カテゴリー一覧

YOGA&ハーブティーで風邪予防!この冬は親子で薬いらず♡

メイ メイ | 2017年12月06日

寒くなってきて、マスクをかけている人が増えてきた今日この頃。みなさん、風邪対策は万全ですか?手洗いやうがいはしているけど、他に何をしていいかわからない。薬には頼りたくないなあ。そんな方必見!風邪からカラダを守るとっておきのYOGA&ハーブティーをご紹介します。

どうして風邪をひくの?

 

 

風邪ウィルスが大好きな環境

 

それは、

冷えと乾燥

 

体が冷えると…

体温が下がり、免疫力が落ちて、病気にかかりやすくなります。

 

 

空気が乾燥すると…

体の水分が蒸発し、口や鼻、のどなどの粘膜が乾いて、ウィルスがくっつきやすくなります。

 

ふむふむ、なるほど。

だからこの季節は風邪をひきやすくなるんですね~。

 

 

じゃあ、

「冷え」と「乾燥」を防げば、風邪対策になるんじゃないの?

 

そのとおり!

 

「冷え」と「乾燥」を防げば、風邪をひきにくくなるんです!!

 

声を大にして、言います。

 

「冷え」と「乾燥」を防ぎたい!!!

 

 

何をしたらよいか分からなかった風邪対策が、急に簡単に思えてきましたね!

 

比較的、「冷え」はヒートテックを着たり、ホッカイロを貼ったり、部屋を暖めたりして防ぎやすいですが、

 

 

問題は「乾燥」ですよねー。

 

この季節はいつもよりも身体から水分が失われています。

目には見えないけど、お肌も髪も体の中もカラカラ状態。

 

加湿器を使用して外側からはもちろん、体の内側からも保湿を心がけたいところ。

こまめに水分をとりましょう!

 

 

ただし、

みんな大好き緑茶やコーヒーは、要注意!

 

 

カフェインを含んでいるので、利尿作用がはたらき、水分が吸収されずに排出されてしまいます。

 

じゃあ、何を飲めばいいの?!

 

はい、きました。

いよいよハーブティの出番です!!

 

 

 

ハーブは天然のお薬♡

ハーブは体の本来持っている自然治癒力に働きかけ、不調を改善してくれます。

言わば、

天然のクスリ。

 

 

ハーブ=天然のお薬=ノンケミカル

 

冷えたり、乾燥したり、弱ったわたし達のカラダとココロにとっても優しいんです♡

 

でも、ハーブティーってたくさんあって、何を飲んだら良いかわからないですよね。

 

 

そこで、今回は風邪予防におすすめのハーブティーをご紹介します♪

 

 

■カモミールティー

 

みなさんもよくご存知、世界中で広く愛飲されているカモミールティー。

 

 

「カモミール」はギリシャ語で「大地のりんご」という意味で、ヨーロッパでは数千年も前から薬草として用いられてきました。

 

 

 

カモミールティーには血行を促進し、身体を温める作用があると言われています♨

 

ヨーロッパでは現在も、日頃から子どもの風邪予防に飲ませている家庭も多いようです♪

 

 

■ペパーミントティー

ペパーミントの和名は「セイヨウハッカ」。

 

 

歯磨き粉のスースーするあの香り。

そうです、ペパーミントの精油成分が含まれているんですね。

 

そう思うと、なんとなく身体に良さそうに感じてきます。

 

 

ペパーミントには抗菌作用があって、風邪ウィルスにも効果的!

のどのイガイガや咳など、症状の緩和が期待できるので、この季節にぴったりです♪

 

ちなみに花言葉は、

「真心」「誠実な愛」

ミントの爽やかな香りから、なんとなく頷けます。

 

嘘のない純真さ

 

いつの頃からか、純真からほど遠いところまで来てしまいました…。

 

 

ペパーミントティーを飲んで、少女のようなまっすぐで爽やかな気持ちも取り戻したいですね!(わたしだけ?)

 

 

 

ハチミツやゆずを添えて♡

ハーブティーは血行を良くしてくれるので、そのまま飲むだけでも体は温まり、心もほっこり落ち着きますが、

この時期ならではのおすすめな飲み方をご紹介しますね。

 

〈とっておきのハーブティーの飲み方〉

☆お砂糖の代わりに入れてみてね☆

・ハチミツ

のどの粘膜を保護し、乾燥を防いでくれます。

 

 

・ゆずの輪切り ※お好みでハチミツも加えて。

ビタミンCやクエン酸などゆずに含まれる成分は、疲労回復や免疫力UPの効果が期待できます。

 

 

ゆず茶、ゆず風呂など、日本でも昔から風邪予防や疲労回復にゆずが使われてきました。

ゆずは、もはや日本のハーブと言っても過言ではない気がします♪

 

※注意

数多くあるハーブの中には、カフェインを含んでいたり、人によって副作用やアレルギーなどが出るもの、妊娠中の方には向かないものがあります。

事前にハーブの効能をよく調べて、自分の体調に合ったものを選んでくださいね。

 

 

 

お魚のポーズで、呼吸器系を温めよう♨

お待ちかね、風邪予防におすすめのヨガのポーズは

 

〈マツヤアーサナ〉

マツヤとは、サンスクリット語で「お魚」のことです♪

 

 

*やり方*

①床に横になって仰向けになり、呼吸を整えます。

足はまっすぐ伸ばしてそろえておいてね。

 

 

②息を吸いながらお尻をうかせ、手の平は下に向けてお尻の下にいれます。

腕、肘もすっぽり上体の下にしまいこみます。

 

③息を吸いながら肘でおしあげて胸を持ち上げて、頭のてっぺんを床におろします。

 

 

④この状態で5~10回ほど呼吸をくりかえし、その後ゆっくり姿勢をもどしていきます。

 

ポイントは、

 

呼吸。

 

呼吸によって、身体がふくらんだり凹んだりするのを感じてください。

 

吸ったり、吐いたり。

くりかえす度に、胸や横隔膜がふくらんだりしぼんだり。

のどや気管支を、空気がいったりきたり。

 

 

このポーズは、胸が開いて、のどが伸びている状態なので、空気が体内にはいりやすくなります。

乾燥しやすい呼吸器系を温めることができ、風邪予防になるわけですね~。

 

 

気分を落ち着けてくれるので、寝る前にするのもおすすめです。

呼吸をしながら、ゆったりとした気分で味わってみてくださいね♡

 

☆ワンポイントアドバイス☆

●首を痛めないように注意しましょう。

●後頭部にブランケットを置いてもOK。

●首やのどにすこしでも違和感を感じたら、すぐにポーズを緩めてね。

 

 

最後に

ヨガは、自分に意識を向けながら体を動かすので、自分の不調にもいち早く気がつけるようになります。

 

 

今、自分がどこをケアすれば良いのかがわかって、自分を労ることができるようになる。つまり、ヨガをすると自分を大事にできるようなるんですね〜♡

お湯がわく間、ハーブティーが出るのを待つ数分間、YOGAをしてほっと一息つきませんか?

 

 

 

 

【salvia読者プレゼント開催中!】

「お尻すっぽりかいまきベスト」

関連記事