カテゴリー一覧

子どものボトムの丈が長いっ!楽な裾上げ方法は?

Bacchus Bacchus | 2017年11月17日

子ども服のサイズ選び、特にボトムのサイズ選びって困りませんか?うちの場合、ウエストに合わせてズボンを買うと丈が長く、毎回裾上げ必至です。ズボンに限らず、スカートでも「微妙に長い。。」と感じる物もあるようですね。皆さんはどの様な方法で裾上げをしていますか?

サイズが合わない!

うちの息子はぽっちゃりめのギリギリ標準体型で、身体にフィットした服が苦手です。

そのため、いつも自分の身長サイズよりも大きめのズボンを買っています。

 

少し長いだけならば裾を捲れば良いのですが、丈が長過ぎるとまるで袴の様・・・

「殿中でござる!」みたいになってしまいます。

 

 

仕方がないので、毎年秋冬シーズンには何着ものズボンの裾上げをしています。

お直しのお店に頼むという手もありますが、ワンシーズンしか着ないかもしれない子ども服に

余分なお金はかけたくないと思っていますので( *´艸`)。。

 

皆さんは子ども服の裾上げをしていますか?

いろいろな方法がありますから、お洋服の生地に合わせた裾上げ方をお選びくださいね。

 

方法その1・裾上げテープを使う

アイロン可能なお洋服に使える裾上げテープは、100円均一のお店でも買うことができるので

とても便利ですよね!

 

 

使い方はとても簡単で、時間もかかりません♪

  1. 衣類を裏返し、裾上げしたい分だけ折り返します。
  2. 水で濡らした接着テープを裾と身頃に合わせて置きます。
  3. 当て布をしてアイロンで押さえていきます。

 

 

説明書の通りに使えば剥がれる心配も少なく、洗濯しても大丈夫です。

 

丈を元に戻すためにテープを剥がした後に接着剤が残ってしまった時は、エタノールを

含ませた布で優しくこすると少しずつ取れてくるそうです。

 

方法その2・ミシンで縫う

 

 

接着テープでは止めにくい生地やジーンズの様な厚手の生地は、ミシンで縫ってしまうのが

おすすめです。

ポケットのステッチなどの色と合わせて糸を選べば、見た目もカッコイイですね☆彡

 

 

普通地用の針を使うと折れやすいので、厚地用のミシン針を使うと縫いやすくなりますよ。

 

 

ミシンは「いちいち出すのが面倒!!」なんですよね(;´∀`)。

でも、使わない方が故障しやすい(ほこりが溜まる・モーターが錆び付くなどの理由から)

そうですので、ミシンの為にもちょこちょこ使う方が良いみたいですよ~♪

 

方法その3・ボンドや両面テープを使う

アイロンもミシンも使いにくい“シャカシャカジャージ”のようなものには、衣類用のボンドや

両面テープが使えます。

 

 

 

 

洗濯には弱いので、頻繁に洗う物には向いていないと思います。

また、ボンドは付け過ぎるとシミになりやすいので、お洋服を確認しながらお使いになって

くださいね。

 

最後に

いかがでしたか?

最後に、その名も「スソアゲール」というアイデアグッズをご紹介します。

 

 

アイロン、縫い付け不要♪

留め具をテープで貼り付けてからスナップをパチンとはめるだけです。

 

 

安全ピンだと、もし外れてしまった時に針が危ないですよね。

お出かけする時になって「ママのスカートの裾がほつれてる!」という様な緊急時にも

役立ちそうですので、お裁縫箱に常備しておけば安心ですね

 

関連記事