カテゴリー一覧

ママと赤ちゃんが一緒に使える♪肌に優しい日焼け止め3選!

ミルク ミルク | 2018年04月21日

紫外線対策は夏だけ…と思っているあなた!それは大きな間違いです。桜が咲く季節から夏にかけて、紫外線はどんどん強くなってきます。自分だけでなく、赤ちゃんや子どもにもちゃんと紫外線対策を行いましょう!ここでは、ママと子どもで一緒に使える、おすすめ日焼け止めを3つご紹介します。

 

赤ちゃん・子どもにも日焼け止めが必要?

 

 

とても敏感な赤ちゃんの肌。日焼けも心配ですが、敏感な赤ちゃんの肌に日焼け止めを塗ってもいいのか悩みますよね。

 

皮膚科によって回答はまちまちのようですが、生後3カ月~6カ月になると日焼け止めを塗ったほうがよいと言われることが多いようです。

 

昔は「子供はたくさん日に当たったほうがよい。」と言われていましたが、年々気温が上昇し日差しも強くなってきているので紫外線によるリスクを考えなければいけなくなってきてしまったんですね。

 

お子さんによって体質も肌の状態もそれぞれ違いますので、日焼け止めを使用する際はまずは体の小さな面でパッチテストをしたり、かかりつけのお医者さんに聞いたりしてから塗り始めるのがいいと思います。

 

赤ちゃんや子どもにも必要な日焼け止めですが、もちろんママにも必須ですよね。

せっかくならママと子ども1本で済ませられる方が買い物も楽ですし、持ち物も少なくなります。

 

ここからはサルビアライター・ミルクが、独自の視点で「ママと子どもで一緒に使えるおすすめの日焼け止め」を3商品選びましたので、ご紹介します!

 

 

ママはぐ 日やけ止めミルク SPF34 PA+++ 100g

 

UVカット効果は「SPF34 PA+++」と、母子ともに日常生活で使用するのに十分な数値があります。

 

  • 無添加
  • 低刺激性
  • 弱酸性
  • 無着色
  • 無香料

 

成分は肌に優しく、赤ちゃんと子どもが使うことを考えて作られていますね。

さらに紫外線はもちろん、PM2.5などから肌を守ってくれるのもうれしいポイント。

 

さらさらパウダー成分と保湿成分が配合されているので、べたつきにくいのに保湿はしっかりしてくれます

 

ポンプタイプなので、お出かけの準備をしている最中にさっと出すことができるので使いやすく、自分のことは後回しになりがちなママも、日焼け止めを塗り忘れることが少なくなりそう。

 

せっけんで落とせる日焼け止めなので、落とすときも簡単なのがいいですね。

 

 

アネッサ エッセンスUV マイルドミルク ミニ SPF35/PA+++ 20mL

 

UVカット効果は「SPF35 PA+++」で、買い物や公園遊びなど日常生活に十分な数値があります。

 

シミやシワの原因となると言われているUVA波から肌を守る数値も「PA+++」としっかりあり、化粧下地にも使えるのでママにも人気なUVクリームです。

 

  • 無香料
  • 無着色
  • 低刺激設計
  • アルコール無添加
  • 防腐剤 (パラベン)無添加
  • 鉱物油無添加

 

成分的には子供につかえる低刺激な日焼け止めでありながら、40分間にわたる水浴テストで耐水性を確認済みのウォータープルーフ処方になっています。

 

さらに汗・水にふれるとUVカット力が強くなる成分が入っているので、急な雨やちょっとした水遊びにも重宝しますね。

 

また、空気中の微粒子からも肌を守ってくれる処方になってるのだとか。

季節によって敏感肌になりがちなママにもおすすめしたい1品です。これだけ高機能ですが、石けんで落とせるのがすごい!

 

 

DHC ベビー&ママサンガード日やけ止めクリーム 顔・からだ用 SPF30PA++ 30g

 

UVカット効果は「SPF30 PA++」で、買い物や公園遊びなど日常生活に十分な数値があります。

 

  • 無香料
  • 無着色
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • 鉱物油不使用
  • 天然成分配合
  • 弱酸性

 

紫外線吸収剤不使用で、天然由来の紫外線防止成分を使用しているノンケミカル処方なので、敏感な赤ちゃんや子どもの肌を肌をいたわりながら紫外線予防をしてくれるおすすめ商品。

 

日焼け止めは乾燥しやすいものもありますが、 「ベビー&ママサンガード日やけ止めクリーム 顔・からだ用」には、 天然保湿因子(NMF)が配合されているのでうるおいもきちんとあります

 

石けんやボディソープで落とせるのも肌に負担がかかりづらく、使いやすさの点でも最適なベビーUVケア商品です。

 

 

赤ちゃん・子どもの日焼け止めの塗り方・落とし方

 

赤ちゃんや子どもにボディーソープを塗る場合も、基本的に大人と同様です。

 

  • 鼻の頭
  • 両頬

 

これら顔のいくつかのポイントに日焼け止めを乗せ、顔全体に優しく広げてください。

これを合計で2回繰り返し、塗り漏れがないようにします。

 

腕・足などは、肌が見えている部分に外側・内側と同じ量をつけ、くるくると円を書くようになじませてください。

 

日焼け止めの塗り忘れが多い箇所は…

 

  • 手の甲

 

こちらの3か所!

忘れずにしっかりと塗ってあげてくださいね。

 

汗をかいたりママと触れ合って擦れてしまったりすると日焼け止めが落ちてしまうので、2時間を目安に塗り直してください

 

 

最後に

今回紹介した日焼け止めは、どれも石けんで落とすことができます。いつも使っている石けんやボディーソープをしっかり泡立てて、泡で全身をくまなく洗い、ゆすぐだけでOKです。

 

忙しい子育て時期は、日焼け止めを大人用と子供用と使い分けるのも時短したいものです。一緒に使えるアイテムで、ママも赤ちゃんも紫外線をしっかり防いで、楽しくお外で遊んでくださいね。

 

関連記事