 

 

【秋の夜空と花火のマリアージュ】

  • 施設名:こもれび森のイバライド
  • 所在地:〒300-0528 茨城県稲敷市上君山2060-1
  • 開催日時:9月17日(日)19:00~(荒天の場合9月23日(土祝)に延期)

■施設より一言:園内のボート池から花火を打ち上げるので、他ではなかなか見ることができない迫力のある花火を楽しめます!

 

 

 

花火シンフォニア(横浜八景島シーパラダイス)

花火だけでなく、映像と音楽、ライティングが一体となったひとときはまるでショー!「究極の花火エンターテイメントショー」とうたわれているのが「横浜・八景島シーパラダイス」の花火。季節感が伝わるような「ジャック・オ・ランタン」や「ゴースト」といった光の演出にも期待!

昼間は遊び夜は花火というスケジュールの家族には、ワンデーパス・楽園ナイトパスに「特別観覧席」が付いたチケットも便利。子連れで夕飯が気になるなら、食事やバーベキューを楽しみながら、人混みが気になる小さい子連れさんは、クルージング観覧や展望台から見る有料プランも気になりますね。

 

 

【花火シンフォニア -meets Sky Light Mgic-】

  • 施設名:横浜・八景島シーパラダイス
  • 所在地:〒236-0006 横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイス
  • 開催日時:2017年9月16(土)、17(日)、10月7(土)、8(日)、29(日)20:30スタート

 

 

赤城クローネンベルク花火大会

乗り物や遊具、動物たちとのふれあいから手作り体験、収穫体験など、たくさんの笑顔を咲かすことができる群馬県の「赤城クローネンベルク」。朝から1日遊んで花火を満喫するのもよいですし、入園無料となる夕方から訪れるスケジュールでもOK!ハロウィンの仮装で観覧に訪れるのも楽しそうですね。牧場の空というさえぎるものがないキャンバスにあがる花火は2000発。

 

 

【クローネンベルクハロウィン花火大会】

  • 施設名:赤城クローネンベルク
  • 所在地:〒371-0241 群馬県前橋市苗ヶ島町2331
  • 開催日時:2017年10月28(土)20:00~20:20(営業は22:00まで)

 

最後に

今回は子連れレジャー施設で花火鑑賞というテーマで秋の関東花火大会(2017)をピックアップしましたが、この他にも花火大会は各地で開催されています。ぜひ秋の夜長を、過ごしやすいこの季節を、闇夜に舞う幻想的な花火鑑賞で楽しんでみてくださいね。

 

 

  • 9/16(土)群馬県「いせさき花火大会」
  • 10/7(土)茨城県「第86回土浦全国花火競技大会」
  • 10/7(土)埼玉県「燃えよ!商工会青年部!!第16回こうのす花火大会」
  • 10/14(土)千葉県「NARITA花火大会in印旛沼 12nd
  • 10/21(土)神奈川県「ふじさわ江の島花火大会」
  • 10/28(土)「映画のまち調布”秋”花火2017」

 

 

関連記事