爪の整え方、ご存知ですか?自爪派もすっきり垢抜けフォルムに!

かのこ かのこ | 2020年02月20日

自分も他人も目に入りやすいのが「手先」ですよね。少し手をかけるだけで、きれいになる場所でもあります。いつもは爪切りで切っているという方も、ちょっとだけ時間を作って、ネイルファイルで整えてみませんか?主婦向けの爪の形もご紹介します♪

 

爪切りはNG!お手入れに使うもの

 

実は、爪切りは二枚爪になりやすいため、爪のお手入れには不向き…。

今回、お手入れに使うものは3つです。

 

♥ネイル用のファイル(エメリーボード)

♥ネイルオイル

♥ハンドクリーム

 

いずれも、薬局や雑貨店などで手に入ります。

 

✔爪の形を整えるもの

ネイル用のファイル…エメリーボードという名称で販売されていることもあります。

グリッド数(粗さ)が書いてある場合は、180~200くらいのものを選んでください。

 

✔手先のお手入れに使うもの

ネイルオイル…私はネイルオイルとして、スクワランオイルを無印良品のポンプ容器に入れ、すぐに塗れるようにしています。そのまま腕や足、首にも塗って乾燥対策にしています。

ハンドクリーム…いい匂いのするハンドクリームが大好き!最近のお気に入りは、ユースキンのゆずの香りのものです。お気に入りの香りのハンドクリームは、塗るのが楽しくなりますね♪

 

 

主婦にオススメの爪の形はふたつ

 

★ラウンド

ナチュラルな爪の形です。先端を丸くするので、小さなお子さんがいらっしゃる方にオススメ

爪の先端中央を頂点に、なだらかに左右を削っていきます。

 

★スクエアオフ

先端一箇所に衝撃を受けないため、強度の高い爪の形です。爪が割れやすいという方にオススメ

爪の先端をまっすぐに削ったあと、左右の角を落とします。

 

 

基本的な爪の整え方は……

♥ファイルは必ず一定方向にかける

ゴシゴシと爪を往復してネイルファイルをかけると、爪に負担がかかり、二枚爪になることも。

必ず一定方向に、片道でファイルをかけましょう

 

 

♥自爪の形にとらわれず、きれいな形を目指す

画像のように、イエローライン(爪の伸びた白い部分と自爪の境のライン)は、ガタついていることが多いです。

特に自爪の形に近いラウンドは、イエローラインに沿って削ってしまいがちです。この形に惑わされず、なりたい爪の形を目指して、削っていきましょう

短い爪の方も、繰り返し理想の形に近づくよう削っていくことで、だんだん形作りやすくなっていきます。

 

 

♥爪だけを見るのではなく、手全体を見て形作っていく

爪は指に対して、まっすぐ生えていないことが多いです。

ラウンド・スクエアともに、爪の中央を定めてから削るときれいな形を作りやすくなります。手を広げ、指とのバランスを見ることがコツ!

写真のように、どこを爪の中央とするか見定めましょう。一番爪が長く見えるところを中央にするとGOOD!

 

 

 

なかなか爪を削る時間がない!という方は、入浴している間にガラス製のネイルファイルを使うと素早く削ることができます。爪が柔らかくなるので、削り過ぎにはご注意を!

 

 

毎日の保湿も忘れずに

 

手が潤っていると、それだけできれいに見えます。ハンドクリーム・ネイルオイルを習慣にしましょう。

家事で酷使している主婦はなおさら、自分の手や爪を大切に♪

 

✔ハンドクリームを塗る

ベタつきが気になる方は、手の甲メインに少量塗り拡げましょう

 

✔ネイルオイルを塗る

爪は死んだ細胞が伸びたものですが、乾燥しやすい場所でもあります。爪の周りに少量塗りこめていきましょう。

 

 

爪の形が整っているだけで、手元が垢抜けて見えますね。最初は使いにくいと感じるネイルファイルも、慣れればあっという間に形を整えられるようになります。ぜひ、生活の一部として取り入れてみてください♪

 

 

爪切りを使わない爪のお手入れは、こんな方法も…

魔法の爪けずり

 

関連記事