結婚・出産・育児「労働ブランクが怖い……」男にはわかるまい!

ぽい♡ずん ぽい♡ずん | 2019年05月29日

結婚や妊娠出産をきっかけに、お仕事を辞めた女性、いるわよね?育児休暇をとって、そこまで時間が経たないうちに復職するママもいれば、そのまま子育て生活に入り、一旦、社会とは離脱した時間を過ごす人もいる。ママたちの中には、社会生活のブランクで「働くのが怖い……!」なんて気持ちになる人も。そんな女性の環境・心境・体の変化を追いながら、つぶやいてみたわ。

 

結婚後の生活の変化

 

独身時代は、自分のことだけを管理していればよかったのよ。でも結婚すると、自分以外の生活にもアンテナを張るようになるわよね。生活ペースも合わせなければならないから、女の生活は『結婚』によって激変するの。

「働かなくていいなんて、うらやましい」。

働き続ける義務を背負う夫たちの声もわからなくはないけれど、もし、自分が妻(主婦・母)という生活に身を投じる機会があるとしたら、大半の男性は嫌がるんじゃないかしら。

 

  • 時間:常に家族のペースに合わせて自分が動く
  • お金:家族や生活費が優先、自分は後回し
  • 心:養われているという、「罪悪感」

 

脱社会人で「ホッ」とするのは一瞬。

わりとすぐ、仕事が恋しくなる女もいる!

 

 

妊娠・産後 体の変化

 

妊娠と出産を経た女性の体は、いろいろ変わっているのよ。

 

  • 眼精疲労:なぜか目が疲れ、視力も低下する(ぼやける)
  • 立ちくらみやめまい。ふわふわした感じが抜けない
  • 睡眠不足による集中力の低下
  • 肩こり腰痛の慢性化
  • 耳鳴り
  • 体重増加による疲労感
  • 体型の変化(これはかなりのストレス)
  • 疲れやすくなった
  • 体質が変わる:肌荒れ、湿疹、花粉症、鼻炎を発症

 

日常生活を送るのがやっとな状態が続くのに、家族の生活管理や赤ちゃんのお世話と多忙な日々。体調不良や心労は、積み重なるばかりでなかなか癒えないの。そんな悪循環になったら、本当にしんどいものよ。

 

気持ちは働きたくても、

実際、体が辛すぎるという本音。

時とともに体調は戻るものだろうか……

 

 

子育て中の生活

 

子供が赤ちゃんの頃は、ママは1日中、独り言で終る日もある。「おはよう」「おむつかえるね?」と、喋るには喋るものの、当然、会話は成り立たない。

子供が少し大きくなって、お話しができるようになっても、会話の内容は狭いシーンでのやりとりよね。見るテレビも子供番組やアニメが多くなり、情報網も狭くなるから、世間からちょっと逸脱したような気になってくる。

対大人とのやりとりで、ママ友との会話はあっても、それはビジネスシーンとはまた違う感じだし。メールやLINEがメインになった世の中なので、「電話」の機会もめっきり減るのよ。

 

あれ?もしかして私、

社会人に必要なスキルが

色あせている気がしない?(不安)

 

 

お仕事のブランクへの恐怖

 

独身時代とは違って、意識する家族が増えると、それだけでも注意力散漫になるものよ。

それに加えて、体質の変化も抱えるし、体力とスキルの低下も痛感している。年齢的に能力が停滞するタイミングでもあるので、わりと「自分はできない女……」と、自信喪失するママもいるのよね。

 

だから、子育てが一段落し、仕事ができる環境になっても、社会人生活のブランクに躊躇してしまうママがいるの。

 

  • 私、ちゃんと「言葉」を話せるかしら?
  • すごくおっちょこちょいになったけど、仕事できるかしら?
  • 家の事、家族のこと、そして仕事。時間の管理できるかしら?
  • 子供だけと接してきたから、人間関係のストレス大丈夫かな?
  • メールやLINEばかりだったから、仕事の電話に出られなさそう…

 

数えれば切りが無い不安が、心に広がってくると、もう「恐怖!?」。

男は簡単に「子育てが一段落したのなら、働けばいい」とか言うけれど、そんな女達の心境、わからないんだろうな~。

 

男が思うより、女は大変なのよ!

 

 

働く意思に拍手!

 

今、この記事を最後まで読んでくださったアナタは、多分お仕事を再開させることに不安を抱いているのかもしれない。でも、それは「働く意思」があるということ!まずはその段階でも拍手だと思うわ。

 

女は根の強い生き物だから、母親の多くは、妊娠出産を経ても仕事をしているわよね。それが当たり前の世の中になっているから、男も当然と感じてしまっているけれど、そんなことはない!

 

今、ガンガン働いているお母さんたちだって、久しぶりに仕事復帰した時は、心のどこかでドキドキしていたはず。きっとみんな、大なり小なり、不安を抱えながら社会生活に返り咲いたのだと思うの。

 

一度離れた社会生活に戻るのは、最初はいろいろ大変かもしれないけれど、最初の一歩さえ踏み出してしまえば、あとは絶対に慣れる!

 

きっと大丈夫だから頑張って!!

 

最後に。

だから声をにして言いたいのよね……。

 

 

いろいろなブランクを背負って女は働きに出るのだから、夫はもっと寛容であるべきよ。心のケアや、家事への妥協とサポートを、心からしてあげても、いいんじゃないの!?っと。

 

世の夫たちよ、

「大きな子供」なんて

言われている場合じゃない!

どうぞ、妻を大切に♡

 

関連記事