ひな祭りの”映えレシピ”!ケーキみたいな「ひしもち型ごはん」

SORA SORA | 2020年02月26日

女の子のイベント・ひな祭りは、かわいいごはんでお祝いを!紹介するのは、ピンクや黄色の華やかな「まるでケーキ!?ひしもち型ごはん」です。菱形の型は、牛乳パックで簡単に作れて手軽!とてもキュートですし、親子で仲良くお料理するのもおすすめですよ。

ひな祭りの菱餅に込められた願い

 

ひな人形を飾って、女の子の幸せを願う「桃の節句」。

桃の節句には、ひな人形を飾るだけではなく、昔から甘酒やひしもち(菱餅)、ひなあられといった行事食を食べます。

ひしもち(菱餅)とは、緑、白、桃色が3段重ねになっている菱形のお餅のことです。

このひしもち(菱餅)の3色には、意味が込められていることを、ご存知ですか?

 

緑 → 健康

白 → 洗浄

桃 → 魔除け

また、緑は芽吹き始めた大地を、ピンクは桃の花を表しているという説もあります。

最近ではあまり食べなくなったひしもち(菱餅)ですが、生命の健やかな成長や、女の子の幸せを願う想いが込められているのです。

 

 

映えごはん!華やかな「ひしもち型ごはん」

 

今回紹介するレシピは、縁起の良い行事食にあやかった、ひなまつりにピッタリのごはん!ひしもちに込められた願いをそのまま食卓に並べることができる「ひしもち型ごはん」です。

 

「ひしもち型ごはん」のレシピ

【材料】 ひしもち型2つ分

  • 牛乳パック 1つ
  • 白ごはん お茶碗3杯分
  • 桜でんぶ 大さじ1と1/2
  • 野沢菜ちりめん 大さじ4
  • 青のり 大さじ1/2

 

【作り方】

1.まず、ひしもち型をつくります。きれいに洗って乾かした牛乳パックを用意します。牛乳パックを横にして、はさみで好きな大きさの輪切りにします。切った牛乳パックにアルミホイルを貼れば簡単に型が作れます♪

(見た目を気にしない方は、アルミホイルは貼らなくてもOKです。)

 

 

2.3色ごはんを作ります。3つのボウルにお茶碗1杯分ずつ白ごはんを分け入れます。まず、1つめのボウルに桜でんぶを入れてスプーンでよく混ぜ、桃色のごはんを作ります。

 

 

3.次に、別のボウルに野沢菜ちりめんと青のりを入れてスプーンでよく混ぜ、緑色のごはんを作ります。白色のごはんはそのまま使います。

 

4.1で作った菱形の型に、順番にごはんを詰めていきます。

1番下が緑です。ごはんを入れたら、スプーンなどで上からしっかり押してください。隙間なく敷き詰めたほうがきれいに仕上がりますよ。

 

 

その上にを重ねます。

 

 

1番上に桃色を重ねます。

 

 

5.最後にケーキ型を抜いて完成です♪

 

 

 

インスタ映え!盛り付けアイデア

子供が思わず歓声を上げてくれるような、ママ友が思わず写真を撮りたくなっちゃうような、盛り付けアイデアをご紹介します。カラフルな映え料理で、ひなまつりパーティーを盛り上げましょう♪

 

お花ケーキ風デコレーション

 

先ほど作った「ひしもち型ごはん」をベースに、錦糸卵を散らして、スモークサーモンでつくったバラの花を飾りました。仕上げにベビーリーフを乗せると、さらに彩りがきれいになりますよ。

 

 

カップケーキ風デコレーション

 

 

プリン型をつかってカップケーキ風に盛り付けるのも、かわいい!

これなら菱形のケーキ型を作る必要もありません。そのまま持って食べられるので、小さいお子さまや大人数が集まるパーティーにもおすすめです♪

 

 

ひな祭りを華やかな料理で盛り上げよう!

 

やっぱり女の子はきれいなもの、かわいいもの、カラフルなものが大好きです。

1年に1度の桃の節句だけでも、心ときめくようなキュートな行事食を作ってあげると大喜びしてくれるはずです。

菱形の型にごはんを入れるだけなので、お料理好きの娘ちゃんなら一緒に作るのも◎。

きっと忘れられない、ひなまつりのステキな思い出になることでしょう。

 

 

関連記事