カテゴリー一覧

副菜にも常備菜にも!めんつゆで簡単!なすの煮びたしのレシピ♪

Mio Mio | 2018年09月05日

夏から秋にかけて美味しいなす。フライパンで簡単に作ることのできる煮びたしレシピをご紹介します。調味料はめんつゆと生姜のみ!あっという間に作ることが出来ますよ♪作り置きして常備菜にしてもOK。味がしっかり染みたなすをご賞味あれ♪

夏が旬!

 

一般的ななすの旬は7月~9月です。
「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがありますが、ここで言う”秋”は旧暦で、今でいう9月頃のことなのですよ。

 

また「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざですが…

  • 美味しい秋茄子をお嫁さんに食べさせないという姑のいじわる
  • 夏野菜の茄子は体を冷やすといわれているから、妊娠中のお嫁さんには食べさせないという気遣い
  • 秋茄子は種が少ない→子種がすくなくなるからお嫁さんに食べさせたくない!という迷信

など、さまざまな説があるそうですよ。

 

 

どんな種類のなすがあるの?

 

スーパーによく並んでいる、代表的ななすは「千両茄子」や「長茄子」、「米茄子」などがあります。
その他にも、各地域の伝統野菜や特産となっているなすもあります。
京都の賀茂なすや大阪のミズナス、福井の吉川なすなど…地域によってお店に並ぶなすの種類もさまざまです。

また、紫ではない「青茄子」や「白茄子」、イタリアなどの海外のなすなどもあります。
それぞれ味も違うので、好みのなすを探すのも面白いですね♪

 

 

なすの栄養は?

 

なすは大半が水分で出来ていますが、紫色の皮には、ナスニンと呼ばれる栄養素があり、強い抗酸化力があります。

ナスニンには活性酸素を抑えたり、コレステロールの吸収を抑えたりする作用があるとされています。

皮を剥いていただく料理もありますが、ぜひ皮ごと食べたい野菜ですね。

 

 

なすの保存方法は?

 

暖かい時期が旬の野菜に多いのですが、なすにとって冷蔵庫の温度は低すぎる(硬くなったり、傷みが早くなったりする)ので、冷暗所で保存し、出来るだけ早く使い切るのがベストです。

 

★美味しいなすの選び方

ヘタに棘がありますが、この棘がしっかりと立っているものが新鮮です。
また、軽いものは中がスカスカしている可能性が高いので、購入するときは重いものを選ぶ方が良いですよ。

 

 

簡単煮びたしレシピ

 

では、さっそくレシピをご紹介します。

 

材料

 

・なす:3~5本
・めんつゆ(3倍濃縮):50cc
・水:150cc~200cc
・おろし生姜:小さじ1~2
・ごま油:大さじ1

 

作り方

 

1.なすを乱切りにします。

 

 

2.なすにごま油をからめます。
こうすることで、油の量を最小限に抑えることができ、カロリーダウンにつながります。

3.フライパンに2のなすを広げ入れ、火にかけます。

 

 

4.あまり触らず、軽く焦げ目が付くようにこんがり焼きます。

5.フライパンに水、めんつゆ、生姜を入れ、落し蓋をして弱火で10分程煮ます。

6.温かいまま食べても良いですし、冷蔵庫で冷やして食べてもOKです。

 

他の調理法は?

今回はフライパンで焼くレシピをご紹介しました。
一つのフライパンで出来るので、これだけでも簡単な料理ですが、全てを電子レンジで行う調理法もあります。
なすを電子レンジで加熱し、調味料を別の容器で沸騰させ、なすが入っている容器に調味料を流し込む方法です。
この場合は、なすを油でコーティングする必要がないのでさらにヘルシーです。
また、おろし生姜ではなく、千切り生姜でもOKですよ。

 

いかがでしたか?
簡単に出来るなすの煮びたしをぜひ作ってみてくださいね。
夏の食卓にぴったりです!

 

関連記事