カテゴリー一覧

「ワーキングマザーの手帳 2018」を実際に使ってみて

Bacchus Bacchus | 2018年07月29日

以前『仕事もママ業も完璧!「ワーキングマザーの手帳 2018」がおすすめ』という記事を書きました。4月はじまりの手帳を使い始めて約4ヶ月。在宅ワーキングマザーの私が実際に手帳を使ってみて良かった点・便利だった点をご紹介いたします。

『ワーキングマザーの手帳』って??

はじめに、『ワーキングマザーの手帳』がどのような手帳なのかをおさらいしますね。

 

 

こちらの手帳は1日18万アクセスを突破したブログ「家族が幸せになる収納-kazokushuno-」を運営する整理収納アドバイザー・赤工友里さんがプロデュースした手帳です。

 

 

赤工さんご自身がワーキングマザーであることから、仕事も家庭も上手に両立出来る工夫がたくさん詰まっています。新生活スタートに合わせた4月はじまりなのも嬉しいポイントです。

仕事もママ業も完璧!「ワーキングマザーの手帳 2018」がおすすめ

 

家族別スケジュールが便利!

 

 

※実際の手帳は個人情報を書き込み過ぎているため(^^)、画像加工してあります。

 

家族毎のマンスリースケジュールを書き込めるページはとても便利!

子どもの部活・ママのお稽古事・パパの飲み会・病院や美容院の予約などなど、一ヶ月分の家族全員のスケジュールを一度で把握することができます。

 

こちらには最大で家族4人分の予定を書き込むことができます。

我が家は3人家族なので、一番端の欄には夕食とかぶりがちな学校給食メニューを書いてみました。

(晩ご飯はカレーにしよう!と思ったら「今日の給食、カレーだったよ」と言われた事、ありませんか??)

 

「なりたい自分リスト」で元気になる!

 

 

『なりたい自分リスト』ページがあるので有効活用です♪

 

はじめに中心の『理想の自分』を“ステキなお母さんになりたい”に決めました。

その最大目標にその為には何をすればいいのか??

例えばマイホーム欄なら「家のきれいな状態を保つ」ことを目指します。その為には「断捨離する」→その為に「洋服のリサイクルショップを探す」→買取を申し込む・・・という感じで順序立てて目標に向かっていきます。

 

仕事と家事・育児に忙しく後回しにしてしまっていたことも、手帳を見て「あ!これ、今やっておこう!」と思うようになり、すきま時間も有意義に使える様になりました。

 

何を書こう?と考えるだけでも、自分を見つめ直す時間になった気がします。

 

 

メモ欄には子どもからの疑問・質問を

 

 

メモ欄は普段のお買い物メモにぴったり。

私は百均のお店に行って「なんかもう一つ買いたい物があった気がする」ことがしょっちゅうあったので、思いついた時にとにかく書いておきました。

 

もう一つの活用法は、息子からの質問リスト。聞かれて答えられなかったことを書いておくことにしました。

 

小学校高学年の息子がニュースを見ている時に、「TPPって何?」と質問してきましたが、何となくで答えてはよくないものです。

パソコンで調べて読むだけでは頭に入ってこないので、一度書き写す様にしています。自分自身の勉強にもなりますね。

メモページがたくさんあるので、思いつくまま使うことができます。

 

最後に

仕事をしながらの子育ては毎日忙しくて、ついイライラしてしまったり、失敗して落ち込んでしまったりということがありますよね。

手帳を上手に活用することで、「子どもの学校への提出物を忘れてた!!」などといったうっかりミスを防いだり、自分の目標を改めて見つめ直したりと良いこといっぱい!でした。


                            
                            

関連記事