雪見だいふくのアレンジレシピ。簡単スイートポテトを作ろう!

なっつ なっつ | 2019年08月15日

もちもち食感が特徴のひんやりアイス、雪見だいふく♪そのまま食べても十分美味しいですが、そんな雪見だいふくを使い、一風変わった方法でスイートポテトを作ってみませんか?作り方はとっても簡単!お子さまと一緒に親子で作るのもおすすめです!

 

 

作るのに必要な材料は5つ

 

少し前までは、秋冬限定で販売されていた雪見だいふく。しかし2018年より通年販売になり、オールシーズン手に入るようになりましたね!

そんな雪見だいふくを使用した、スイートポテトの簡単レシピです♪

 

早速材料のご紹介から。必要な材料はこちらです。

 

 

 

 

  • さつまいも:1本 

※大きさは問いませんが、~400g程度をおすすめします。今回は正味400gを使用しています。

※400g使用の場合、完成時にはお芋感がやや強い味となります。お好みの量を用いてください。

 

  • 雪見だいふく: 1個or2個

※2個使用した場合はバニラ風味が強くなり、やわらかい食感になる一方で、生地がゆるくなるため成型時に扱いにくくなります。お子さまと作る場合や生地が手にまとわりつくのが苦手な方は1個をおすすめします。

今回は1個使しています。

 

  • 砂糖 :大さじ3〜5杯

※お好み量をお使いください。大さじ3杯使用の場合は甘さ控えめの味になります。

今回は大さじ3杯を使用しています。

 

  • バター :15g

※おおよその分量で大丈夫です。

 

  • 卵黄: 適量 (ツヤ出し用)

 

 

必要な材料は以上です!

もちもち食感のアイスが全く別のスイーツに生まれ変わるなんて、想像もつきませんよね。

それでは早速作り方を見てみましょう。

 

 

クッキングスタート!手順のご紹介♪

 

①、さつまいもを洗い、皮をむいて厚さ1cmくらいの半月切りにし、水にさらします。

 

②、①を水から茹で、竹串がスッと通るくらいの柔らかさになったら水を切ってボウルに移します。

 

 

 

 

③、熱いうちにマッシャーなどで②を潰し、バターと砂糖を加えて混ぜます。

※舌触りをなめらかにしたい方は、ここでひと手間!バターと砂糖を加える前に裏ごししましょう♪

 

 

 

④雪見だいふくを耐熱容器に入れ、フタやラップをせずに電子レンジで500w、1分温めます。

※2個使用の場合は1分30秒程度温めます。

※お使いの機種によって加熱時間を変更してください。

 

 

 

雪見だいふくをレンジで温めるとおもちがもくもく膨らんで…

このようにトロッとした液体状になり、バニラの香りがふわっと広がります。

 

 

 

⑤④を③へ加え、さらに混ぜます。

 

 

 

 

⑥粗熱が取れたら成形します。

 

 

 

⑦表面に卵黄を塗ります。

 

 

 

⑧トースターで焼き目をつけて完成!

※今回はトースター用のトレーに、くっつきにくいアルミホイルを巻いて焼きました。ご家庭でお使いの機種に応じてご用意ください。

 

 

 

あっという間に完成です!

 

とっても簡単かつスピーディにスイートポテトが完成しました♪

 

 

出来立てをすぐに食べるのももちろん美味しいですが、粗熱を取って冷蔵庫で冷やして食べるのもとっても美味しいです!

雪見だいふくを1個歯科使用していない場合は、余った雪見だいふくを添えて食べるのもおすすめです。

また、しばらく寝かせた場合には、食べる直前に温めなおすと出来立てのホクホク感が復活しますよ!

 

 

スイートポテトは色んなシーンで大活躍!

 

簡単スイートポテトはお子さまのおやつやパパ・ママの間食、食後のデザートにもおすすめです。

 

 

また、和・洋ともに相性のよいスイートポテトは、組み合わせ次第でさまざまな味わいを楽しめます。

飾り付けなどを工夫すればパーティにも一役買いそうです♪

 

ぜひ一度作ってみてください♪

 

関連記事