新春ひと笑い!主婦・ママの「あるある!?」でクスッと♡

KODY KODY | 2019年01月03日

salviaで「あるある!?小話」という連載があるのをご存知ですか(知っている人がいたら凄く嬉しいです)。主婦の日常や、ママ・妻としての怒りや愚痴、笑いなどを、オリジナルのイラストで締めるという内容なんですね。今回は平成18年度公開の中から編集部のお気に入り10選!ダイジェストでお届けします。

【ご案内】

各「タイトル」と「イラスト」、イラスト下の「連載№」から、作品の記事にジャンプできますので、ご興味あればclickして読んでくださいね。

 

 

編集者A 3選!

salviaの守護神とも呼ばれている編集者Aが選んだのは、あるある!?小話シリーズの中でも、リアルあるある系です。

 

「正月明けに愚痴1発」

これはもしかしたら、今まさに世の奥様方が心底思っているかもしれませんね……

 

「逃げたい……」

小さな子を持つママ、我が子の発言に凍り付いたこと、ありませんか?

 

 

「アラフォーの実感」

自分が何歳くらいに見られているか、ひょんなところで、感じられるものなんですよね……。

 

 

編集者B 3選!

いつもsalviaをナビゲートしてくれている編集者Bが、あるある!?小話シリーズの中から選んでくれたのは「女の強さと変貌?」を描いたこの3作。

 

「ゴキブリVS主婦」

ひと皮向ける女の強さを、描いたような1作です。

 

「父の日だよね?」

彼に気遣いしていた可憐な娘は、時を経てたくましく……。そんな作風です。

 

「子が昼寝の隙に…」

恥じらいが無くはないものの、いろいろな意味で挑戦的になるお年頃?を描いた1作。

 

メンズBOSS選!

salvia-mamaたちのボス(♂)が選んでくれたのは、あるある!?小話シリーズの37話と38話。

「ペタペタの怪!?」

こちらはプレゼント企画の応募メッセージをヒントに書かれた一作です。リアルなママの一驚が……。

 

「恋多き女児」

女の子ママには共感できるようなこちらの「あるある」。多分、”女児”だけでなく若い女性の世界にもありそう!?なので、ボス(♂)が選んでくれたのかも……(笑)

 

 

謎のリンゴライター選!

salvia連載中の「あるある!?小話」は、文章担当とイラスト担当の合作。文章は不適な笑みを浮かべるリンゴライターが構成しています。そんなライターが選んだのは……。

 

 

「チョコ、くれよぉ~……」

バレンタインに訪れた、小学生男児の悲劇。。

絵:さや子  / ―あるある!?小話vol.31―

 

 

さや子選!(イラスト担当)

あるある!?小話シリーズのキーマン、

挿絵担当の「さや子  」。

彼女が選んだ作品は……!!!

 

「愛して明太子」

 

これはsalvia読者プレゼント企画の、応募コメントを元に作成されたお話。リアルな体験談を絵に描けたことが、読者との合作のようで、楽しかったのかもしれませんね。

 

 

最後に

今回は2018年のsalviaあるある!?小話(26話~53話)の中から選んだダイジェストです。

2019年も連載していきますので、宜しくお願いいたします♪

そして今年の年末こそは、「編集部が選ぶ!」とは別に「読者が選ぶ!」が開催できるように頑張ります。

 

 

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

 ↓ ↓ ↓

★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

 

 

 

関連記事