「洗濯の選択…」 ―あるある!?小話vol.64―

さや&.co さや&.co | 2019年11月09日

梅雨時や秋の長雨シーズンは、洗濯ができなくて困りますよね。コインランドリーを使うと高いので、部屋干しでしのぐことも多々。洗う衣類の種類を計画的に選定しているわけですが、そんな母の苦労は子供には関係ないようです。今日はそんな洗濯にまつわる「あるある!?小話」。

【洗濯の選択…】

―あるある!?小話vol.64―

 

 

この秋は、例年以上の雨続き。

洗濯ものがたまってなりません。

 

コインランドリーは痛い出費なので、

極力避けていると、

脱衣カゴは常に満タン。

 

 

※「有野(ありの)家」は子供が3人。通常も洗濯の量は多め。

 

なので、洗濯する衣類の

「優先順位」をつけて

洗っています。

 

翌日着る体操服は最優先!

汚れていないオシャレ着は後回し。

トレーナーは在庫によって後発隊。

 

 

部屋干し都合なども考慮して、

効率よく洗濯機を回している

つもりだったのだが・・・

 

回し終った洗濯機の底から

「優先順位 超後回し」

熊のヌイグルミが

↓出てきた↓

 

 

 

どうやら、娘が洗濯機に放り込んだらしく、

理由を聞くと、ぬいぐるみに化粧をして

遊んでいたそうなで・・・

 

 

 

通常モードでさえ、1日に回す洗濯機は、3回~4回。

洗濯機の流水のごとく目が回りそうな、

母の「ある子」なのでした…

 

 

【主婦ママ の あるある!?なつぶやき】

 

母の方がよっぽど

可哀想である…

(しかも2週連続でやられました・涙)

 

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

 ↓ ↓ ↓

 

 

関連記事