CAさん直伝!出し殻で作るコーヒースクラブでお肌もセルライトもケア

Maco.K Maco.K | 2019年06月27日

お家にあるもので簡単に作ることができるコーヒースクラブをご存じでしょうか?捨ててしまうはずのコーヒーがら、なんと美容に役立ちます!美意識の高い友人のCAさんに教えてもらったコーヒースクラブの作り方をはじめ、使用方法や効果効能をご紹介します。

コーヒースクラブの美容効果

 

コーヒースクラブは、細かく挽いたコーヒー豆とオイルをベースに、使用目的やご自身のお肌に合わせてカスタマイズできる手作りコスメです。
フェイシャルケアにはもちろん、セルライトケア、においが気になる足先の消臭ケアなど、全身に使うことができます。

 

フェイシャルケアに

コーヒーの細かな粒が古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを整えることで美肌効果が期待できます。くすみや肌のざらつきが気になる方に。

 

セルライト除去・ボディの引き締めに

コーヒーに含まれている成分、カフェイン・クロロゲン酸には、脂肪燃焼効果があると言われています。セルライトが気になる部分のマッサージに活用し、老廃物の排出・引き締めを促しましょう。

 

足先の消臭ケアに

コーヒー粉は、家庭用消臭剤として使われている活性炭の5倍の消臭力があると言われています。気になる足先の消臭ケアや、年々気になるかかとの角質ケアにも活用できます。

 

 

作り方

 

基本のコーヒースクラブの作り方です。

お家にあるものや、お肌のコンデションに合わせてアレンジしてみてください。

 

基本レシピ

コーヒーがら:ココナッツオイル:砂糖=1:2:1

 

① コーヒーがらはできるだけ細かく挽いてあるものを使用しましょう。
② 乾燥しているコーヒーがらは、一度湿らせてふやかした状態に。
③ すべての材料を混ぜ合わせます。

 

上記の比率にお好みでプラスアレンジ

  • ハチミツ適量

殺菌作用保湿性を高める効果が期待できます。

 

  • 砂糖→塩

ベースの砂糖を塩で代用することも可能です。脂性肌の方や、ニキビ予防として使用する場合、殺菌作用のある塩ベースがおすすめ。敏感肌の方は、刺激の少ない砂糖ベースが良いでしょう。

 

  • ココナッツオイル→オリーブオイル

ココナッツオイルには、抗菌作用を持つ成分であるラウリン酸が多く含まれています。ニキビケアや肌トラブルの防止におすすめですが、ココナッツオイルがお家にない場合、他の植物オイルでも代用可能です!

 

  • ココナッツオイル→ヨーグルト

脂性肌の方や、オイルのテクスチャーが気になるという方は、ヨーグルトで代用!

 

 

使用方法

 

①毛穴が開き、お肌が柔らかくなった入浴後などに使用してください。
②強く擦らないよう、お肌に優しく伸ばしていきます。顔や首回りなどお肌が薄い箇所は傷つきやすいので、十分注意してください。
④ コーヒースクラブを塗った状態で5分程置きます。
⑤ コットンやタオルなどで、スクラブを優しくふき取ります。
⑥ いつも通り洗顔し、保湿ケアも忘れずに。

 

 

使用する際の注意点3つ

 

パッチテストは必ず!

お肌に合わない場合があるので、必ずパッチテストをおこなった上で、使用を検討してください。

 

排水溝の詰まりに注意!

浴室で使用の際、そのまま洗い流してしまうとコーヒーがらが排水溝に詰まってしまう恐れがあります。

使用後はコットンやタオルでスクラブをしっかり拭き取るか、排水溝が詰まってしまわないよう、ネットを張っておきましょう。

 

使用目安は厳守!

使用は週1~2回程度が目安です。使用しすぎるとお肌を傷めてしまう恐れがあります。

 

 

コーヒーの香りに包まれてプチホームエステ

 

コーヒースクラブは身近なもので簡単に、いつからでも気軽に始められる美容法です。

コーヒーかすを捨ててしまうその前に!ぜひ一度、お好みのスクラブを手作りしてみてはいかがでしょうか。

優しいコーヒーの香りに癒されながら、プチホームエステが楽しめますよ。

 

 

 


 

【追記】今回「salvia」からの資料提供の依頼に快諾いただき、出典してくださった 方(instagram)です。楽しい画像があるので、ぜひ訪問してみてくださいね。

ご協力、誠にありがとうございました。

upcycle.jp(Instagram):アップサイクルジャパン 

 

 

関連記事