カテゴリー一覧

親子をつなぐ!アニメでコミュニケーション!2017秋ランキング

KODY KODY | 2017年10月14日

赤ちゃんの頃はママにべったり、幼児の頃も「遊んで!遊んで!」といつも隣にいたはずの我が子。小学校に入ると、どんどん母親から離れていきますよね。そこで親子のコミュニケーションにお役立ちなのが一緒にアニメを見ること。今回は2017年秋に人気のタイトルの中から、小学校高学年以上の子どもと一緒に見られそうな作品をピックアップ。

 

大人好みの2017年秋ランキング

子どもと一緒にアニメを見るといっても、ママ本人が楽しめる作品がおすすめです。

 

  • ストーリーに張り込む楽しい時間がママにとっても癒やし
  • 本気で楽しめるからこそ、子どもと一緒に笑い合える
  • 楽しさを共有することが、コミュニケーションにつながる

 

そこで「勝手にランキング」による調査「今期見る予定(見たいと思っている)」の、20才以上女性の結果を参考にさせていただきました。

※全国を対象としたインターネットを通じ実施したアンケートとのこと

 

 

■20才以上の女性が今期見たいと思っているアニメランキングは以下の通り

1位 3月のライオン
2位 銀魂 ポロリ篇
3位 おそ松さん
4位 鬼灯の冷徹
5位 食戟のソーマ
6位 キノの旅 the Beautiful World
7位 タイムボカン 逆襲の三悪人
8位 魔法使いの嫁
9位 十二大戦
10位 王様ゲーム The Animation
11位 クラシカルロイド
12位 DYNAMIC CHORD(ダイナミックコード)
13位 UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~
14位 宝石の国/僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
16位 妖怪人間ベム
17位 干物妹!うまるちゃんR
18位 お酒は夫婦になってから/血界戦線&BEYOND/いぬやしき

 

アンケート対象が20才以上の女性ということで、これをママでも楽しめるタイトルと受け止めました。

その中から小学校高学年以上の子どもと一緒に見るタイトルを絞り込み!

子どもの性格や趣味により異なりますが、実際に子どもたちから意見を聞いたうえでの平均的チョイスしてみました。

 

 

3月のライオン

将棋がテーマになった作品。「スタディ将棋」とうものが教室に常備されている学校もあるので、現在将棋ができる子どもは意外にも多いものです。

恋愛要素もあるので女子も見る子が多く、将棋好き男子と並び、一緒に見られるかも。

 

 

 

おそ松さん

赤塚不二夫さんのギャグマンガ「おそ松くん」を原作としたアニメ。大人から子どもまで幅広く楽しめて、一緒にケタケタ笑えそうですね。

思春期の子と一緒に見る時にありがちな「変なドキドキ感」が不要な安心感も、母子で楽しみやすいポイントといえそうです。

 

 

 

妖怪人間ベム

昭和43年~44年まで放送されていたテレビアニメ。2006年に完全新作アニメが放送され、実写ドラマや劇場版として映画公開もされたタイトルです。

中には「面白いから見たいんだけど、ちょっと怖くて」と、演出がやや苦手という子もいるので、「お母さんが一緒み見てくれたら嬉しい」という意見も耳にします。

いつもは1人で眠る我が子なのに、その夜だけは「一緒に寝て!」なんて、久々のほっこりシーンもあるかもしれませんよ。

 

 

 

最後に

子どもが小学校に入学すると、早い子だと1年生から1人部屋をほしがります。放課後も友達と遊びにでかけ、どんどん母親から離れた世界を広げていくものです。

手が離れて助かる反面、心のどこかでちょっぴり寂しいのがママ心。一緒に遊ぶとなると、遊び方や話題性、自分の体力が気になるものですが、アニメなら一緒に見るだけなので楽!

会話選びに困ることもなく、むしろアニメのネタがその後の会話をつなげてくれるかもしれませんよ。

 

 

★— 最後まで読んでくださった方は —★

他記事「salvia 本・マンガ」もいかが。

関連記事