カテゴリー一覧

子育て体験談・発語はいつから?

Bacchus Bacchus | 2018年10月31日

子どもが幼児期になると、ことばの発達が気になりますよね。どうしても周りと比べてしまいわが子の発語スピードに悩んでしまうことも・・・。男の子は話し始めるのが遅いとか、下の子は話し始めるのが早いとかいろいろな情報過多の中「うちの子、発語が遅いのかしら?」と悩んでいた私の体験談です。

【発語スピードは人それぞれ】

 

喃語を話しているだけで可愛い赤ちゃんの頃。

 

 

『這えば立て立てば歩めの親心』と言いますが、1歳を過ぎた頃になると

初めての言葉・初語はいつなのかなー?と期待してしまうのが親というものですよね。

 

「パパとママ、どっちを先に言うのかな?」

内心では「もちろんママだよね!?」と思っていたある日、息子が電車を指差して

 

「どどん。」

あ・・・「ママ」じゃなかった!

ドドンドドンって走ってるもんね。あれはね【でんしゃ】って言うんだよー。

 

その次に出た言葉は

 

 

「もっもっ(桃)」

えーっ!桃にまで負けたー。。

 

でも上手に言えたね!

 

 

とってもとっても嬉しかった思い出です

 

単語が言えたら「二語文はまだ?三語文は?」と前のめりになってしまった私。

男の子は女の子に比べると話し出すのが遅いというけれど、息子のお友達は2歳の時に

「おさむらいさん、おうまのって、ぱかぱか」と話しているのにびっくり!

 

ぱかぱか

 

・・って暴れん坊将軍かなっ?! すごい!三語文、うらやましいな!!

 

「うちの子より半年も産まれが遅いのに、、うちの子、言葉が遅いのかな?」

 

 

息子はまだ単語が言えるだけだったので「いつから二語文話すんだろう?」と少し悩んでしまいました。

 

そこに追い打ちをかける様に義母が「〇〇は2歳の時からよく喋ってたよー。」と従兄弟の話。

(出た出た、謎の従兄弟自慢。あ!私とお姑さんとの関係は良好なのですよ。)

 

なんだか悔しいような、切ないような。

 

それからは絵本の読み聞かせを増やしたり、

 

 

とにかくたくさん話しかけたりしました。

 

天気予報を見て「明日、雨が降るんだって。公園に遊びに行けないね。お家で何して遊ぼうか?」

なんてたわいもない話でも息子と向かい合って、ゆっくりと話す様に意識してみました。

 

そうこうしているうちに、3歳になる頃に突然堰を切ったようにペラペラと話し出した息子。

それこそ「寝る時以外喋ってるんじゃない?」と思うほどで、急激な変化でした。

 

 

あの頃悩んでいたのが嘘のよう。

 

 

11歳になった今では「ちょっと黙っててもらえますか?」とお願いしたいくらいお喋りが大好きです。

でも言葉遣いが優しくて、コミュニケーション上手な男子になりました♪

 

 

※言葉の発達には個人差がありますが、発語の遅れが気になる方は

小児科医や保健師さんなどにご相談してみてくださいね。


                            
                            

関連記事