梅干しとツナ缶で作ろう!さっぱり食べられる和風ポテトサラダ

ミカオ ミカオ | 2020年06月18日

さっぱりと食べられるポテトサラダはいかがですか?梅干しとツナ缶を使った和風ポテトサラダのレシピをご紹介します。いろいろな材料や味付けで楽しめるポテトサラダ、今回は梅干しとツナ缶を入れてみました。「いつものポテトサラダに飽きてしまった……」という方は、ぜひ作ってみてくださいね!

和風ポテトサラダの材料

 

材料 (3~4人分)

✔じゃがいも 4個
✔ツナ缶 1缶
✔玉ねぎ 1/3個
✔青ねぎ 約1本分(お好みで)
✔卵 1個
✔梅干し 大1個
✔マヨネーズ 大さじ4
✔塩 ひとつまみ
✔コショウ 少々

 

 

和風ポテトサラダの作り方

 

1.じゃがいもの皮をむいて、一口大の大きさに切ります。

鍋にたっぷりの水と塩小さじ1程度(分量外)、切ったじゃがいもを入れてください。火にかけて、水からじゃがいもをゆがきます

 

調理ポイント じゃがいもをゆがく時に塩を加えると、下味がついて美味しくなります。じゃがいもが甘く感じられますよ。

 

2.ゆでたじゃがいもは、ザルにあげてしっかりと水気を切ってください。しばらく置いて粗熱をとります。

 

 

3.玉ねぎは薄切りにします。ボウルに水を入れて、玉ねぎを10分ほど浸しておきましょう。ザルにあげて、水気をきっておきます。

 

調理ポイント 水に浸すと、玉ねぎの辛みを抜くことができます。

 

 

4.青ねぎはみじん切りにします。梅干しは種を取り除いて、たたきましょう。卵はゆで卵にして、殻をむいてから細かく刻みます。

 

 

5.ボウルにゆであがったじゃがいもを入れて大きめにつぶします。

 

調理ポイントじゃがいもは食感を残すため、大きめにつぶしましょう。

 

 

6.ツナ缶をまるごと(油も一緒に)入れて、水気を切った玉ねぎ、4.で準備をした青ねぎ梅干しを加えます。

 

調理ポイント ツナ缶の油も一緒に入れるとコッテリとした旨味が加わります。油っぽいのが苦手な方はツナだけ入れてください。

 

6.マヨネーズ、塩、コショウを入れて味を調えます。味見をして薄く感じる場合は、調整してください。

 

 

7.出来上がりです!

※お好みで、大葉刻みのりをのせても美味しいですよ!

 

 

梅干しがお酢の代わりになってくれます

 

実は、このポテトサラダには「お酢」が入っていません。「梅干し」がお酢の代わりになっています。日持ちは、冷蔵庫で3日ほどです。(目安です)

 

梅干しにもいろいろな種類ありますが、「しそ漬梅」がよく合います。はちみつ漬けの甘い梅干しよりも酸っぱい梅干しの方が、さっぱり感をアップさせてくれるのでオススメです。

 

「あれ?お酢がなくなっている……」なんて時にも、梅干しを代わりに使うと美味しいポテトサラダになりますよ。

 

 

さっぱりと食べられる和風ポテトサラダ

 

梅干しが入っているので「酸っぱいのではないか」と思われるかもしれませんが、梅干しの味はあまり強くありません。マヨネーズのまろやかさと梅干しが合わさって、さっぱりとした食べやすさを感じていただけるはずです。

 

「ちょっと変わったポテトサラダが作りたい」「いつものポテトサラダには飽きてしまった」という方はぜひ作ってみてくださいね!

関連記事