安い・簡単・腹持ち良し!食欲そそるピリ辛こんにゃくレシピ

Maco.K Maco.K | 2019年08月08日

腹持ちが良く、コストパフォーマンスの高いこんにゃくは、食べ盛りのお子さんがいるご家庭や大食漢のご主人がいるご家庭でも大活躍のおすすめ食材!こんにゃくを使った簡単副菜レシピをはじめ、こんにゃく独特の臭みを解消する下処理方法もご紹介します。

材料は1つだけ!?

 

材料

  • 板こんにゃく   1枚

 

調味料

  • しょうゆ   大さじ2
  • ごま油           適量
  • 一味唐辛子      適量

 

材料も至ってシンプルな、ピリ辛こんにゃくの基本レシピをご紹介!

冷蔵庫にこんにゃくさえ常備しておけば、腹持ちを考えたい日の副菜にはもちろん、即席レシピとしても重宝しますよ。

ピリッとした辛さが苦手な方やお子さんがいらっしゃるご家庭では、一味唐辛子を鰹節や青のりなどに変えて作ってみてください。

 

 

こんにゃくをカット

 

まずはこんにゃくを5mm程度の幅に切ります。

5mm幅に切ったものをさらに三等分し、棒状になるよう細切りにしてください。

こんにゃくは味が染み込みにくい食材なので、細切りにしておくことで味が染み込みやすくなります

 

 

フライパンで炒めるだけ!

 

中火でフライパンを温めたら、こんにゃくを乾煎りして水分を飛ばします

きゅっきゅっと音が鳴り始めたら水分がしっかり飛んだ合図

しょうゆ大さじ1を回しかけて、しょうゆの水分が飛ぶまで炒めましょう。

さらに残りのしょうゆ大さじ1・ごま油を回しかけて、ごま油の香りが立ったら一味唐辛子を加えて完成です

 

 

プラス◯◯でオリジナルレシピを楽しむ

 

シンプルだからこそ応用もしやすく、お料理が苦手な方もお家にある食材を追加するだけで、簡単にオリジナルレシピが楽しめます

メニューの幅が広がるだけでなく、自分流レシピが生まれると、お料理がより一層楽しくなりますよ。

我が家で人気のプラスアレンジをご紹介します!

 

おつまみに人気

+ネギ

+ピーマン

+えのきやエリンギなどのきのこ類

 

ごはんのお供に人気

+ちくわ

+さつまあげ

 

 

下処理の一手間でより美味しく!

 

今回ご紹介したレシピでは、乾煎りして水分を飛ばすことで下処理の手順を省いています。

しかし下処理の一手間を加えることで、臭みやアク抜きのほか、余分な水分が抜けて味が染み込みやすくなるというメリットも。

こんにゃくは切ってから下処理をおこなうと、臭みがより抜けやすくなります

お時間のある際はぜひ、下処理の手順を加えて作ってみてください!

 

①適量の塩をこんにゃくに揉み込み、10分程度置きます。

②こんにゃくから水分が出たら、塩をしっかりと洗い流します。

③沸騰したお湯で3〜5分程度茹でます。

④ザルにあげて粗熱を取ります。

 

 

ごま油の風味と一味唐辛子のアクセントがマッチしたピリ辛こんにゃくは、材料も作り方もシンプルな簡単レシピ

基本レシピを参考に、冷蔵庫の余り物を活用したり自分流のアレンジを楽しんだりしてみてください。

野菜やお肉など、組み合わせは自由自在です!

 

関連記事