ペットボトルキャップを使って♪多肉植物のミニミニ寄せ植え作り

Bacchus Bacchus | 2020年05月15日

育てやすさが魅力の多肉植物は根強い人気がありますね。インテリアに取り込んでいる方も多いと思いますが、元気過ぎてどんどん伸びてしまいませんか?とっても簡単な、ペットボトルのふたを利用した小さな寄せ植え作りをご紹介いたします。

 

多肉植物は元気いっぱい!

 

 

我が家で育てているのはダイソーで1鉢110円で購入してきた多肉植物です。

多肉植物は手間をかけずに育つのが良いところなのですが、元気があり過ぎるためか放っておくと伸びすぎてしまいますよね。

 

そこで、葉挿し(はざし) という方法で植え替えをしてみました。

ペットボトルキャップを使った寄せ植えの実例をご紹介します♪

 

 

葉挿しの方法

 

葉挿しは、水やりをしている時などにポロッと取れてしまった葉や、少し引っ張っただけで簡単に抜けてしまった葉を使います。

 

葉挿しの方法は超簡単で、

土の上に葉を置いておくだけ

です♪

 

 

 

このような感じです。(こちらの植木鉢の中の葉は経過日数がバラバラです。)

同じ日に葉挿しをした葉が下の画像です。

 

 

葉の先から赤い根っこが出ているのがお分かりいただけますでしょうか?

この状態になったら根っこに少し土をかけて霧吹きなどで水やりをします。

 

 

しばらくすると新しい葉が育ちはじめ、元の葉は枯れてしまいます。

枯れた葉を取り除き、寄せ植えをします。

 

 

ペットボトルのキャップに寄せ植え

 

今回はちょっとした空間にも置けるようにペットボトルキャップを使ってみました。

ボトルキャプはそのままでもOKです。

 

 

画像の様に麻ひもを巻き付けても可愛いかな?と思いボンドを付けて麻ひもをグルグル・・と巻いてみました。

 

寄せ植えに使う土は普通の土でももちろん大丈夫ですが、見た目の色が可愛らしいのでカラーゼオライト(こちらもダイソーで購入したものです。)を使う事にしました。

 

 

ゼオライトは表面に小さい穴がたくさんあいている多孔質なので、根腐れ防止剤としても使われます。

そのため植物のお世話も楽ちんです。

 

 

完成です

 

キャップに巻いた麻ひもがしっかり乾燥したら、カラーゼオライトを少し入れて均しバランスを見ながら葉を入れて再度カラーゼオライトを足して完成です。

 

画像:Bacchus

 

多肉植物の葉挿しに向いている時期は春だと3月~5月と言われています。

残念ながら葉挿しをしても根っこが出てこない葉もありますが、気長に見守ってみてくださいね。

 

お家の多肉が伸びすぎてお困りの方は、ぜひお試しください♪

 

関連記事