カテゴリー一覧

珪藻土と傘立ては相性抜群!玄関先の梅雨対策にも

KODY KODY | 2018年04月17日

雨降りの日は、玄関先がビショビショになりがちです。濡れた傘から雨水がしたたり落ちるの、嫌ですよね?そんな時に注目したいのが、調湿作用に優れ、吸水性や除湿力の高い「珪藻土」。バスマットやキッチンツールで注目を集めた素材ですが、これは玄関先の傘立てにもピッタリ!サイズや色にデザインなど、商品をチェックしてみました。

 

 

コーナーに置くだけ「三角」

雨の日、傘をコーナーに立てかけること、多いですよね?

トライアングル型の珪藻土パットなら、びっくりするぐらシンプルに収まります。

 

 

凹凸があるので傘がズレて倒れることも防げ、トライアングルのシルエットは見映えもすっきり。

 

商品の種類によってはカラーバリエも選べ、ホワイト、グレー、ピンク、ブルーといった色を探すことができます。

 

四分円(しぶんえん)

壁のコーナーに便利なトライアングルと同じ用途で使える、四分円型の商品もあります。

以下の商品は珪藻土のプロダクトシリーズ「trico(トリコ)」のもの。

 

 

虹を彷彿とさせるフォルムが、お洒落な雑貨です。色はグレー、ピンク、ブルーの3タイプです。

 

 

珪藻土の傘立て

傘立てそのものが珪藻土素材の商品もあります。片側が平らになっているデザインのものなら壁に寄せた時により省スペース化できるかもしれませんね。

 

以下商品「珪藻土 傘立て UMBRELLA STAND」は、ピンク、ブルー、ホワイトの3色。重さは2.46kg。

 

 

珪藻土でおなじみの「soil」からもアンブレラスタンドが登場しています。

 

 

こちらの商品スペックは本体重量が4800gとなかなかずっしり。これは強度上、セメントと砂が使用されているようです。

カラーはグリーン、ピンク、ホワイトの3色ですが、どれもナチュラルなトーンなのでインテリアに取り入れやすい優しい風合いです。

 

 

 

ホルダーに+αの存在として

傘立てそのものが珪藻土ではなく、ワイヤーやステンレスのアンブレララックの底のみに使用されている商品もあります。

見た目はシンプルな傘立てでも、水をキャッチする役割として珪藻土パットが付けられたことによって、機能性が抜群に。

 

 

簡易的なタイプではなく、傘立てっぽい商品を玄関に置きたい人にはこういった型のラックが好まれるかもしれません。

 

 

 

最後に

珪藻土という材質は、吸水力やに優れることから、キッチンやバスマットなどで普及しています。その特徴は、雨の日に使った傘を立てるアイテムにもぴったり!

ジメジメとカビも生えやすい梅雨時期の玄関先の悩みも、きっと解決してくれそうですよね。商品によって価格や商品スペック、機能の差もいろいろあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

小さいサイズで、傘立てとしての役割を果たしてくれる珪藻土のアイテム。植物を乗せるという使い方もあるので、きっとアイディア次第で便利なアイテムが生まれそうな予感。今後の新商品登場を心待ちにしたいものです。

 

 

関連記事