3~4ヵ月健診の赤ちゃんの服装は?持ち物や1日の流れもチェック

MIXろし子 MIXろし子 | 2019年03月31日

赤ちゃんが誕生して、いよいよ4ヵ月健診!どんなことをするのか、どんな服装でいけばいいのかなど、新米ママにはわからないことだらけですよね。今回は、実際に4ヵ月健診に行った私が、当時の体験を元に、健診に必要な持ち物や最適な服装、1日の流れをお話します。

 

赤ちゃんの服装はプレオールがお勧め!

4ヵ月健診の案内が届いたときに、私がまず1番最初に悩んだのは、赤ちゃんの服装でした。というのも、「健診、服装」で調べてみても、「前開きの服がいい」としか書かれていないサイトが多かったからです。

(余談ですが、“検診”ではなく、“健診”が正しい漢字です。)

 

 

前開きの服といっても、ドレスオールやコンビドレスなどさまざまな種類がありますよね。

 

出典:(チャックル) chuckle 北欧風 新生児 ツーウェイオール グレー 50-60cm P5527E-00-00

 

「もしかして、みんなおしゃれな服装で来るのかな?」

と不安になった私は、前開きの服でも赤ちゃんっぽくない、できるだけシンプルなデザインのものを探しました。

 

そこで見つけたのが、プレオール!

 

プレオールは、上半身のボタンが少なかったり、まるで上下がわかれているようなデザインになっていたりするものが多いのです。(※個人の見解です)

 

もちろん、前開きなので脱がせやすい!おしゃれで機能性抜群なプレオールは、健診におすすめです。

ちなみに、案の定みんなおしゃれな服装で来ていました(笑)。

 

 

持ち物はなにがいる?ベビーカーは必要?

 

健診に必要な持ち物は以下が基本。健診の案内通知書にも書かれているかと思います。

 

  • 母子手帳
  • 問診票
  • 保険証
  • オムツ(おしり拭きや汚物用のゴミ袋も)

 

その他、ママへのアドバイスとして、あると安心なものは次の5点です。

 

  • 抱っこひも
  • 着替え
  • おくるみやバスタオル
  • ミニサイズのガーゼハンカチ
  • 授乳ケープや哺乳瓶などミルク類

 

ベビーカーで会場まで向かう人も多いかと思いますが、待合室にベビーカーを持ち込めない会場も多いようです。建物内での階段移動や、人が多く動きづらいことを考慮して、抱っこひもを持参しておくと安心ですよ。

また、会場は大混雑しており、室内がかなり暑い場合があります。汗をかいてしまったとき用の着替えを用意しておきましょう。あえて薄着で行き、おくるみやバスタオルで温度調整するのも1つの手です。

 

健診は、かなり待ち時間が長いため、途中で赤ちゃんがお腹を空かせて泣き出してしまうこともあります。体重測定などもあるので、健診前に飲ませることはできませんが、どうしてもお腹が空いて家までもたない場合に、健診が終わった後すぐに飲ませられるよう、授乳の準備をしておくことをおすすめします。

 

 

どんな健診をするの?1日の流れ

 

自治体により、健診内容はさまざまかと思いますが、主な健診内容は以下のとおりです。

 

  • 身長、体重、頭位などの測定
  • 首のすわり具合の確認
  • 聴力、視力の検査
  • 手や足、股関節の動きの確認
  • 歯が生えているかどうかの確認

 

健診後に、保健師との面談時間が設けられています。子育ての悩みや、不安なことがある人は、そこで相談してみてくださいね。

 

ご参考までに私の地域では、首すわりが遅い赤ちゃんは、来月もう1度健診に来るように、保健師から声をかけられていました。子どもの成長スピードはさまざまなので、もしも声をかけられても、あまり不安にならずに、ゆっくりと見守ってあげてくださいね。

 

 

健診はどれくらい時間がかかる?早めに行くのが吉!

 

健診自体は、2~30分程度で終わります。

しかし、

とにかく待ち時間が長い!

待ち時間を含めると、1時間半~2時間ほどかかる場合もあります。

 

4ヵ月健診は、大体どの地域でも大混雑しているようです。私が受けに行ったときも、少子化とは思えないほど大混雑していました。

 

少しでも早く終わらせたいのであれば、とにかく早めに行くことをおすすめします。私は30分前に行きましたが、その時点で30番目でした。健診が始まる10分前になると、待合室は大混雑!30番目の私ですら、ひと通り終わるまでに、待ち時間を含めて1時間半程度かかりました。

 

赤ちゃんもいることですし、なにかとトラブルが発生するおそれもあります。健診は、時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

 

 

まとめ

初めての大規模な健診に、ドキドキしている人も多いかもしれませんね。

とにかく、案内通知文書に「絶対に持って来て!」と書かれている物さえ忘れなければ、なんとかなります。

あとは、健診後に待ち構えている保険や習い事の勧誘には気をつけて!興味がない場合は、きっぱりと断りましょう。

この「はじめての3~4ヵ月健診体験」が、同じような”はじめてのママ”の参考になり、誰かの気持ちが少しでも楽になれれば嬉しいです。

 

関連記事