実録・エアコンクリーニングをプロに頼んで超スッキリ!!

Bacchus Bacchus | 2019年07月15日

蒸し暑い日や急に気温が上がる日などが増え、冷房を使い始めたご家庭も多いと思います。わが家ではエアコンをつけた時のニオイと内部の汚れが気になったので、今年はプロのクリーニング業者さんにエアコン掃除を依頼してみました。結果は、頼んで大正解でした!!

 

エアコンの汚れが気になる!

 

暖房から冷房に切り替えて、久しぶりにエアコンを使い始めたある日。

ふと気がつくと、洗濯槽のカビの様な大きなホコリがいくつか落ちていました。

よく見てみると・・

え?エアコンからカビが降ってきている?!

 

 

フィルター掃除など手が届く範囲のお掃除はしていましたし、エアコン専用のクリーナーも使ってこまめに手入れをしていたつもりだったのですが、もう十数年使っているエアコンですので内部に汚れが溜まっているのかもしれません。

 

エアコンのカビを放置しておくと、咳が止まらないなどの症状が出ることもあるのだとか?!

急遽、インターネットでエアコンのクリーニング業者さんを探し作業を依頼しました。

 

 

プロのお仕事!!

 

 

作業は大きなブルーシートを敷いてから始まります。

 

高圧洗浄機・洗浄用の水を入れる桶・排水用のバケツ・洗剤・脚立などなど道具がたくさんあるので、業者さんが来る前にエアコンの下にスペースを作っておくと作業がスムーズに進むと思います。

 

また、汚れる心配はまず無いとは思いますが、大切なインテリアなどは除けておいた方が無難です。

 

 

 

エアコンカバーやフィルターなどを取り外してからエアコンの周りをビニールで養生します。

それから、エアコンの「フィン」と呼ばれる金属部分にエアコンクリーニング専用の洗剤を付けて、高圧洗浄機で洗い流していきます。

 

 

フィンは空気の熱交換をする大切な部分なのですが、汚れがとても溜まりやすいのだそうです。

養生したビニールをつたって、茶色く濁った水がどんどんバケツに溜まっていきました。

その汚さは想像以上で、この汚れを通した空気の中で過ごしていたのかと思うとゾッとしました!!

 

 

内部までピカピカに!

 

作業工程は全部で2時間ほどでした。

吹き出し口に点々と付いていたカビも無く、きれいでピカピカです。

 

 

水洗いできるフィルターやカバーもお風呂場で丁寧に洗っていただき、最後にエアコンの動作確認をして終了です。

 

内部を乾燥させるためにしばらくの間送風状態にしたのですが

「風が超気持ちいいっ!!」

 

今年の夏はかなり快適に過ごせそうです。

 

業者さんが「注意すれば自分でもお掃除できるんですよ。」と教えてくださいました。

しかし、センサーや電子基板部分に洗浄液や水がかかるとエアコンが故障したり、最悪の場合火災が発生する恐れもあるそうですのでやはりプロの方にお任せした方が安全・安心だと思います。

 

それにプラスして、丁寧かつスピーディなお仕事ぶりは「私にはとても真似できない!」

と感じました。

 

 

感想「もっと早く頼めばよかった!」

 

 

内部の汚れが無くなったため、エアコンをつけた時に嫌なニオイがしなくなり、風力も勢いが良くなりました。

効率的に空気を循環できるようになったので電気代の節約にもつながりそうですから、長い目で見てお掃除を頼んで良かったと思います。

 

クリーニング料金ですが、今回は千葉県でオープンしたばかりのお店に依頼したので、サービス価格で6,980円でした。

 

いろいろ検索してみましたが、壁掛けタイプ1台で8,000円〜12,000円 が相場の様です。

 

※防カビ剤や室外機清掃などのオプションが付いている業者さんもありますから「この価格より高い業者さんはNG!」ということではありません。

 

また、最近人気のお掃除機能や内部クリーン機能が付いた高性能系エアコンは、お掃除方法が異なり料金も変わってくるそうですので、作業を依頼する前に業者さんによく相談してみてくださいね。

 

 

普段のエアコンのお掃除は、この様な方法がありますよ。

 

梅雨前に!自分でエアコンクリーニングする時のポイント5つ

https://wg-salvia.com/archives/26454

エアコンはシーズン前に試運転を!でも何をしたらいい?

https://wg-salvia.com/archives/12744

関連記事