カテゴリー一覧

こんなスクールインナー待ってた!トップもショーツも縫い目ゼロ

KODY KODY | 2018年04月15日

早い子だと、小学校4年生頃には胸が膨らみはじめます。下着選びを考える時期になっても、実際まだブラジャーは早いし、子供も抵抗があるので胸パット付のキャミソールを着ている……。そんなママと娘の戸惑いを解決してくれそうなスクールインナーを見つけました。グンゼのインナーウェアブランド「PiscaPisca(ピスカピスカ)」は完全無縫製®で楽そうですよ!

 

PiscaPisca(ピスカピスカ)

今回紹介するインナーウェアブランドは、2016年デビューの「PiscaPisca(ピスカピスカ)」。めまぐるしく変化を遂げる女の子のカラダとココロを、自然な成長に向けてエスコートしてくれるようなブランドです。

 

 

 

縫い目がないから楽!チクチクしない!

そんな「PiscaPisca(ピスカピスカ)」から2018年3月中旬に新発売となったのは、縫い目がない完全無縫製®という特徴で売り出された縫い目ゼロシリーズ。

素肌へのやさしさが着け心地の良さをもたらします。完全無縫製®なのでアウターにも響きにくいことから、同級生の視線が気にならないというメリットもあります。

カラダもココロもストレスフリーなスクールインナーですね。

 

【縫い目ゼロについて】

完全無縫製®は、縫い糸を全く使わないという製法です。貼り合わせは安全で耐久性に優れた接着剤なので、縫い目部分の圧迫が原因で起こるかゆみも軽減。

 

 

この商品は「カットオフ®」と呼ばれるグンゼの特許技術により実現できたもの。伸縮性に優れた綿混素材で縫い目がないので、ハーフトップのアンダーバスト部分や、ショーツのウエストに足の付け根のまわりもゴムがありません。締め付けがない肌着はとても快適!

 

 

こんな女の子に

これまでタンクトップのような肌着しかつけてこなかった女の子にとって、急に下着っぽいものを身に着けることは窮屈なことです。

 

  • 暑がりだから下着を着たがらない
  • 汗かきで、下着を着ると痒がる
  • ランジェリーっぽいデザインを嫌がる
  • いつも夏場は汗疹に悩まされている

 

 

早いとゴールデンウィークくらいには、学校の教室は暑くなり、授業中も汗をかく季節となります。長い時間過ごさねばならないからこそ、下着は楽な方がいいですよね。

でも、ただ緩いキャミソールで楽なだけでは問題が……。

初経がはじまる頃のバストは、成長に痛みが伴うことがあります。揺れたり、動きにくく感じたり、痛かったり。だからこそしっかりとした機能に加え、着心地の楽さが求められるのです。

 

 

商品の種類

完全無縫製®縫い目ゼロシリーズは、アース&ナチュラルなカラーリングで展開されています。

 

ハーフトップとハーフショーツは、サイズは150、160、165の3段階。

素材は綿65%、ポリウレタン35%です。

 

■ハーフトップ…希望小売価格 1,780円+税

※胸パッドの取り外しは可能

 

■ハーフショーツ…希望小売価格 980円+税

 

 

カラーバリエはシェルピンク、グレイッシュブルー、アイスブルー。

 

柄の施されているデザインの方は、ホワイト、ペールブルー、ライトパープルのバリエーションです。

 

 

 

最後に

小学校中学年~高学年にかけ、女の子の心と体はめまぐるしく変化します。気持ちが身体についていかなかったり、変化に戸惑ったり……。

そんな時期を少しでも快適に過ごせるよう、女性としての先輩である母が下着選びでサポートしてあげられたら良いですよね。

 

 

 

 

関連記事