夏休み工作・100均材料でハーバリウムを作ろう

Bacchus Bacchus | 2019年08月21日

おしゃれなインテリアとして大人気のハーバリウム。材料を揃えれば家でも作れますので、夏休みの簡単工作にもおすすめです。100均のセリアでは手作りハーバリウム用品を取り扱っていますよ。

 

子どもとハーバリウム作り

 

 

先日、小学生の息子と一緒にハーバリウム作りのイベントに参加してきました。

 

自分で花材を選びレイアウトを決めて瓶に入れ、専用のオイルを注ぎいれます。

花がオイルに浸るとパーッと明るく輝いて見えて周りにいた子ども達からも

「わー!きれい!!」と歓声があがりました。

 

不器用男子なので瓶の中にバランス良く花を入れるのに少し手間取ったものの、

想像していたよりも面白かったそうです。

 

体験をしてから親子共々ハーバリウムが気に入ってしまい、

「家でも手作りしてみよう!」ということになりました。

 

セリアで揃う材料

 

ハーバリウム作りに必要な材料は、大きく分けて

  • ドライフラワー・ドライフルーツなどの花材
  • ハーバリウム専用オイル
  • 空き瓶

の3点です。

 

・ピンセットや竹串など、先の細い道具があると瓶に花を入れるときに便利です。

 

ハーバリウムの材料は手芸店やインターネットショップなどでも買うことができます。

今回はセリアで材料を揃えました。

 

 

2つの色が楽しめるレイヤーオイルに挑戦してみたいのでカラーオイルも購入しました。

 

作り方

 

1.中に入れる花材を決め、大体のレイアウトを考えます。

長い場合は茎をハサミでカットします。

飾る時に正面にする面をしっかりと決めておくのがコツだそうです。

 

 

 

2.瓶の中にピンセットを使って花材を入れていきます。

 

黄色のポアプランツは他の花とのバランスが取りにくかったので抜くことにしました。

実際に瓶に入れてみると「あれ?なんかイメージと違う??」ということもありますが、

やり直しが利くのがハンドメイドの良さですよね!

 

3.レイヤーオイルにするため 先にカラーオイルを入れます。

 

カラーオイルの説明書に ”パラフィンオイル(ハーバリウムオイル)を少量入れ

瓶内部に全体に馴染ませます″とあったので先にオイルを馴染ませています。

 

4.ハーバリウムオイルを入れます。

 

カラーオイルが沈んでからハーバリウムオイルを入れます。

 

セリアで購入してきたハーバリウムオイルは内容量が約50ml、カラーオイルは30ml入りでした。

大きな瓶で作る時は1袋だけではオイルが足りないと思いますのでお気をつけくださいね。

 

 

下の方がうっすらとピンク色になりました。

正直、もう少しはっきりとした色の違いを期待していたのですが、

淡い色合いもなかなかいい感じです。

 

完成です

 

 

最後に、瓶にタグを付けてみました。

リボンを結んだりレースやシールを貼っても可愛いですね!

 

小さいお子さんと一緒に作る時は、口が大きめの瓶の方が作りやすいと思います。

ぜひ親子でハーバリウム作りにチャレンジしてみてくださいね。

 

 

関連記事