「母の宿題かよ!?怒」 ―あるある!?小話vol.91―

さや&.co さや&.co | 2020年05月23日

「コロナ休校」が解除された地域もあれば、まだ続行中のエリアもある2020年5月。有野家の子供達は後者につき、自宅待機も3カ月近くになります。毎日の昼食作りも子供らの騒音にも慣れたけれど、『宿題』だけは本当に大変!「母の労力、考えてよ!」。

【母の宿題かよ!?怒】

―あるある!?小話vol.91―

 

「コロナ休校」の間、自宅生活の子供達に

学校から宿題が出されるわけだが……。

 

次男「お母さんチョット来て!」

次男「教えて!わからん!!」

と連呼されたり、

 

 

 

答え方や勉強方法を教えても、

すぐ逆キレされたり。

 

 

 

音読を聞いてサインしたり……

計算のタイムを計ったり……

ピアニカやリコーダーの

「楽譜」を教えたり……

 

結局、「母」が

つきっきりなんですわ。

 

 

 

 

おまけに、宿題はご丁寧にも

丸つけをして提出する」とのことで、

 

丸を付けて直させ、一つひとつ教え、

それが長男・次男・娘と3人前。

 

 

 

ちなみに、宿題の中には

「教育テレビを見た感想を書く」という

母不要な感じのプリントがあり、

 

「ラッキー☆」と思ったのもつかの間。

我が子には、母の補助は必要らしく……

 

 

 

やはり1日の多くの時間を

『子の宿題』

にとられる母ある子であった。

 

この多大な『宿題時間』。

他のお母さんたちは

どうしているんだろう……

 

 

 

【主婦の あるある!?な一句(苦)

手が足らず

足まで使う!

母の意地

 

(こんなに手がかかるのは、まさかウチだけ!?)

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

過去の作品」もいかが!

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

関連記事