調味料不要でメイン料理が作れる!?味付き「サバ缶」の簡単レシピ♪

Maco.K Maco.K | 2019年07月07日

今日の献立、決まっていますか?メイン料理がどうしても思いつかない…今日は何だかやる気が出ない…そんな日にもおすすめの、味付サバ缶を使った簡単レシピをご紹介!サバ缶の種類や野菜を変えるだけでレパートリーも広がるので、ぜひ参考にしてみてください。

味付サバ缶+お好み野菜で簡単メイン

サバ缶と一口に言っても、水煮・味噌煮・味付をはじめ、オリーブオイル漬けのゆず塩味やレモンバジル味など、近頃ではさまざまなサバ缶商品が販売されています。

中でも調味料を使わずしっかりとした味わいに仕上げてくれるのが、どこのスーパーでも手軽に手に入る味噌煮缶

まずは味噌煮缶とほうれん草を使った、基本となるメインレシピをご紹介します。

 

基本レシピ

 

材料(2人分)

  • サバの味噌煮缶
  • 小松菜1.5~2把

 

 

手順

 

①小松菜を4等分に切ります

 

②お鍋に切った小松菜と味噌煮缶を入れます

 

③弱めの中火にかけ、蓋をします

 

④小松菜がしんなりしてきたら、混ぜ合わせて完成!

 

ポイント

  • 一度冷ましておくと味がしっかりと染み込みます
  • 濃い目の味付けがお好みの方は、粉末出汁やお醤油を少しプラスしてもOK

ほかの野菜でも

火の通りやすい小松菜であれば、味噌煮缶の旨味もしっかり染み込み、簡単時短

程よく水分のある小松菜は、しっかりした味付けの味噌煮缶と相性が良く、おすすめの組み合わせです。

しかし小松菜に限らず、ほかの野菜と組み合わせて応用することもできるので、お家にある野菜やお好みの野菜を使って手軽に調理できますよ。

合わせやすい野菜や食材をピックアップしたので、参考にしてみてください。

 


メイン料理に

  • 味噌煮缶+大根=大根の煮物を手軽に
  • 味噌煮缶+茄子=ご飯に良く合う!麻婆茄子のような味わい
  • 味噌煮缶+白菜=しっとり柔らかな白菜は、味が良く染み込みます

おつまみに

  • 味噌煮缶+長ネギ=ビールもご飯も進みます
  • 味噌煮缶+こんにゃく=低カロリーのおつまみに

 

 

レパートリー自由自在!和食にも洋食にも

和の味わいだけでなく、イタリアン風やフレンチ風にも!

種類豊富なサバ缶を使いこなして、ジャンルを問わずレパートリーを広げてみましょう!

 

イタリアン風

レモンバジル味 +トマト

 

パンやパスタに合わせて簡単イタリアン!

 

フレンチ風

オリーブオイル漬け+ジャガイモ

 

チーズをかけて、オーブンで手軽にチーズ焼き!

 

メキシカン風

パプリカチリソース味 +トマト+玉ねぎ+大豆

 

ピリッと辛いタコスやタコライスの具材に!

 

栄養たっぷりの煮汁まで余すことなく使える!

 

骨や皮までまるごと食べられるサバ缶は、栄養価が高いことでも以前から注目されています。

鯖に含まれる栄養価の中でも、中性脂肪を下げる効果が期待できるDHAや、血液をさらさらにしてくれるEPAは、水に溶けやすい性質を持っているので要注意!

DHAやEPAは煮汁にこそ、たっぷりと含まれています。

ご紹介したレシピでは煮汁まで余すことなく活用するので、しっかりと栄養を摂ることができますよ。

 

 

手間隙をかけない日も必要

 

長期保存可能で、いざと言う時に便利なサバ缶。

味付サバ缶なら細かな味付けも不要で、簡単にメイン料理が完成します。

今回ご紹介した基本レシピを参考に、ぜひ自分流にアレンジして、お手軽レパートリーを増やしていってください!

 

関連記事