100均材料だけでも!グルーガンを使った簡単サマーリースの作り方♪

かのこ かのこ | 2019年08月12日

100均のリース土台を使い、夏気分満載のサマーリースを作ってみませんか?グルーガンを利用すればとても簡単♪高温になるのでヤケドに注意しなければいけませんが、海の思い出を貼り付けてリースにすることができますよ!夏休みの自由研究にも使えそうです。

 

材料も買い集めやすいものばかり!

 

グルーガンがあれば、いろいろな材料をリースにできます。リボンやドライフラワー、お花などフェイクグリーンのリースも素敵ですよね!

私は夏らしく、涼しげな貝殻で作ってみました!

今回の購入品は画像のとおりです。

 

 

■リース台…セリアでは茶色とアイボリーがありました。私はアイボリーを買っています。

 

■貝殻…いろいろな100均でも販売されていますね!たまたまセールをしていたので、ユザワヤで買いました。

 

■グルーガン…ダイソーに売っているものです。ダイソー製品は200円と安価なためかコードがとても短いので、延長コードと一緒に使っています。

 

■グルースティック…ダイソーにもありますが、ホームセンターなどで販売されているもののほうが、接着力が強いようです。ダイソー以外で購入する場合は、スティックとグルーガンの直径が同じものを選んでください。

 

上記のほかに、飾りでビーズのように穴が空いているパールをセリアにて購入しました。

 

 

作り方はとっても簡単!

 

■まずは、リースに貝を仮置きしてみましょう!

 

■大体の場所が決まったら、どんどん貼っていきます!

 

①グルーガンは5~10分ほどで高温になり、使用できるようになります。引き金を引くと、溶けたグルーが出てきます。

 

②透明で目立たないので、たっぷり塗布しましょう。

 

③仮置きした時に接地した面を中心に塗ります。

 

④全て貼り付け終わったら、裏返してグルーを補強していきます。グルーは冷えると比較的すぐ固まりますが、少し時間を置いてから行うとよいでしょう。

 

あっという間に完成です♪

 

 

作り方のポイントは?

 

あまりに簡単で、ポイントらしいポイントもないのですが…。

 

✅リースに接着するモチーフは、なにかひとつ、大きめのものがあるとバランスを取りやすいのではと思います。

✅グルースティックは、はみ出しても目立たないので透明タイプをオススメします。

✅グルースティックはキレがよくないため糸を引きますが、固まったあとに除去することができるので気にせず作りましょう。

 

 

グルーガン、とても便利です!

 

グルーガンを買ったので、思い立って作ったリースでしたが簡単にできました!

凹凸があり、接着剤やボンドではくっつけにくいものもグルーガンならきっちり付着させることができます

 

購入して以来、DIYやちょっとした補修などで使用しています。リース作りだけではなく、一台あるととても便利に使えますよ。

接着剤と違い、高温になる場所では柔らかくなる・溶けたグルーがかなり熱いなどの特性がありますので、ご利用になる際は対応素材や温度などのご確認をお願いします。

 

お子さんの夏休みの自由研究に悩んでいる方にもオススメです♪

ぜひ作ってみてくださいね!

 

※とても便利なグルーガンですが、先端がかなり高熱になります。また、溶けたグルースティックが皮膚に付着すると大変危険ですので、ご利用の際はお子さんと一緒に作ってくださいね!

 

関連記事