カテゴリー一覧

美味しく食べて糖質オフ♪100均たらこパスタソースで作るアレンジレシピ

やなぎー やなぎー | 2019年03月07日

今ではすっかりパスタの定番になったたらこパスタ。今回はなじみ深いたらこパスタのレトルトソースを使った、ヘルシーなアレンジメニューをご紹介したいと思います♪しかも!100均で手に入るソースを使用するので、体だけではなくお財布にも優しいレシピです♡

100均だってハイクオリティ

 

今回使用したのは、100円ローソンで購入したこちらのパスタソースです。

こちらはたらこ味のほかに、ピリ辛の明太子味もありました!ソースは2人前(40g)が1袋、きざみのり(0.5g)が1袋入っています。

 

 

栄養成分表示では、炭水化物が2人前でも3.4g!(1人前では1.7g)

糖質がかなり低めなんです!

ちなみに、たらこパスタソースは全体的に糖質が低めですが、たらこクリームソースになると少し糖質が高くなりますよ。

 

 

アレンジレシピその1・たらこ風味のフムス

 

アレンジレシピその1は、大豆の水煮と1人分のパスタソースを使ったフムスです。

フムスは中東を中心に食べられているひよこ豆を使用したペーストですが、今回は入手しやすくお値段もお手頃な大豆の水煮を使って作りたいと思います!

ひよこ豆よりも大豆の方が低糖質かつ高たんぱく、しかも入手しやすいので、手軽に作りたいという方にオススメです★今回使用した大豆の水煮は、近所のスーパーで150g入り108円で購入しました。

 

 

【材料】一度に作りやすい分量

 

 

  • 大豆水煮      150g
  • たらこパスタソース 1人分
  • 牛乳        大さじ3
  • にんにくチューブ  1cm

 

 

【作り方】

材料を全てミキサーもしくはフードプロセッサーに入れてスイッチオン。

 

 

②滑らかになるまで混ぜる。

 

☆完成☆

 

以上です!材料を全て入れてスイッチを押すだけなので、とっても簡単です♡5分もあれば、すぐにできちゃうんです!

パスタソースの塩分にもよりますが、このまま食べてもあっさりして美味しいです♪ついつい味見の手が止まらなくなる…なんてことも♡

 

 

食べ方①ディップソース♡

 

私のおすすめの食べ方は、少し塩を足して野菜をつけて食べるディップソースです。特に軽く塩ゆでしたブロッコリー生の人参との相性抜群です!

他には茹でたジャガイモアスパラ、軽くお醤油でソテーした椎茸エリンギと一緒に頂いても美味しく食べることができました★

ディップのほかにも、サラダのつけあわせにも活躍します。ホームパーティーにもどうぞ♪

 

 

食べ方②オープンサンド

 

もうひとつのアレンジは、軽く焼いたイングリッシュマフィンに塗って食べるオープンサンドです。全粒粉やライ麦を使用したやや酸味があるパンや、低糖質のパン塩味が効いたプレッツェルなんかと相性が良いかな私はと感じました。

お好みで

  • 黒胡椒
  • オリーブオイル
  • カイエンペッパー

などをプラスすると味がぐっと引き締まり、大人の味に仕上がります。

お子さんと一緒に朝食やランチで召し上がる時は、粉チーズをプラスするのもおすすめです♪

 

材料のほとんどが大豆なので、豆乳や納豆、お豆腐などに飽きてきたのかなというお子さんにもいかがでしょうか?

「実は納豆と同じお豆からできてるんだよ♪」

と、食事の時間のちょっとした話題にもどうぞ

 

 

アレンジレシピその2・小松菜とふわふわ卵のたらこ炒め

 

アレンジレシピその2は、小松菜とふんわりとした卵と炒め合わせた一品です。

主な材料が小松菜と卵なので、あと一品なにか欲しいけれど…という時にもおすすめです★彩も緑と黄色が鮮やかなので、食卓に彩を添えてくれます!

 

 

【材料】2~3人分

 

 

  • 小松菜                                1束
  • 卵(M~Lサイズ)        2個
  • マヨネーズ                   大さじ1/2
  • たらこパスタソース 1人分
  • 塩こしょう                   少々
  • 油                                     大さじ1/2

 

 

【作り方】

①小松菜は5cm幅に切り、茎と葉をざっくりわけておく。卵をときほぐし、マヨネーズと混ぜておく。

②フライパンに油をいれて熱し、あたたまったところに卵を入れる。ふちが固まってきたところで軽く混ぜ、半熟のまま火を止めて卵をときほぐした器に戻す。

 

 

③フライパンを軽くふきとり、火をつけてフライパンを熱する。温まったところに小松菜の茎をいれる。このときフッ素樹脂加工であればそのまま炒め、そうでない場合は油を少し追加する。

④茎に軽く火が通ったら葉をいれ、半分ほど火が通ったところに、ほんの少しの塩こしょうとたらこパスタソースをいれる。

 

 

⑤全体にソースが絡んだら、先ほど炒めておいた卵を戻し、へら等で卵を軽く崩しながら炒め合わせる。

 

 

 

☆完成☆

 

しゃきっとした小松菜と、ふんわりした卵をたらこの風味が上手くまとめてくれてとても食べやすいです!

小松菜はえぐみも少なく比較的値段が安定しているので、ぜひお試しあれ♪

 

小松菜のほかにはロメインレタスや、季節のものですと菜の花で作るのもオススメです!

また、それぞれの糖質量も小松菜は100gにつき0.5g、卵は1個につき0.3gととっても低いので、糖質オフメニューにもぴったりです★

卵は高たんぱくなので、ぜひ積極的に食事に取り入れたい食品ですね。

 

 

こんな組み合わせもおすすめです

 

+ご飯

王道ですが、野菜や卵と炒めてチャーハンに

バターで炒めると、よりリッチでコクのある風味がします。しめじや舞茸を入れても、美味しくヘルシーなかさましになって食べ応えもアップ♡

 

+じゃがいも

ポテトサラダのちょい足しにぜひ!

たらことマヨネーズの相性は抜群で、おつまみにもお弁当のすきま埋めおかずにも大活躍!じゃがいもだけではなく、冷凍の里芋で作ってもとても美味しかったです♪

 

+人参

安くなっている時にまとめて買ったものの、どう調理しようかなと思う方もいるはず。

そんな時におすすめなのが、千切りにした人参をレンジでチンしたものに、たらこソースを混ぜるだけの簡単常備菜!

お好みですこしめんつゆや生姜を足していただくと、和風な風味がアップします。冷蔵庫で4日は日持ちするので、ささっと出せる作り置きおかずです。

 

 

簡単アレンジレシピで楽しもう!

 

茹でたパスタと和えるだけでもとっても美味しいたらこパスタソースですが、ちょっとアレンジを加えて楽しんでみませんか♪今回は2人前のソースをわけて使用しましたが、1人前の個包装になっているものはより扱いやすいのでぜひお試しください♡

お財布にも優しいたらこソースのロカボアレンジレシピ、お料理のレパートリーにいかがですか★

 

関連記事