捨てないで!豆乳飲料等のアルミ付き紙パックはリサイクル可能だよ☆

ハナザワ ハナザワ | 2019年07月19日

皆さんのご家庭では、飲み終えた豆乳飲料などのアルミ付き紙パック、どうしていますか?牛乳パックと違い、リサイクル方法が分かりにくいアルミ付き紙パックですが、実は案外簡単にリサイクルすることが出来ます。美味しく飲んで、地球にやさしくリサイクル♪

テトラパックについて

 

豆乳や子ども用の紙パックジュース、紙パック入りのスープやパスタソースなど、裏側にアルミ加工がされていて以下のマークがある紙パックを、テトラパックと呼びます。

 

 

アルミ付きパックは常温で長期保存が可能という特徴があり、家庭でのストックだけでなく、被災地や発展途上国への流通にも有効ということで注目されています。

しかし、牛乳パックと比較して流通量が少なく、特殊な加工が施されていることなどから、

 

●再利用方法を知らない

●再利用できないと思っていた

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

アルミ付き紙パックのリサイクル方法

 

 

豆乳飲料など、アルミ付き紙パックをリサイクルする方法は、以下の2つ。

 

①テトラパック回収ボックスのあるスーパーに持っていく

店頭回収を行っている回収拠点は、以下のサイトから検索することが出来ます。

アルミ付き紙容器の回収拠点等検索

主に都心部を中心に、スーパーや生協で回収を行っているようですが、地方ではまだまだ回収拠点は少ないようです。

回収方法は牛乳パック同様、飲み終わったパックを洗って開いて乾かし、ストローのビニルやキャップなど不要な容器包装を外したら、店先の回収ボックスへ入れるだけ!

 

②テトラパックリサイクル便で送る

上記活動拠点リストにお近くにお店がない場合は、リサイクル便を活用してみましょう。

以下のリンクから会員登録(無料)を行い、必要事項を入力すれば回収箱を送ってもらうことが出来ます。

テトラパックリサイクル便

 

なお、回収箱の取り寄せやアルミパックを送る費用などは一切かかりません。

次の章ではリターンボックスの使い方をご紹介します。

 

 

テトラパックリサイクル便を利用してみた

 

↓このような箱が、注文から1週間くらいでポストに投函されて届きました。

 

こちらの宛先や返送先などの情報は、全てコンピューターで印刷済みの状態で送られてくるので、情報などをこちらで書き足す手間は一切なし!

 

↓このマークが目印。

 

↓開封前↓

 

厚みは2㎝弱。

「こんな薄い箱にアルミパック入るのか!?」と不安になりますが、開封してみましょう。

 

↓丁寧に説明してくれるので手順に従います。

 

↓開けたら大きくなった!!!!

 

まるで玉手箱。手品のよう!

思わず「おお!」と歓喜の声を上げてしまいました。

 

この箱考えた人天才!

 

↓横からみた図。

 

ほらほら、こんなに大きくなりましたよ~。

 

↓中に同封されていた説明書。

 

箱の組み立て方が丁寧に書かれてます。

 

↓ここにアルミパックを詰めていきます。

 

↓どどん!

 

溜めすぎたアルミパック。
これ全部収まりきるだろうか、不安です。

 

↓洗って乾かして、1枚1枚開きましょう。

 

モノグサですいません。開き方が雑です。

 

↓気を取り直して。

 

2枚1組でツガイにしていくことによって、スペースの無駄がなくなります。

 

↓あちゃ~やっぱり溢れた。

 

上から押さえこんで、一気にフタしちゃえば大丈夫!

ちなみに枚数を数えてみたところ、ピッタリ50枚ありました。

つまり50本も飲んだんだ、私。

50リットルも飲んだんだ、私。

 

↓フタを閉めたらテープで固定します。

 

そのまま郵便局やコンビニに持ち込めばこれで作業完了。

作業時間は10分程度、ハサミもカッターもいらず、使用したのはガムテープのみでした!

 

 

回収品はどうなるの?

資源回収されたアルミパックは、どのようにリサイクルされるのでしょう?

ホームページの情報によると、回収されたアルミパックは牛乳パック同様、トイレットペーパーなどに生まれ変わるようです。

 

 

あんなに固く頑丈なアルミパックが、柔らかいトイレットペーパーに生まれ変わるなんて!

なんだか不思議ですね!

 

 

限りある資源を大切に

 

 

今までリサイクルの方法がわからず、可燃ごみでとして捨てていたアルミパック。

少なからず罪悪感があったのですがリサイクルできる方法を知り、これで後ろめたさなく豆乳やアルミパック飲料を飲み続けることが出来そうです。

捨ててしまえばただのゴミ、再利用すれば貴重な資源。お子様と一緒にリサイクル方法を話し合えば、エコ教育にもなりますね♪
皆さんのご家庭でも地球にやさしい暮らし、始めてみませんか?

 

以下もご参考までにどうぞ☆

 

・牛乳パックのリサイクル方法などに関してはコチラ↓

全国牛乳容器環境協議会

・ベルマーク運動に関してはコチラ↓

ベルマーク教育助成財団

関連記事