業務スーパーで買い!安くて大容量の「紙パックスイーツ」がおすすめ

MIXろし子 MIXろし子 | 2020年04月08日

子供のおやつに人気のゼリーやプリン。そんなスイーツが、1kgの紙パックに入った商品が、業務スーパーにあります。大容量でお安く、冷凍ではなく使いやすいのに賞味期限(未開封時)も長い!保存も楽なのでおすすめ!タピオカやホイップと一緒に買いです!

 

BIG!1kgの紙パックスイーツ

業務スーパーには、1kgの紙パックに入ったスーツ商品が売られています。

パックの野菜ジュースやフルーツジュースのように陳列されているので、その棚に用のない人だと、見過ごしてしまうかもしれませんが……

 

えっ?レアチーズ??

んっ?水ようかん??

 

一般的な1000mlの牛乳パックの形状で、スイーツが販売されているのです!!

 

 

 

  • 容量は1kg
  • 値段は種類によって異なる(参考:198円~298円・税別)
  • 種類は、一時は20種類ほどあったそう(廃番になったものもあり)

 

※種類について。カスタードプリン、杏仁豆腐、レアチーズ、水ようかん、コーヒーゼリー、チョコババロア、オレンジゼリー、ほうじ茶ラテプリンなどが、確認されています(取扱いは店舗によって異なるはずです)。

 

 

安いからママにHAPPY

業務スーパーの「紙パックスイーツ」の凄さは、なんといっても量と値段!

たとえば「プリン(他者)」というスイーツで比較してみましょう。3連のプリンが、安い時で『67g×3個68円(税別)』という値段で売られていますよね。1個22.3円として単純計算すると、1㎏で332.8円(税別)になる考えです。

対する業務スーパーの「カスタードプリン」は、1kgで248円(税別)。目に見える数字で、お得であることがわかります。

 

ドドーンと

1kgプリン!

 

 

そして、子供が少し大きくなると、3連プリンの量では、1人分としてもの足りなさを感じるようです。食べ応えを視野に入れた市販のプリンを購入するとなると、値段も1個で100円以上はするものです。

業務スーパーの紙パック入り「カスタードプリン」は、素晴らしいコスパ!食べざかりの子がいる家庭に、とてもおすすめですね。

 

 

食べてみた!「カスタードプリン」

 

10種類以上はあると思われる業務スーパーの「紙パックスイーツ」。地域や店舗によって品揃えはまちまちですが、おそらく「カスタードプリン」はポピュラーなスイーツなので、入手しやすいと思います。

 

食感は、「濃厚コッテリ」というより、「つるんっ♪」とした舌ざわりです。パッケージに盛付けイメージの画像がありますが、本品にカラメルソースは付帯されていません。

 

カラメルソースが恋しい人は、お砂糖と水で作ることになります。簡単ですが、めんどうくさがりな人は腰が重いですよね。もしデザート感だけが欲しいなら、業務スーパーのフローズンホイップ「アマンディホイップ」があれば充分です!

 

 

「カスタードプリン」を器に移し、あとはホイップを絞ってのせるだけ!

 

 

わりと甘さの控えめな感じなので、甘党の方は、ホイップを鬼盛りにしてもOK!子供用なら、スプレーチョコをアクセントにしても喜びますよ♡

 

 

 

「杏仁豆腐」も人気!

「紙パックスイーツ」で、大人の女性にもおすすめなのが、「杏仁豆腐」です。満腹になった食後でも、「スーッ」と喉を通るサッパリとした味。

 

 

中身は、「カスタードプリン同様」、パックにぎっしりと、杏仁豆腐がつまっています。

 

 

コスパ抜群なアレンジは、フルーツ缶。

 

 

ミックス缶でも、ミカン缶でも、お好みで購入し、カットして使います。

また、業務スーパーで人気のタピオカも、トッピングにいかがでしょう。

 

 

ただ買ってきただけの杏仁豆腐に、果物の缶詰とタピオカをあしらえば、ちょっとしたデザートになります。

 

 

全てを試してみたくなる!!

今回は「カスタードプリン」と「杏仁豆腐」をお試ししましたが、業務スーパーにはまだ他にも魅力的な「紙パックスイーツ」があります。

 

 

しかも、中身をそのまま食べるのではなく、アレンジをするのも楽しいと話題です。パイを敷いて、レアチーズケーキを作ってみたり、固め直してオシャレプディングを演出するなど、いろいろ試してみたくなりますね。

 

きっと、お菓子づくりが苦手なママでも、これをベースにしたら、失敗しないハンドメイド風スイーツができる予感♪これから、簡単なアレンジレシピを探してみたいと思います。

 

※商品規格や価格などの情報は、執筆時現在のものです

 


salviaライターにレシピを提供下さる方は、SNSで「#salviaレシピ部」のタグをつけて投稿してくださいね♪

 

関連記事