「誰が一番コロナ疲れ?」 ―あるある!?小話vol.92―

さや&.co さや&.co | 2020年05月30日

緊急事態宣言が解除されましたね。まだまだ気は抜けないものの、ここ数ヶ月は本当に非日常的な生活でした。外出自粛や様々な気遣いに「コロナ疲れ」を感じる人も多かったはずです。今回はそんな「コロナ疲れ?」れを描いた一般家庭(有野家)の一幕です。

【誰が一番コロナ疲れ?】

―あるある!?小話vol.92―

 

 

コロナウィルス収束のために、

外出自粛をしていた有野家。

家族それぞれの様子はというと……

 

寝てばかりで、やたら身長が伸びた

成長期の長男ある太郎

 

 

 

拘束されるのが嫌いながらも、

その場を臨機応変に楽しむ次男ある次郎は、

とにかくうるさいものの、

本人はそれなりに満足そう。

(疲れるのは一緒にいる人だけ……)

 

 

 

学校も習い事もないのに

「疲れた~!」を連呼し、

文句&食べてばかりの

長女のある美は、

ふっくら太ってきてしまった……

 

 

 

それなりに元気な子供達の一方、

 

「俺はもう会社に行きたくない!」

「電車にのりたくない!」

 

っと、叫ぶのは父のある夫……。

(これもコロナ疲れ?)

 

 

でもやっぱり家族の中で一番

「コロナ疲れ」を感じているのは、

 

やはり、母ある子か!?

 

 

 

そんな家族の面々は、

それぞれ猫のアルーに

癒やされ、

救われていたらしく……

 

 

もしかしたら家族の

「コロナ疲れ王者」は、

アルー!?

なのかもしれない……。

 

いつもは

「自分だけの静寂な時間」をもつ

猫のアルーにとって、

家族が毎日いるのは疲れる日々。

 

 

主婦の あるある!?なひと言】

猫の手を貸して

やったゼ(ニャッ)!

(猫も家族を癒やすという立派な在宅ワーカー)

 

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

salvia初のオリジナルLINEスタンプヨロシクね♪

↓ ↓ ↓

 

 

 

関連記事