「USED上等な次男」 ―あるある!?小話vol.67―

さや&.co さや&.co | 2019年11月30日

第一子は基本的に「新品族」ですよね。洋服もオモチャも、自転車も、ほとんどが自分のために買ってもらった新品。でも第二子はUSEDが多く、さらに長子の友達からお下がりが回ってくるので、「おさがり族」に属するものです。今回はそんな背景をめぐる、あるあるキョウダイの一幕…。

 

【USED上等な次男】

―あるある!?小話vol.67―

 

 

長男のある太郎は、洋服も自転車も

小学校で使う備品もいつも新品

 

 

一方、次男のある次郎は、

お下がりのUSED品が基本。

 

しかも長男の友達がくれる

サイズアウト品も加わるので、

洋服水着まで、

ほぼNEWを使うことはなし。

 

 

それでも不満を感じることなく

文句も言わない次男は、

とてもカワイイものです…♡

 

でも、USEDばかりだと可哀想かなと、

たまにある次用の新品

買って来たりするわけですよ。

 

母「ほら!ある次郎のTシャツだよ!」

っと、次男に渡すと・・・

↓ ↓ ↓

 

新品なのに

「もらいもの」であると

信じて疑わない次男。

 

それだけ、「新品=自分のものではない」

「自分のモノ=お下がり・USED」

という現実が根付いていることを

痛感した母なのでした……。

 

あ、でもこれで穏便に済むのは、

多分「男子」だからですよね?

 

 

【主婦ママ の あるある!?なつぶやき】

 

「買って!」と、

泣きせがまれるより

よっぽど買って

あげたくなる…

(「北風と太陽」を連想した母です…)

 

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

 ↓ ↓ ↓

 

 

 

関連記事