縫わずに超簡単!Tシャツリメイクエコバッグの作り方♪

mochimi mochimi | 2020年08月28日

2020年7月1日からレジ袋の有料化がはじまり、お買い物の際にエコバッグを使うようになった方も増えましたね。今回は、針も糸も使わずにTシャツだけで簡単に作れるリメイクエコバッグの作り方をご紹介します♪

用意するもの

 

 

用意するものはTシャツのみ!何サイズでもOKです♪誰でも簡単に作ることができます。

 

〜ポイント〜

サイズの大きいTシャツで作る方が大容量のエコバッグを作ることができます。

 

 

作っていきましょう♪

 

①Tシャツを裏返す

 

 

 

②Tシャツを縦半分に2つ折りして、首回りを丸くカットする

 

 

〜ポイント〜

エコバッグの持ち手の部分のだいたいの形をイメージしながら切りましょう。

 

 

③Tシャツの両袖を袖山(肩の縫い目)に沿ってカットする

 

 

 

④カットした袖の袖口をカットする

 

 

後ほど使うので、切り離したらひも状にしておきましょう。

 

 

 

⑤Tシャツを開き、袖と首回りのバランスを見て微調節する

 

 

〜ポイント〜

カットした袖脇部分と、首回りのカーブを同じぐらいの高さに合わせると持ちやすくなります。

 

 

 

⑥裾の縫い目手前まで切れ込みを入れる

 

 

 

⑦Tシャツの裾に④で切り取った袖口部分をひも状にしたものを通していく

 

 

〜ポイント〜

Tシャツの裾はだいたい三つ折りになっており、巾着のように紐を通すことができます。

 

 

・表と裏の生地にそれぞれ紐(リボン)を通す

 

※紐の通し方がわかりやすいように、赤と青のリボンを代用しています。

 

 

 

・青リボンを赤リボンの穴に、赤リボンを青リボンの穴に通す

 

 

 

・隙間を閉じるように生地を寄せ、紐(リボン)が抜けないように両サイドでこま結びする

 

 

 

 

・表と裏の生地に交互に紐を通していく

 

 

〜ポイント〜

なみ縫いをするイメージで紐を通しましょう♪

 

 

・左右にそれぞれ紐(リボン)を通し終えたら、中心に向かって生地を引き寄せる

 

 

〜ポイント〜

隙間が開かないようにギューっと引き寄せてください。

 

 

・引き寄せた生地が緩まないように、端で紐(リボン)をこま結びする

 

 

ほどけないようにしっかり結びましょう☆

 

 

⑧表にひっくり返したら完成!

 

 

 

 

タンクトップでもOK

 

 

 

タンクトップだと袖をカットする必要がないので、手間が省けて楽チン♪裾に通す紐はカットした首回りの布地を使いましょう。

 

 

 

自分だけのオリジナルエコバッグ

 

 

 

今回は無地のTシャツでリメイクエコバッグの作り方をご紹介しました。柄物ワンポイントの入ったTシャツで作っても可愛らしいですね♪

「お気に入りだったけどサイズが合わなくなった……」、「着古してしまった」そんなTシャツをお持ちの方は、作ってみてくださいね☆

 

関連記事