「呪いの早口言葉……」 ―あるある!?小話vol.80―

さや&.co さや&.co | 2020年03月07日

日本語って、難しいですよね。少し言い間違えただけで、全く違う内容の会話に……。時に人間関係すら壊すこともあるくらいですものね。今回は子供が「早口言葉」で言い間違えた、ちょっぴりホラー!?な小話です。

 

【呪いの早口言葉……】

―あるある!?小話vol.80―

 

 

ある日、小学校の宿題で、

教科書を「音読」していた娘。

 

赤巻紙青巻紙黄巻紙

(あかまきがみあおまきがみきまきがみ)

 

絵:国際結婚だけど私、英語苦手です。

驚くほどスムーズに読んでいるので

娘の早口言葉に注目する家族たち。

 

娘「 生麦生米生卵 !」

(なまむぎなまごめなまたまご)

 

↓上手に言えたある美は、したり顔↓

 

 

続くお題も早口言葉の定番で

↓↓↓

「隣の客はよく柿食う客だ」

を読み上げているようだが……

 

なんだかちょっと、おかしい

 

よく聞いてみると・・・

 

「となりのかきはよくきゃくくうかきだ」

↓↓↓

 

 

【主婦&ママの あるある!?なつぶやき】

宿題の丸付け

音読チェック、

毎日だと地味に大変……

(それにしても、オバケ柿、恐ぇ~!)

 

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

関連記事