「洗濯をたたまない収納!」時短すぎて楽になりました!

MIXろし子 MIXろし子 | 2019年03月19日

家事の中でもけっこう時間がかかるのが「洗濯」。メインは洗濯機がやってくれるけれど、洗う、乾かす、収納までの所要時間が長いですよね。中でも「たたんで、しまう」という作業がめんどうという人、多くないですか?今回は洗濯の最終関門を少しでも時短できるよう工夫した結果報告です。「洗濯をたたまない収納」は、一度やったら楽すぎてやめられないかも!

 

 

たたんで収納していたものの……

 

これまでは、衣類は衣装ケースに収納するのが基本でした。家族それぞれの衣装ケースを用意して、ロンT、Tシャツ、ズボン……といったように、アイテムの種類によって引き出しで小分け。家族も特に不便はなく、生活していました。

 

でも主婦目線だと、これがちょっと面倒で。

 

  • 洗濯をたたむ時間がかかる
  • 家族の人ごとに衣類を仕分け
  • アイテム別に分類しながらたたむ
  • 衣類の出し入れで収納内が乱れる

 

時間もかかるし、なんか効率が悪い気がしていたんです。しかも子供って、1度着てみて「やっぱりやめた」って、こと多くないですか?(特に女子)。また衣類を取り出すのが下手で、1週間もすると引き出し内の洋服がぐちゃぐちゃになっていませんか?

 

 

これをチョイチョイ直すのも(直すよう言うのも)積もり積もるとなかなかのストレスなのです。

 

 

ハンガーでの収納にシフト!

「洗濯をたたまない収納」とは、ただ、衣類の収納スタイルを「ハンガー」に替えただけの方法です。

 

これまでは、衣類収納やタンスの引き出しにしまっていたトップス類を、ハンガーに変更してみました。

 

 

すると、これまでたたんでいた時間が一気に半減!ロンTやTシャツ、トレーナーにワンピース類は乾燥後、そのままクローゼット直行することができます。

 

洗った後に、ハンガーで干して、あとはかけるだけなので、かなりの時短!最初は楽すぎて感動しました。

 

 

 

場所、とならい?

この方法を試したいと思った時、衣類が収納に収まる枚数と、ハンガーにかけた時の枚数を想定して数え、最初は無理かなと思っていたのです。

 

  • ハンガーに変更する場所がない
  • たたんだ方がたくさん入るのでは
  • 模様替えして衣類が入りきらなかったら困る

 

でも我が家の場合は、シフト前の収納スペースとシフト後と、大きな変更はありませんでした。ただ家族の肌着、下着、パジャマ類だけはお風呂場収納に統合させ、その空いた分をハンガー収納に活かした感じです。

 

子供用のクローゼットとして利用したのは押し入れハンガー。

 

ただし押し入れハンガー系は、下の部分にバーがあるため収納が置きにくい悩みがあります。小さい子の洋服は、押し入れハンガーの高さがジャストですが、デットスペースを上手に使いたい場所はつっぱりタイプも便利です。

 

 

アイリスオーヤマハンガーラックは、つっぱりも強く、頑丈。今のところ落ちることはありません。

 

さらにスペースを有効活用したいなら、「T字」タイプの突っ張りパイプハンガーも。こちらも購入しました。

 

 

 

まとめ

洗濯ものを取り込み、たたむ時間帯って、主婦として忙しいタイミングではありませんか?子供の帰宅時間や夕飯の支度をはじめるなど、ついたたむのを後回しにして夜やったり、朝やったり……。

今回ハンガー収納にシフトしたことにより、私は洗濯時間をかなり時短!個人的な経験ですが、そこまでスペースも変わらず、実行できました。

 

子供たちも洋服を選びやすくなったとのこと。以前のように収納内がグチャグチャになることも少なくなり、衣類にシワができにくいメリットもありましたよ。

気になる人は、ご自宅のアイテム数と収納スペースを計算してみてはいかがでしょう。収納方法のハンガー化ができたら、とても楽ですよ。

 

 

関連記事