「騙し屋!」 ―あるある!?小話vol.77―

さや&.co さや&.co | 2020年02月15日

バレンタインはいかがお過ごしでしたか?今回の「あるある!?小話」は、有野家の母が「チョコ」で家族をホンロウした小話。家族の性格を知る一家の主婦は、子供や夫より、1枚も2枚も上手!?共感できちゃう人、続出かも(笑)

 

【騙し屋!】

―あるある!?小話vol.77―

 

有野家には、3人もいるのに、
ある男長男ある太郎次男ある次郎

 

義理チョコ1個すら集まらなかった

ある年のバレンタイン。

 

母ある子「冷蔵庫に、冬期限定の『アルティーキッス』

買っておいたけど、食べる?」

 

 

「OH♡『アルティーキッス』わりと高いよね!』

っと、ある太郎も、ある次郎も

おまけで娘のある美も大喜び!

 

仲良く“子供3人で”分け、

ご機嫌で食べているので、

 

母ある子「ねえ、お母さんの分は??」

っと、聞いたところ、子供たちはフリーズ。

 

 

母ある子「あぁあぁ~(TT)お母さん悲しい」

「お母さんにも1個あげようとは、

3人いて、誰も思わなかったのね……」

 

子供たちは「ヤバい」と思ったのか、

哀れに思ったのか、

 

いつもはダラダラしている子らが、

宿題や明日の支度に整理整頓を

サクサク済ませ、すまし顔(笑)

 

その夜の母ある子は1人、

冷蔵庫の奥から「あるモノ」を出す。

 

 

 

いただきものの高級チョコ「ゴバディ」

1人だけで楽しむ、母ある子なのでした。

 

子供たちは、知らない……。

 

先に出した「アルティーキッス」は、

高級チョコを独り占めするための

カモフラージュだったことを(ふふっ♡)

 

 

 

 

【今回は”父 “の あるある!?なつぶやき】

お、俺の分は……?

(アルティーキッスすらもらえない父なのでした)

 

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

 ↓ ↓ ↓

 

 

関連記事