森永レアチーズケーキミックスで!簡単高見えケーキ♪

かのこ かのこ | 2019年12月08日

手軽でおいしい「森永レアチーズケーキミックス」に、フルーツを切って乗せるだけでオシャレなケーキに大変身!お誕生日やクリスマスはもちろん、持ち寄りパーティにも!デコレーションのコツと高見えポイントをお伝えしますね♪

 

 

ベースとなるレアチーズケーキを作っていきます

 

今回は、6号の底が抜けるタイプのケーキ型を使用!

ミックスを2つ使い、裏面にある作り方で2倍量作ります。

 

今回は、左側の「レアチーズケーキ」のレシピで作っていきます。作り方は記載どおりなので、ポイントだけ書いていきますね♪

 

 

 

✅バターを混ぜたビスケットベースを型に詰めていきます。

♡高見えポイント♡

底だけでなく、側面までビスケットベースを詰めます

ポロポロしやすいので、ぎゅっと押し固めてください。

 

 

✅レアチーズのミックスもレシピどおり作り、冷蔵庫で固めていきます。

ミックスの方は少し余るので、別容器で冷やし固め、おうちのオヤツにでも♪

 

 

 

フルーツでデコレーションしていきましょう♪

今回は桃缶でお花を作っていきます。目指す完成形はコチラ。

 

 

デコに使うのは、桃缶とゼラチンです。

ゼラチンは仕上げのナパージュ(ツヤ出し用ゼリー)に使います。

 

 

✅桃缶をシロップと桃に分け、桃をスライスしていきます。厚さ2~3mmの薄いスライスにしましょう。

※シロップはあとで使いますので、捨てないように♪

 

 

✅チーズケーキに円を作るように乗せていきます。これがお花の外周になります。

 

 

✅先程の円に重なるよう、2周目を乗せていきます。以降この繰り返しです。

 

 

✅真ん中の部分は、開ききらない花弁状になるようにくるっと丸めます

薄くスライスしたほうが桃が切れにくいです。

 

 

お花は以上で出来上がりですが、周りが少しさみしいかな?と思い、種無しで皮ごと食べられるぶどうを半分に切って置いてみました。

 

 

 

仕上げのナパージュを塗っていきます

♡高見えポイント♡

ナパージュはしなくてもOKですが、ツヤツヤになると高級感UP!また、ゼリーで覆うことにより、持ち運ぶ際もフルーツが動きにくくなります

 

✅桃缶のシロップ100mlを耐熱容器に入れ、レンジで沸騰寸前まで温めます。

そこに5gのゼラチンを入れ、よく混ぜるとナパージュの完成です。

 

 

✅フルーツに薄く塗り拡げ、冷蔵庫で冷やせば完成!

※ハケがない場合は、スプーンで塗ってもOKです!

 

 

冷蔵庫に入れる際は、コーティングしたナパージュにラップが付着しないようにしましょう。

 

✅適切な容器がないとき

まず長めにラップを敷き、木のボードの上に乗せたケーキを置きます。ケーキの上に高さのある容器をひっくり返してかぶせ、下に敷いたラップで包みました。

※高さのあるケーキの場合、厚みのあるまな板等の側面にセロハンテープでワリバシを貼り付け、ラップで覆うのもオススメです。

 

 

食べるときに型から抜いて、出来上がりです♪

型の底を外すのは難しいので、そのままにしています。

 

 

 

さまざまなアレンジも♪

我が家は生クリームが不人気なので使用していませんが、「森永レアチーズケーキミックス」は甘すぎずさっぱりした味なので、生クリームとも合うと思います。

 

イチゴ+種無しの皮ごと食べられるぶどうで、こんなアレンジもしました。

縦半分に切り、並べるだけで高見えケーキに!こちらはお友達の家に持参しましたが、ナパージュのおかげでフルーツが移動したり落ちたりすることはありませんでした。

 

 

 

市販のミックスを使うことで失敗知らず

 

土台のチーズケーキはミックスを使うため、手軽でとっても美味しいです!

オーブンが不要なのも嬉しいポイント♡

 

フルーツのデコも手が込んでいるように見えますが、シンプルなのでお子さんと一緒に盛り付けるのもいいですね

イチゴ+ぶどうのケーキにフルーツを置いたのは当時6歳だった子供が担当しました。

レアチーズケーキの表面がプルンと固まっているため、やり直しが効くのもオススメポイントです。

※ちなみに我が家ではイチゴ+ぶどうより、桃缶のほうが美味しいと人気でした。桃缶は安いのでとっても経済的♪

 

 

え!?それお店で買ったんじゃないの!?」と言ってもらえたフルーツデコケーキ、年末年始のパーティにいかがでしょう。

 

関連記事