「毎日の洋服選び・娘にイライラ……」 ―あるある!?小話vol.98―

さや&.co さや&.co | 2020年07月11日

小学生になると、その日に着る洋服を自分で選ぶことが多くなる子供たち。どうやら洋服選びは自己決定力や自立性、自信や自己肯定感がやしなわれるとのことで、それは納得しているのですが……。今回は娘(女の子)にみる「お洋服選び」のあるある小話。

【毎日の洋服選び・娘にイライラ……】

―あるある!?小話vol.98―

 

 

毎朝の「お洋服選び」。

娘は女の子なので、言われなくても

自分で洋服を選ぶのですが……。

 

アレコレ引っ張り出しては戻さぬまま、

朝から部屋が大惨事です。

 

 

 

散らかるだけなら1000歩譲るとしても、

こうなってしまうとアウト

 

「お気に入りの服が洗濯中」

「その日の気分にしっくりくる服がない」

 

 

怒りをぶつけられた母は、

朝の多忙な時間帯に

娘をなだめるはめに…(イライラ)

 

母「この前買った服、これと合わせたら?」

(実は買ってから1回しか着ていない服がある)

 

母「自分で選んで買ったお洋服は?」

(あれこれ出しても、どれもNG……)

 

提案しても一切拒絶するくせに、

母に文句を言い続ける娘には、

正直、腹も立ちます。

(母だって人間ですからね……)

 

 

そんな論争を繰り広げたうえ、

彼女が納得したのが、微妙なコーデ

 

↓ ↓ ↓

 

 

母のセンスが問われそうな格好でも、

洋服選びがふりだしに戻ることを考えると、

ツッコム戦意を喪失する母ある子であった。

 

 

【女児ママの「あるある」なひと言】

 

「もう裸で行きなさい!」

っと、何度心で叫んだことか…

 

でも、洋服選びは娘の自主性自己決定力

自己肯定感を育てるらしいので、

母は、我慢することを頑張ろう!

 

ちなみに娘本人が「絶対買って!」と、

店で泣いてまで購入した服ですら、

1回しか着ないことも多々……。

※これは女児あるあるなのかも。

 


 

♡salviaからのお知らせ♡

素敵なプレゼント企画開催中!

 

 

 


★–「あるある!?」と思った方は–★

その他タイトル」もいかが!

 

salvia初のオリジナル

LINEスタンプヨロシクね♪

 ↓ ↓ ↓

 

 

 

関連記事