ハッカ油が万能すぎる!簡単「虫除けスプレー」の作り方

ハナザワ ハナザワ | 2019年07月13日

夏はイベント盛りだくさん!海やキャンプなどのアウトドアを120%楽しむためにも、「蚊」と「暑さ」対策は万全にしておきたいですよね。ハッカ油は虫よけや暑さ対策、他にも掃除やバスタイムなど幅広く使える優れもの!そんなハッカ油の魅力をお伝えします。

ハッカ油とは?

 

 

ハッカ油は、しそ科のハッカソウという植物を乾燥・精製した油のこと。

スーっと爽快感のある香りが特徴です。

 

ハッカソウはミントの仲間でもあることから香りも似ており、すっきりした香りが好きな人には特におすすめ。

ムシムシとした夏の暑さを吹き飛ばしてくれますよ。

 

 

どこで買えるの?

 

以下にご紹介するハッカ油でしたら全国の薬局・ドラッグストアなどで、季節を問わず手軽に購入できます。

 

 

通常の精油(アロマオイル)ですと、専門店やネット等でないと買えないものが多いですよね。それに対して、ハッカ油は気軽に買えるのが嬉しい。お値段もお手頃です。

 

こちらのハッカ油も筆者おすすめ!

 

 

デパートの催事などでもよく見かけます。透明な瓶に昔ながらのレトロなデザインが特徴。

サイズもお家用から携帯サイズまで様々で、なんと飲むことも可能なんです。

※飲料の香料として、ごくごく少量を使用する程度です。

 

ハッカ油は他にも様々なメーカーから販売されているので、ご自身にあったものを探してみて下さいね。

 

 

ハッカ油で虫除けスプレーを作ってみよう

 

暑い夏、避けて通れないのが「虫刺され」。

嫌ですよね~掻けば掻くほど痒くなり、せっかくの外遊びも台無し!

 

ハッカに含まれるメントールは、蚊やブヨなどの虫に対して忌避効果があるとされています。さらにハッカは天然由来成分なので、小さなお子さんにも安心して使うことができます。

以下に紹介する虫除けスプレーは、5分もあれば出来ちゃうので、試してみてはいかがでしょう?

 

■材料は以下の通り↓

  • お好きなハッカ油 5~10滴
  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水(水道水でも可能) 90ml
  • スプレー容器(100円ショップ等でも購入できます☆)

 

■作り方

①空のスプレーボトルに、無水エタノールとハッカ油5~10滴を入れ、混ぜます。

②精製水または水を入れキャップをしめ、よく振って混ぜれば完成。

 

作ったものは涼しいところ、もしくは冷蔵庫で保管し、なるべく1週間程度に使い切りましょう。

手軽に作ることが出来るので、こまめに新鮮なものを作ったほうが衛生面でも安心ですね。

筆者は4人家族ですが、虫除けスプレーは家族みんなが使うので、知らぬ間に空っぽになっていることも。

ハッカ油を1本常備しておけば、気づいたときにすぐに作れるので助かります。

 

 

効果は?

 

 

筆者が実際にスプレーを作ってみて、使用してみた感想です。

 

■市販の虫よけスプレーよりは効果が低い

オイルの量を足せば効果は上がるのでしょうか?

上記の作り方だと、2、3時間おきにスプレーしなおしたほうがよさそうです。

 

■スプレーする度、スース―して気持ちいい

効果は市販のものに比べたら弱いのは否めませんが、スプレーする度、体感温度が下がるようで気持ちいいです。

 

■子どもにも安心

「市販のスプレーは独特のツーンとするニオイが苦手!」という方も多いですよね。

あと万が一、口や目に入った場合はどうなんだろうと心配にもなりますが、ハッカスプレーは天然由来成分なうえ、手作りなので安心して使えます。

 

 

ハッカ油、こんな使い方も☆

実は虫よけ以外にも、こんな使い方があるんです!

 

 

■ハッカアロマ

通常のアロマオイルと同様に、アロマポットで焚くことができます。

ミントのようなすっきりした香りがお部屋一面に広がりますよ。

 

■お風呂に入れて

お湯をはったバスタブに数滴たらすと、清涼感をもたらします。

お風呂上りもエアコン要らずですっきり爽やか。

ハッカ油の量はお好みで調節してください。ただし、入れすぎるとお肌に刺激が生じる場合があるのでご注意くださいね。

 

■センスやうちわにひと吹き

アウトドアなどエアコンがないところでは、扇子やうちわにシュッとひと吹き。

爽やかな風が暑さをやわらげてくれます。寝苦しい熱帯夜にもおすすめです。

 

■お掃除に

雑巾を絞る際、ハッカ油を数滴しみこませます。

そのままフローリングや畳を水拭きすればすっきり爽やか!床の殺菌効果も期待できるので一石二鳥です。

 

■ゴキブリ対策

そもそも虫は、ミントやレモングラス、ラベンダーなどの強い香りが苦手なようです。

ハッカ油をしみこませたコットンなどをキッチンや水回りに忍ばせておくと、ゴキブリが逃げていくそうです。

クローゼットや押し入れにもハッカ油の香りを漂わせておけば、防虫効果も期待できるかも!

 

■汗拭きシートのように

バットに水とハッカ油を数滴たらしたら軽くかき混ぜ、そこにタオルを浸してからよく絞ります。

ジップロックなどに入れて冷凍庫で30分ほど冷やすと、キンキンに冷えた冷タオルの完成。

火照った体をクールダウンして、汗の防臭効果も期待できそうです。

 

■眠気覚ましにも

集中しなきゃいけないのに頭がぼーっとする…そんな時はハンカチに1滴、オイルを垂らして吸い込みましょう。

鼻から脳に向かって突き抜けるような爽快感で、頭がすっきりします。

 

 

ハッカ油を活用して快適な夏休みを♪

 

 

1度使ったら手放せなくなること間違いなしのハッカ油。お気に入りの使い方は見つかりましたか?

この夏も、ハッカ油は筆者のマストアイテムになりそうです。

ここでご紹介した以外でも、工夫次第で色々なシーンで活躍してくれそうですよね。

一家に1本、この夏のお供にいかがでしょうか?

 

※こちらで紹介した虫よけスプレーなどを使用する場合、肌の弱い方は使用前に必ずパッチテストを行うか、医師に相談の上ご使用ください。

 

関連記事