パンの耳ラスク!材料3つ・レンジであっという間にできるんです♪

かのこ かのこ | 2019年09月12日

調理によって余るパンの耳を、絶品さくさく美味しいラスクに変身させてみませんか?材料もシンプルで、あっという間にできるんです。素朴だからこそアレンジも多彩!お子さんと作るのもオススメですよ♪

 

パンの耳、余る時ありますよね…

 

ホットサンドやサンドイッチを作る時に余ってしまうパンの耳。以前は、フライパンでラスクにしていたのですが、思ったよりサクサクにならないし、時間がかかるので面倒でした。

水分を飛ばすならレンジで出来るのでは?と、レンジ調理に変えてみたら本当に簡単♪

今ではパンの耳が余ったら冷凍保存し、まとめてラスクにしています。あっという間に出来るラスクの作り方、お教えしますね。

 

 

基本のラスク、材料は3つだけ!

 

用意するものはたった3つ

 

✅パンの耳

今回、スーパーにて耳だけ入った安いものを発見したので、そちらを購入しました。

 

✅お好みのオイルor溶かしバター

私はココナッツの風味が好きなので、ココナッツオイルを使いました。

 

✅お砂糖

こちらもお好きなお砂糖で。

 

 

作っていきましょう♪

 

①パンの耳を食べやすい大きさに切り、お皿かクッキングペーパーに並べる

私はズボラなので、電子レンジのトレイに直接クッキングペーパーを敷き、並べています。

 

②レンジで加熱する

作る量により、加熱時間が変わります。パンが少し乾燥した感覚になればOKです。

市販の食パン一袋分の耳であれば、600Wでおおよそ3分~4分程度です。水分が抜け、一回り小さくなっています。

 

今回、大量に作ったので7分ほど加熱しました。

レンジで作る限り、加熱むらがどうしても発生します。写真下のように茶色くなったものがあれば、その時点で加熱をやめてください。これ以上加熱すると焦げてしまいます。

 

③ビニール袋やボウルに入れ、オイルを馴染ませる

表面に全体的に行き渡るよう、オイルをまぶしていきます。ボウルよりビニール袋のほうが簡単なのでオススメです♪

市販の食パン一袋分の耳であれば、だいたい大さじ2~3杯程度をかけています。たくさん作った今回は、大さじ8杯ほどかけています。

 

④砂糖をまぶす

全体的に行き渡るよう、多めにお砂糖をふりかけていきます。お砂糖の量はお好みで!甘みが足りなかった場合、出来上がり後に追加でかけることもできます。

 

⑤よく混ぜる

とにかく、よくまぶしていきます。

 

⑥レンジで再加熱

なるべく重ならないように並べ、600Wで1~2分加熱してできあがり!

 

※私のように、レンジのトレイに直で並べる場合は、加熱前に必ずトレイを拭き、新しいクッキングペーパーを敷いてください。最初の加熱でかなり水分が出ています。

 

 

網などに載せ、しっかり冷ましていきましょう。

 

レンジで水分を飛ばすことで、サクサクが長続きします!

焦げないように注意すれば、あっという間に完成です♪

 

 

アレンジも多彩

 

よく作るのは『ココナッツオイル+お砂糖』の甘いラスクですが、おつまみラスクも簡単に作れます。

 

■バター+塩・コショウ

■オイル+クレイジーソルト

■オイル+粉チーズ・コショウ

 

などがオススメです!

パンの耳をレンジで加熱して、溶かしたチーズをディップして食べることもあります。

 

 

ホットサンドやサンドイッチのついでにラスクを作り、お弁当に入れると子供が大喜びしています。

本当に手軽にできるので、パンの耳が余った時はぜひ作ってみてください♪食感がサクサクでとても美味しいので、手が止まらなくなる危険性があります。

ヤケドと、まみ食いのしすぎにはご注意くださいね♪

 

 

関連記事