カテゴリー一覧

子ども&ママ同士で仲良し♪+の条件「長子同士」は理想的!!

ろっこ ろっこ | 2016年07月01日

「ママ友」関係の重要ポイント『子ども同士の仲の良さ(相性)』について以前記事にしました(※「ママ友」の条件【その1】仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?)。今回はそこに付帯する理想的な条件のひとつをご紹介。「ママ友」って無理に作る必要もなく、条件だけで選ぶのも違う気がしますが、子どもたちとママ同士の理想的な絆が築けるなら本当にハッピーな関係。どうか素敵なご縁に恵まれますように―♡

 


 

参考記事:ママ友の条件【子ども同士が仲よし】について

■過去記事:「ママ友」の条件【その1】仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?

 

空と雲101子どもの相性が◎だとママ友間トラブルも少ない

様々な子と触れる場が必要なら「ママ友」外でも可

トラブル回避だけでなく、メリットもたくさん!

仲よい子のママとは、自然とつながりやすい。

 

 

仲よしボーイでも、「子どもの中よし度」はご縁あってのもの。
全ての人がそうスムーズに行くとは限りません。

はじめてのママ友作りに緊張している人もいれば、

「ママ友」デビューができず悩む人もいるはずです。

 

 

過去記事「仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?」は、そんな「ママ友」というハードルをちょっとでも引き下げたいと願うものです。今回は「子ども同士が仲よし」に加えた+αの理想的条件「長子同士」をご紹介!!

 


 

理想は「長子同士」!

ママ友になるなら、子どもたちが「第1子同士」であるのが理想的。それはトラブル関係ではなく、生活パターンが理由。未就園児だけを持つママが気にする時間はお昼寝くらいですが、上に幼稚園に通っている兄姉のいる子なら、ママはお迎え時間を意識したスケジュールを組みます。上が小学生なら、帰宅時間やお稽古事などもあるのでお約束がしずらいのです。

 

■例)小3長男・5歳次男 2人のママ

次男のお友達から17時まで公園遊びのお誘いをもらったけど、長男が学校から帰ってくるので不参加に…

 

■例)小1長女・4歳男児 2人のママ

夏休みに水遊びのお誘いがきたけれど、長女の約束や習い事の送迎があるので行かれない…

 

 

Check

 未就学児・幼稚園児・小学生の

 生活サイクルは違うので、お約束がしずらい

 

 

遊びのメンツ的にも長子同士ならスムーズ!

遊ぶ時の子どものバランスも、長子同士なら悩むことなくスムーズです。

 

キョウダイも一緒に遊ぶ時、1人だけ年齢差のある長子はつまらない。

■小2男子・4歳娘 2人のママ

幼稚園の公園遊びに長男も連れて行ったら、「小さい女の子ばかりで俺、早く帰りたいんだけど」と…

 

キョウダイの性別が同じでも、下の子の遊び方では長子は退屈。

■小4長男・5歳次男 2人のママ

長男にとって「ヒーローごっこ」は興味なし。「勝手に悪役にされて叩かれまくった」とお怒り。

 

でも、長子同士の遊びならキョウダイは小さい子たちだけ。問題なし!

■小1長女・4歳次男・2歳娘 3人のママ
お姉ちゃんのお友達仲間と公園に行っても、4歳息子も2歳娘も喜びます♪

 

3兄弟

 

子どもの中には、年下と上手に遊べる子や、小さい子が好きなタイプのお兄ちゃんお姉ちゃんもいますよね。そういうタイプだったら、悩むこともないのですが、兄姉たちは普段から自分の妹や弟を見る機会が多い宿命。「自分“が”遊びたい」「自分“が”楽しみたい」「むしろ年上に相手をしてもらいたい」という子が圧倒的に多いかもしれませんね。

 

Check

 下の子の遊び場は、上の子にとって退屈。

 長子同士なら、きょうだい問題ノープロブレム!

 

 

「ゲーム問題」もわりと安心

 

お互い第一子だと、「DS」や「PSP」、「Wii U」などのゲーム系はデビュー前の子が多いですよね?ママやパパがゲームが好きという家は別として、小さい子はゲームを持っていないのが一般的なはず。でも、上に兄姉のいる子は幼稚園生でもゲームが達者。中には自分のDSを持っている子もいますよね?

 

 

室内で遊ぶ時に生じる「ゲーム問題」。

兄姉のいる子はゲームをやりたがり、長子のお友達はゲームを知らないので遊びに温度差が出る

ゲームを覚えさせたくないママにとって、ゲーム好きのお友達は好ましくない

当人たちがゲームをしなくても、同行した兄姉のDSを、横から覗きこんで夢中になってしまう…

 

幼稚園生活の中で遊んだり、公園や野外遊びの時にはさほど気にならないはず。でも、自宅遊びや外食を共にする時など、普段からゲームを持ち歩いているタイプは、ゲームで遊びたがることが多いのは事実です。

 

Check

 第一子同士なら、ゲームデビューのタイミングも、

 「よーいドンッ」♪足並みがそろえられる!

 

 

進級も進学も……。“はじめて”は全部一緒!

 

先輩ママからの情報はとても役に立つし参考になりますが、第一子を育てる母親同士、同じ歩幅で歩んでいけるのも「ママ友」の絆を深めるスパイスとなります。

 

クマ

 

幼稚園の入園準備にワクワク♪でも第2子目の友人は、お下がりや譲りうけたUSEDも多く、テンションもそこまで高くない。

はじめての運動会に大張りきり♪でも友人は第3子。3度目となると、ビデオや席取り合戦の気合いも減るみたい。

いよいよ小学校入学で緊張!でも友人は兄姉が引率してくれるので余裕があってうらやましい

 

姉も妹も、兄も弟も、我が子はカワイイのは同じです。でも、節目や行事など、

第1子のと第2子の時とでは、親の気合い感はけっこう違うみたい(笑)

 

第一子同士のママ友だったら、お弁当の買物やレシピ相談、運動会の席とり計画に、卒園式などの洋服選びなど。同じようなテンションで一緒に楽しむことができそうですよね?お互いはじめて同士だから失敗もあるかもしれないけれど、それもまた会話のネタとなって、「ママ友同士」の想い出となるんですよね。

 

Check

 長子同士なら、子ども仲良く育ち、

 ママ同士も一緒に成長していける!!

 

 

最後に

「第一子同士」はママ友関係をスムーズにする力があるので、密度の濃い「ママ友」は長子同士が多いものです。だから、せっかく子ども同士ママ同士のフィーリングが合っていても、相手のお友達に兄姉がいる場合、そのママには既に親密な「ママ友」がいたりするものなのです……。

 

eye-428390_960_720

 

とっても仲よしのママ。でも、行事ではいつも兄姉系のママ友の所に行ってしまうので寂しい

他に親密な「ママ友」がいるみたいなので、仲良くしたくても深くは踏み込めない

兄姉系のママ友との約束で忙しいみたい。私はもっとたくさん遊びたいんだけれど……

 

せっかく仲良くできそうでも、「長子同士」でないだけでちょっぴりズレてしまうのは寂しいものです。中には「このママと、第一子同士で会いたかった…」なんて意見もあるほどです。

 

Check

 でも、第一子のママ同士って、

 くっつきやすい傾向にあるんですよ♪

 

関連記事